中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

キリスト教

Saudiにカソリック教会?

サウディでは、皇太子が実権を握って以来、女性の運転、サッカー観戦、映画館の入館の許可とか、かなりの改革が急ピッチで進められてきたようですが、教会建設の許可ともなると、多くのサウディ人が異論を有していることは容易に察知されます。

サウディはイスラム発祥の地であることを誇りにしており、ビンラーデンがアルカイダを創設した大きな理由は、湾岸戦争にあたりサウディ政府がキリスト教徒の米軍を国に導入したからとされています。
したがって、これまでサウディにはキリスト教の教会は存在しませんでしたが、al qods al arabi net は、サウディ当局とカソリックとの間で、教会を認める方向での話し合いが進んでいると報じています。

記事は、最近教会(カソリック?)筋が明らかにしたところによると、教会の代表(複数)がサウディ当局と複数の教会建設について秘密の協議をしたと報じています。
レバノンのキリスト教幹部も、サウディとの協議が進んでいることを認めたが、その結果がどうなるかは予測しがたいとした由。
法王庁の報道官も、サウディでの教会建設が合意されれば、歴史的なものとなるだろうと語っている由。
仏筋によれば、サウディには3〜400万のキリスト教信者がいる由。
更に法王庁筋によれば、世界イスラム連帯機構事務局長と法王庁の宗教対話評議会議長との間で、双方の代表を含む委員会を設置し、今後の協力問題について話し合うことに合意する協定に署名された由。

http://www.alquds.co.uk/?p=928256

取りあえずは以上ですが、仮に現実のものとなれば、ある意味では歴史的な成果となりそうです。

サウディ皇太子のコプト教会訪問

エジプトを訪問中のサウディ皇太子は、5日コプト教会の大聖堂を訪問し、コプト教のtawadros2世教皇(アラビア文字からの訳)と会談ましたが、この教会訪問についてal arabiya net は前例のない重要な出来事だとの、コプト教会
のコメントを報じています。
なお、この会談で、皇太子はコプトの教皇(日本語に正確に訳したらどうなるかの問題はあるが、アラビア語では単にパパ…発音の関係でババだが!!…とされている)をサウディに招待した由。
また同日サウディ皇太子はアズハリでその総長とも会談し、アズハリがイスラム過激派と戦う先端に立っていることを称賛した由。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2018/03/06/الكنيسة-القبطية-محمد-بن-سلمان-يهز-أساس-التطرف-بالمنطقة.html
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2018/03/05/محمد-بن-سلمان-يشيد-بدور-الأزهر-في-الدفاع-عن-الإسلام-.html
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2018/03/05/هذه-تفاصيل-الحوار-بين-محمد-بن-سلمان-وبابا-الأقباط-بمصر.html
取りあえずのところ以上ですが、確かにサウディの皇太子がコプト教皇を訪問するなどと言うことは前例のないことで、サウディ国内における女性の地位の改善と言い、皇太子は(もしかすると、などと言うと失礼だが)サウディの急激な近代化、脱保守化を進めようとしているのでしょうね。
それにしても、確かに前例のないことで、驚きました。

コプト教のクリスマス

cab38dae-2287-43a5-9b5a-f84fbcb0dba3_16x9_600x338[1]確か先日も、カイロの南のコプト教会の前で銃撃戦があったことをお伝えしたかと思いますが、コプトのクリスマスは6日にあったが、この日はコプト教の大司教とともに、シーシ大統領も参列したとのことです。
他に、この日テロ等があったとの報道も見られないので、注目されていたコプトのクリスマスは無事終わったのでしょう
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/egypt/2018/01/07/مصر-قداس-عيد-الميلاد-بحضور-السيسي-بالعاصمة-الجديدة.html

モースルでのミサ

6e78f432-63de-4743-93f4-ee6c5c8ed389_16x9_600x338[1]先ほどベツレヘムの緊張したクリスマスイブをお伝えしましたが、こちらの方は良い知らせです。
イラクのモースルでは、解放後初めてのミサが24日、3年半ぶりに行われたとのことです。
ミサの場所は東モースルのmar bols(アラビア文字からの訳)教会とのことですが、残念ながら何人位の参列者があったかは不明です。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2017/12/24/الموصل-أول-قداس-منذ-3-أعوام-بسبب-سيطرة-داعش.html





べツツレヘムのクリスマスイブ

441[1]本日はクリスマスイブですがキリストの生地ベツレヘムでも。「エルサレムはパレスチナの首都だ」との標語で、この日を迎えたとのことです。
写真は、ベツレヘムでイスラエル軍と対立する、サンタクロースの姿をしたパスチナ人です(パレスチナ人ンはキリスト教徒も多い)
聖地に平和が来るのはいつのことでしょうか?
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/12/24/الاحتلال-يستنفر-وبيت-لحم-المتوترة-تستعد-للميلاد
http://www.alquds.co.uk/?p=849848




livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ