中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

デンマーク

デンマークフリゲート艦のシリア沖配備

デンマーク議会が9日、90対19票で、そのフリゲート艦の有志連合への参加を承認したとのことです。
このフリゲート艦はシリア沖に展開している米空母ジョージ・ブッシュの警護に当たるとのことです。
http://www.alquds.co.uk/?p=672586
この空母は議会の承認を見越して、1月27日からクレタ島で待機していたとのことで、デンマーク出発前からの準備もあり、トランプ旋風に対応しての措置ではないだろうと思いますが、デンマークは1月にはイラク・シリア国境方面に特殊部隊を派遣しているとのことで、対IS作戦での有志連合への協力ぶりが目立ちます。
もしかすると、ロシアの北ヨーロッパ、東ヨーロッパに対する脅威の増大に伴って、NATOの一員として、その活動に貢献しようとしているのでしょうか?
かって、北欧といえば、欧州の中でも最も平和主義の地域だった印象を受けていましたが、最近はアフガニスタンといい、ここと言い、北欧諸国の積極姿勢が目立ちます

デンマーク空、陸軍の有志連合への参加強化

何が起きたのでしょうか?
デンマークと言えば、我々は平和な国というイメージしかもっていませんが(確かww2でも、ノルウェイとは違い、デンマークにはナチス軍は無血占領し、その後も大規模なレジスタンスなどはなかったと思う)、米国主導の対IS戦で、イラクのみならずシリアでも、大きな役割を果たすために、陸軍、空軍の派遣を決めたとのことです。
アラビア語メディアによると、デンマーク議会は、シリア、イラクにデンマーク兵士400名(うち60名は特殊部隊)と空軍戦闘機7機、輸送機1機を派遣するとの決議を圧倒的多数で可決した由(賛成90、反対19)
派遣されるのはF16が7機(うち4機が爆撃参加、残り3機が予備機)とC130G1機で、輸送機は友軍に対する支援及び食料等の投下にあたる由。
このデンマークの有志連合への協力は、、米国と仏の要請に基づくものの由。
デンマークは、これまでイラクに限り2014年10月から1年間、イラクでの空爆に参加していたほか、現在でも120名がイラク軍の基地で、イラク軍等の訓練にあたっている由。
この派遣について、デンマーク国防相は、これでデンマークは有志連合の中でも最重要な参加国の一つになると語った由。
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2016/04/20/400-جندي-دنماركي-لقتال-داعش-في-سوريا-والعراق.html
http://www.aljazeera.net/news/international/2016/4/20/الدانمارك-توسع-مهمتها-العسكرية-بالعراق-لتشمل-سوريا
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ