中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

ソマリア

米軍のソマリア空爆

トランプは彼が就任して以来、米国の対過激派政策は強硬になり、成果を挙げつつあると主張していますが、少なくともソマリアでは米軍の空爆は、激しくなったように見えます。

al jazeera net は、米アフリカ軍の報道官が、米空軍は2日間でソマリアのアッシャバーブとISに対して、3回の空爆を行ったと発表したと報じています。
最初の空爆は111日で、首都モガデショの400km南で、米軍等の車列に対する攻撃があったことに対する攻撃。
2回目は12日早朝に首都の西65劼妊▲奪轡礇弌璽屬紡个靴董3回目の攻撃は同じ11日の0900にソマリア北部のピントランドのアッシャバーブに対してで、この攻撃では複数の幹部を倒した由
また最近国連は、ISがソマリアでその勢力を拡張していると見ている由
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/11/13/ثلاث-غارات-أميركية-بالصومال-في-اليومين-الماضيين
ソマリアでは東アフリカのPKOが政府軍を支援していて、米空軍もこれを支援しており、アッシャバーブに対する攻撃も特段珍しいとも思われないが、米軍のアフリカ軍の活動が、最近リビアでの空爆に加えてソマリアでも活発になったことが注目されます。
矢張り、ISがシリア、イラクで地歩を失い、その活動をかなり北アフリカ、サヘル地域に移しつつあることへの米国の対応なのでしょうね












米ドローンのソマリア空爆

al arabiya net は、米アフリカ軍が3日、米軍のドローンが2度にわたり、ソマリアの北東の過激派(アッシャバーブのことか)の拠点を空爆したと発表したと報じています。
それによると、ドローンは2日と3日の2回攻撃を行い、複数の過激派を倒し、作戦は成功であったとのことです。
また空爆地点の近くには民間人はいなかった由。
記事はさらに、ソマリアには400名の米軍兵士がおり、ソマリア軍の訓練やアドバイス等にあたっているが、米軍が空爆を行ったのはこれが最初であるとしています。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/american-elections-2016/2017/11/04/للمرة-الأولى-غارات-أميركية-ضد-داعش-في-الصومال.html

ソマリアでは、エチオピア軍を中心とする東アフリカのPKOの存在にもかかわらず、過激派のアッシャバーブ(確かアルカイダ系だったかと思うが、その後ISに忠誠を誓ったかと思う)の活動がやまず、先日も首都モガデシュでの爆破事件で300名以上が死亡していたかと思います。
また最近では、NATO海軍、日中韓の海軍の活躍で、海賊の害は非常に少なくなっているが、未だに海賊はいて、これらの多国籍海軍がインド洋をパトロールしていることはご承知の通りです。
それにしても先日のリビアでの空爆やニジェールでの特殊部隊の死と言い、報道が北アフリカからサヘル地域が、次の対IS戦闘の舞台になると報じているよりも早く、米軍や仏軍はこの地域で活動をしている模様です





頭巾をかぶった女性のミスコン出場

343ad8f3-a9f7-4342-977b-12c493005cd3[1]頭巾をかぶった女性が美女コンテストに参加できるのか否か、これまで例はないようですが、al arabiya net はソマリア出身の19歳の女性が、米国ミネソタの美女コンテストに参加したと報じています。
他の女性が水着になる時に、彼女がどうするのか知りませんが、取りあえずは選考の結果は不明です
https://www.alarabiya.net/ar/last-page/2016/11/27/بالصور-صومالية-محجبة-تشارك-في-مسابقة-جمال-بأميركا.html

ソマリアに対する特殊部隊の攻撃?

先日のケニアのナイロビのショッピングセンターに対する攻撃に関しては、ソマリアのアッシャバーブがその犯行であると声明していますが、al arabiya net 及びal jazeera net は、今度は西側の特殊部隊(コマンド)がソマリアの海岸を襲ったと報じています。
これはアッシャバーブの軍事報道官の語ったところの由ですが、それによると5日早朝西側の特殊部隊が、モガデシュ(ソマリアの首都)から南180kmのbarwaiの独立家屋を襲撃したが、ソマリア側の反撃で負傷者を出して退却したとのことで、これらコマンドは沖に停泊した艦船からゴムボートで上陸したとのことです。
又ソマリア側に1名の死者が出た由。
この家屋の性格も不明だし、コマンド部隊が西側諸国のものと言う根拠も不明で、全く信ぴょう性に欠ける報道ですが、記事は先日のナイロビの攻撃との関係は不明としています。

記事の要点は以上で、仮にコマンドの攻撃が事実であれば、むしろケニアの特殊部隊か、精々それを英または米のコマンドが支援している程度ではないか、と想像しますが、取り敢えずは報道のまま。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2013/10/05/الصومال-قوات-غربية-تشن-هجمة-على-معقل-لحركة-الشباب.html
http://www.aljazeera.net/news/pages/7bb354ca-9ed6-4bd9-9652-d277b2fbf211

EUのソマリア海賊拠点爆撃

15日づKのhurriyet net は、EUの海軍部隊が始めてソマリア海賊の地上拠点を爆撃したと報じています。
記事によると攻撃は早朝EU海軍航空部隊及び攻撃ヘリによって、ソマリア中部のGalmudugの陸上拠点に対して行われたとのことですがEU外交担当は、この攻撃は最近EUがソマリアについてより積極的な政策をとることになった一環で、EUとしてソマリアでの永続的平和を求めての行動であると説明したよし。
記事はEU諸国はソマリア沖に5〜10隻の海軍艦艇を配備しており、先月から陸上の海賊拠点に対しても攻撃することを許可するマンデートが与えられたとのことです。

記事の要点は以上で、陸上拠点攻撃のきっかけが何かは書いてありませんが、海賊退治もさりながら最近ケニア政府とかがソマリアのアルシャバブに対する攻撃を強化していることとも関係があるのでしょうか?
http://www.hurriyetdailynews.com/eu-carries-out-first-strikes-on-somali-pirates-.aspx?pageID=238&nID=20779&NewsCatID=359
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ