中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

ロシア

シリアに関する4国首脳会議

ロシア外務省が、近くシリア問題に関するロシア、独、仏、トルコの4首脳会議が開かれるだろうと語ったことは、先に報告しましたが、どうやらこれらの国の間では現実に何らかの動きが(米国抜きでシリア問題の今後について話し合うとか)あるようですが、関連の報道取りまとめたところ次の通りです。

  • 独首相は17日の記者会見で、これらの国が4首脳会議の準備を進めていることを明らかにし、会議の開催に関する独の支持を表明した。会議の時期については言明しなかったが(会議には関係国の外務省等が十分事前準備をする必要があるとした由)、このような会議はシリア問題の最終解決に資するであろうとした由。同首相はシリアのイドリブ問題について、エルドアン大統領と協議したが、近くロシアのプーチンとの協議する予定であると語った由。
  • そのプーチンとメルケル首相であるが、プーチン大統領は18日ドイツを訪れ、メルケル首相とシリア問題、ウクライナ問題、新たな天然ガスパイプライン問題について協議する予定の由。米国はこの会合にいら立っているが、特に新しいパイプラインは独のロシアの天然ガスに対する依存度を増すだけであるとして批判している由。ウクライナや東欧諸国も、このパイプラインがロシアの影響力を増やすと懸念している由。
  • 他方、トルコの国防相と情報機関の長官は、突然ロシアを訪問し、ロシア国防相等とシリア問題、特にイドリブ問題について協議した。

http://www.hurriyetdailynews.com/turkish-defense-minister-intelligence-chief-in-russia-to-discuss-syrias-idlib-135917
http://www.alquds.co.uk/?p=997798
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/8/17/ميركل-تدعم-قمة-رباعية-بشأن-سوريا-فماذا-عن-واشنطن

シリアに関する4国首脳会議?

al jazeera net とalqods al arabi net は、ロシア外務省が、近くシリア問題に関するロシア、トルコ、独、仏首脳会議が開かれる、またラブロフ外相がこの4首脳会議につき協議するために13、14日の両日、アンカラ(トルコの首都)を訪問すると表明したと報じています。
(今のところ首脳会議の具体的日時は報じられていない)

そのうち、al jazeera net は、シリアに関しては、政府軍が近く、イドリブとアレッポ、ハマ、ラタキアの一部(いわゆる第4の戦闘縮小地域の由)で、大攻勢を開始することが懸念されていること(現在すでに政府空軍はこの地域での空爆を強化している)。

エルドアン大統領が、トルコはイドリブがほかのシリア地域と同じような悲劇に見舞われないために軍事的、外交的努力を続けていると語ったこと。
またエルドアンが、トルコにいたシリア難民のうち、25万人は既に北部シリアの安全な地域に帰ったと語ったこと。
ロシア外務省が、最近シリアの再建問題、新憲法問題等について精力的に活動していること。
等も報じています。

更に、これとは別にal arabiya net は、反政府軍がトルコの援助で、彼らの支配する北部シリアに、シリア軍の創設を始めたと語ったと報じています。
その勢力は35万人の予定だが、彼らの前途にはシリア政府とPKK(YPG)の反対があるとしています。

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/8/13/موسكو-تعلن-قمة-رباعية-قريبة-حول-سوريا
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/08/13/المعارضة-السورية-تؤسس-جيشاً-وطنياً-بدعم-من-تركيا.html
http://www.alquds.co.uk/?p=993925

上記の話のうち特に4国首脳会議については、米国の他イランとシリアも抜きで、シリア問題について議論することにどういう意味があるのか、甚だ疑問のある所です。
特に独仏首脳は、いくら最近トランプとの関係が思わしくなくとも、明らかに米国に対抗するロシア(及びトルコか?)の策謀に果たして乗るものでしょうか?
その辺は今日、明日のアンカラ会議の様子を見れば、もう少しわかってくるとは思いますが、やはり米国のシリアでの影響力は完全に失われつつあるのでしょうか?

イドリブ情勢(風刺画)

cartoon12-8-2018-[1]イドリブ情勢に関する風刺画です
左上の標識にはイドリブと書いてあります。赤じゅうたんに押しつぶされている男には外交的選択と書いてあり、この赤じゅうたんを押し広げている男には、シリア政権と書いてあり、その後ろから歩いていく銃を持った男には軍事的選択と書いてあります
なかなかうまい風刺だと思います
https://aawsat.com/home/cartoon/1360286/%D8%A3%D9%85%D8%AC%D8%AF-%D8%B1%D8%B3%D9%85%D9%8A






シリアの将来(風刺画)

cartoon15-7-2018-[1]面白い、と言うか皮肉な風刺画です。
馬の横腹にはシリアの将来と書いてあり、鞍が3つ載っていますが、誰の鞍かは書いてありません。
ロシア、イラン、アサドとするのか、ロシア、イラン、米とするのか、他にさらに若干御組み合わせも可能でしょうが、皮肉な絵です
https://aawsat.com/home/cartoon/1331971/%D8%A3%D9%85%D8%AC%D8%AF-%D8%B1%D8%B3%D9%85%D9%8A






シリア情勢

シリアでは、南部のダラア(シリア革命の発祥の地とされる)では、種々の経緯はあっても、ロシアの主導による停戦は維持されている模様で、どうやらロシアとアサドの次の目標はイドリブで、このままでいけば、トルコの支配する地域と米軍に支援されたシリア民主軍の支配する地域を除く地域は、早晩アサド政権の支配下にはいりそうです。

アラビア語メディから
・南部シリアの中心都市ダラアでは、14日反政府軍による重火器の政府軍への引き渡しが始まった。
政府軍報道官は、反政府軍は重火器の弾薬等を引き渡しつつあると語った由
また13日には双方がダラアに残っていた土塁等の撤去を始めた。

・他方エルドアン・トルコ大統領は、ロシアのプーチンとの電話会談で、ダラアにおける民間人の安全と保護に関して懸念を表明した由。
また、トルコ大統領府によれば、エルドアンは、プーチンに対して、もし政府軍がダラアと同じようにイドリブに前進して来れば、アスタナ合意の根本を破壊することになろうと警告した由
更にエルドアンは、プーチンに対して、イドリブで平和に反するようなことが行われなければ、反政府グループのアスタナ会議参加を助けるであろうと語った由。
それに対して、ロシア大統領府は、両大統領はシリア問題について話し合い、安保理等の決議に基づくシリア問題ン政治解決の必要性を確認したと語った由
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/7/14/أردوغان-يحذر-من-تكرار-سيناريو-درعا-في-إدلب
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/07/14/سوريا-المعارضة-في-درعا-تبدأ-تسليم-سلاحها-الثقيل-.html










livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ