中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

保健・衛生

イエメン児童の窮状

イエメンのhothy連合支配地域の空港及び港(特にサナア空港、ホデイダ港サリーフ港)の封鎖解除が、イエメンおの人道危機の解決(とは言わないまでもその低減)に不可欠であるとして、国連及び関係国や諸団体が働きかけてきましたが、次のように要約、徐々に人道援助が届き始めた模様です。
・25日、190万のオーラルワクチン(ということはポリオ・ワクチンか?)を積んだ航空機がサナア空港に着陸した。
・26日、5000トン以上の穀物を積んだ民間船がホデイダに到着した
・26日世界食糧計画の船がサリーフ港に到達した。

他方、UNICEF(国連児童基金)の中東北アフリカ部長は、イエメンは児童にとって世界最悪の地域であるとして、1100万人以上の児童に早急に援助が届かなければ、人道危機が待ち構えていると警告した。
UNICEFの推計によれば、10分に一人の児童が、治療可能性のある病気で死んでいる由。過去2年半で5000名の児童が死亡したり大きな病気にかかった由。
さらに重大な問題は飢餓に迫られている児童の数が多い由
UNICEFとしては内戦中でも、イエメンで危険を冒して救援活動にあたっているが、人道危機を解決するためには早期の政治的解決が不可欠とした由
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/11/26/11-مليون-طفل-يمني-بحاجة-لمساعدات-عاجلة

イエメンの人道危機については、記憶もできないくらい国連や人道支援団体が、早期の政治的解決を求めていることを報告していますが、現実の動きは遅々としたものということでしょうか?










コレラ患者は100万に!(イエメン)

イエメンのコレラ禍についてはすでに何度も書いていますが、al arabiya net は国際途上国支援組織であるOXFAMが28日、イエメンのコレラ罹患者は、今年の11月には100万を超える可能性があると発表したと報じています。
それによると、4月から蔓延が発見されたこれらでは、既に755000人が感染し、2100名が死亡した(国連のWHOをほぼ同様の数字を出している)が、今年の11月には100万人を超える可能性があるとしている由。
また、OXFAMはイエメンのコレラ禍は世界でも最悪で、長引く内戦がこれら蔓延に都合の良い条件を作っていると警告した由
http://www.alarabiya.net/ar/medicine-and-health/2017/09/29/-أوكسفام-وباء-الكوليرا-في-اليمن-الأسوأ-على-مدار-التاريخ.html

それにしてもイエメンのコレラ禍には、サウディの率いるアラブ連合軍の戦闘のやり方、空港、港の閉鎖に大きな責任があるのではないかという気がしていますが、そのサウディ系のメディアがこの種記事を客観的とでもいう様子で書いているのは、新聞の独立ということなのか無神経なのか、良く分かりません






イエメンのコレラ患者

イエメンでのコレラ大流行は、少しは下火になった模様ですが、まだ完全には収束していないようで、国連児童基金UNICEFは17日、4月27日から同日までのコレラ患者及び疑似患者の数は681,207名に達したと発表したとのことです。
更に同期間のコレラによる死者は2086名に達したとのことです
取り敢えず
http://www.alquds.co.uk/?p=791882

イエメンのこれらの再燃?

イエメンでは一時これらの蔓延が下火になったかに見えていたのですが、最近またその再燃が懸念されているようです。
al jazeera net は、WHOが19日、最近新しくこれらの死者が22名出たと発表したと報じています。これで死者は1997名となった由。
他方4月27日からの感染者は24000めいとなり、感染者またはその疑いのあるものが527,470名となった由。 
コレラ感染の最も激しいのが、サナアとホデイダだが、死者が最も多いのはハッジャで381名の由
また国際赤十字は、今年末まではイエメンの感染者が60万に達すると懸念している由
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/8/19/22-وفاة-بالكوليرا-في-اليمن-خلال-خمسة-أيام

イエメンの危機的保健・衛生状態

13日出された国連援助調整官事務所の報告は、イエメンの保険。衛生状態が、危機的状況にあるとしています。

・それによると、イエメン人の1570万人は清潔な飲み水を得られていない由。因みに人口は2200万人
・また1480万人が医療サービスを受けられない由
・住民の60%が栄養欠乏症で、700万人が激しい栄養欠乏症、児童のうち200万が激し栄養欠乏症の由
・これらで最も被害を受けたのが老齢者と児童の由
コレラで死亡したのが1971名、感染者が49万8000人。死者の30%が老齢者、25%が児童で、感染者の41%が児童の由
http://www.alquds.co.uk/?p=771211







livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ