中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

イスラエル

ガザの停戦とイスラエル国防相の辞任

これまでになく激しい衝突のあったガザですが、14日夕双方が2014年の停戦合意のラインで停戦することに合意したとのことです。

アラビア語メディアは、ハマスがエジプトの停戦努力に応えて停戦に合意したとしていると報じていますが、haaretz net はイスラエル当局では、国連、エジプト、スイス、ノルウェイの4つを通じて、停戦したいとのハマスの意思表示があり、イスラエルはこれに応じたが、ハマスの行動如何では、イスラエルの行動の自由を留保するとした由
(今回の事件直前にも、エジプトが仲介した停戦案にハマスもイスラエルも同意しかかっていたと報じられていて、ある意味では、特にハマスは停戦に極めて前向きではなかったのでしょうか?
その意味では、今一つ不明なのがイスラエルで、今回の事件は民間車両に扮したIDF特殊部隊のガザ南部への潜入がきっかけですが、この事件の背景…その目標、規模、何故この時点で行われたのか、誰の指示か等・・・・が今もって不明で、イスラエルのマッチポンプではなかったのか、という印象が強い
それにしても、強い印象を受けるのが、事件を通じての米国の影の薄さで、これまでパレスチナ問題となれば、米国は圧倒的影響力を有して、その平和的解決の上で他の追随を許さない大きな役割を果たしてきたところ、今回は徹頭徹尾、米国抜きで、物事が動いている模様です。
トランプの米国一国主義もここまでくると、米国にとって、国際社会にとって重大な懸念材料だと思います)

事件の余波としては、表題の通りリーベルマン国防相が辞任し、彼の党(「イスラエル我が家」とかいう極右政党だったと思う)の閣僚が引き上げられることにあり、リクード率いる現政権は国会で、過半数より1議席しか多くない状況になり、今年予定されていた総選挙前倒しの可能性が出てきたとのことです。
また国連安保理が16日(NY時間)開催される予定の由
しかし、イスラエル緊急閣議では、最終的にはすべての閣僚が、取りあえずは停戦に応ずべきとのIDFの立場を支持した由
(確か以前からガザに関しては、IDFは軍事的措置には反対していたはずで、それだけに上記特殊部隊のの活動が不思議になります)

それにしても、今回の事件では、死者が双方合わせて15名出たとのことで、ガザからはロケット弾が460発発射され、IDF空軍は160か所のハマス拠点等を空爆しましたが、ロケットの発射数や空軍の空爆回数からしても、これまでにない大規模な衝突でした。
haaretz net は、ガザでは停戦支持のデモがあったと報じていますが、同ネット及びアラビア語メディアは、イスラエル内、特にガザとの境界線では、停戦に反対する住民のデモがあったと報じています
(ということは、今回の停戦は取り合えずの停戦で、パレスチナ内の強硬派等が、停戦合意に反して、ロケット弾を発射する等の行為に出れば、停戦は敗れ、再び衝突が起きる可能性があるのみならず、次回衝突はIDFの地上進攻等本格的な大規模衝突となる可能性があるということで、今後のガザ情勢は要注目というところです)
https://www.alquds.co.uk/%d8%a7%d8%b3%d8%aa%d9%82%d8%a7%d9%84%d8%a9-%d9%84%d9%8a%d8%a8%d8%b1%d9%85%d8%a7%d9%86-%d8%a7%d9%84%d8%b1%d8%a7%d9%81%d8%b6-%d9%84%d9%88%d9%82%d9%81-%d8%a5%d8%b7%d9%84%d8%a7%d9%82-%d8%a7%d9%84%d9%86/
http://midan.aljazeera.net/reality/politics/2018/11/14/التفاوض-بالنار-هكذا-تؤسس-المواجهة-في-غزة-لصفقة-طويلة-الأمد
https://www.haaretz.com/israel-news/gaza-on-the-brink-security-cabinet-to-convene-as-israeli-army-strikes-hamas-targets-1.6651674
https://www.alarabiya.net/
最近中東に行っていないので、どうも土地勘がありませんが、今回の事件は、中東諸国にとって、やはり大事件だろうと思います。
然るに上記引用のal arabiya net は、少なくともざっと見る限り、停戦等の最近の動きを全く報じていません。
その背景は不明ですが、サウディが皇太子問題(要するにkhasshougi事件とのかかわり)で、他に関心を寄せる余裕がないのか、余りにトランプ一辺倒になり、パレスチナ問題については、報道する気もしないのか?どうも不思議な動きで、気になったので、何らご参考まで












gaza情勢の緊迫化

案の定というべきか、ガザでは12日午後から夕方にかけて、双方の攻撃が極めて激しくなり、まるで戦争前夜の状況を呈している模様です

・IDF特殊部隊の潜入とハマス軍事部門の現地司令官の殺害等に対して、ガザからは300発(報道では200というのもある)のロケット、臼砲がイスラエル国境地帯に撃ち込まれた。
そのうち60発はiron domeが捕捉した由
・これに対してIDfはガザのハマス拠点など70か所を攻撃したが、その中には al-Aqsa TV局も含まれる(ただし、この放送局は直ぐ放送を再開した模様)
・この攻撃でパレスチナ側では3名が死亡したが、IDF兵1名も重体
イスラエル側ではその他19名が負傷し、31名がショックの療法を受けた由
パレスチナ側での負傷者については不明

https://www.alquds.co.uk/%d8%b9%d8%af%d9%88%d8%a7%d9%86-%d8%a5%d8%b3%d8%b1%d8%a7%d8%a6%d9%8a%d9%84%d9%8a-%d8%ac%d8%af%d9%8a%d8%af-%d8%a7%d8%b3%d8%aa%d8%b4%d9%87%d8%a7%d8%af-3-%d9%81%d9%84%d8%b3%d8%b7%d9%8a%d9%86%d9%8a%d9%8a/
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/11/12/المقاومة-تمطر-محيط-غزة-بالصواريخ-وطائرات-الاحتلال-تصعد-قصفها
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2018/11/12/صواريخ-من-غزة-تصيب-حافلة-في-اسرائيل.html
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5398776,00.html

取りあえずのところは以上ですが、その後更なる動きがある可能性もあり、犠牲者等がさらに増える可能性があると思います。
問題は現在の状況もさることながら、次の2つが最重要でしょう
・一つはIDFが、特殊部隊の潜入と衝突は氷山の一角で、作戦はさらに大きく、イスラエルの優越性を確立するためであったと述べたことですが、IDFは何の目的で、どのくらいの規模でまたなぜこの時点で、その様な作戦をおこなったか?です
軍事作戦お必要性からか、これらの点はすべて不明です
この点haarretz net は作戦の失敗が大規模衝突をもたらしたと書いているが、そもそもの作戦とは何かが不明
・さらに重要なことは、今後双方が事態をどのように収拾しようとするかでしょう
イスラエル側ではネタニアフが急きょ帰国して、安全保障関係閣僚、軍首脳らと協議していますが、双方の力関係からしtも、イスラエルがどのような作戦を選択するかが、大きな影響を有しているでしょう
特に境界線近くの住民に多数の負傷者やショックを受けたものが出たことは、強行作戦への圧力をなるのではないでしょうか?
パレスチナ側では、対イスラエル強硬派がさらに影響を強め、報復攻撃、また大規模な境界線への抗議デモを再開する可能性は否定できなさそうです
・こうなると次の金曜日16日がどうなるのか危惧されます

ガザ情勢 2

ガザではその後大規模な衝突は報告されていませんが、衝突に至った経緯についてはまだよくわかりませんが、取りあえずのところ次の通り

・aljazeera net はイスラエル放送を引いて、IDFはハマスのハンユーネスの軍事部門の長を暗殺するつもりはなく、彼を誘拐して情報を得るのが目的であったがが、発見されて銃撃戦となったと報じています

・他方y net news は、IDF報道官は死亡したイスラエル士官は特殊部隊の中佐で、彼らのグループがガザ内で行動中に発見され、銃撃戦になったが、彼らの目的は、ハマス要人の暗殺でも誘拐でもなかったと発表した由。
その目的が何であったかについては言及はないが、死亡した中佐のグループの活動は、イスラエルの優越性を確立するための作戦の、ほんの「氷山の一角」であるとして、作戦が大規模なものであったことを示唆した由。
また中佐というのは、2014年以来ガザで死亡した、IDFの最高ランクの軍人の由
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5397926,00.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/11/12/شهداء-بينهم-قائد-قسامي-حاول-الاحتلال-خطفه-بغزة

取りあえず、今次衝突の背景は今で不明ですが、何しろ中佐が作戦に加わっていたということは、「氷山の一角」という表現通り、かなり規模の大きな作戦であったと思われ、今後の進展ぶりが注目されます




ガザ情勢(IDF特殊部隊の潜入、衝突、空爆等)

ガザでは何が起きたのでしょうか?

エジプトの停戦調停もあり(停戦合意間近と伝えられた)、この2週間はガザ・イスラエル境界は「比較的」静かな状況でしたが、11〜12日にかけて、突然激しく緊迫化し、欧州訪問中だったネタニアフ首相は急遽訪問を短縮し、帰国したとのことです(おそらくは、今後さらに情勢が緊迫化することを予測しての対応でしょう)

情勢を比較的詳しく報じているのはal qods al arabi net とhaaretz net ですが(時間の関係でか、ガザ情勢を未だ報じていないアラビア語メディア等もある)、al qods al arabi net によると、イスラエルの特殊部隊がガザ南部のハンユーネス地域で、自動車に乗りガザに3卉賄世泙農入し、ハマスの軍事部門の指揮官の一人を暗殺したが、これに対してハマスが応戦し、銃撃戦となり、さらにIDF空軍が援護の空爆を行い、砲撃、空爆でパレスチナ人7名(haaretz net などは6名としているが、ガザ保健省によると1名増え、7名となった由)が死亡し、7名が負傷した由。
またこの衝突で、IDFによるとイスラエル士官1名死亡し、1名が負傷した由(IDFは態々声明を発し、捕虜となったイスラエル兵はないとしたよし)
このイスラエルの空爆に対して、ガザからはミサイル10発が発射され、うち2発はIDFのiron dome が捕捉した由。
IDfは境界線近くのイスラエル住民に対し、退避壕に留まるように指示した由。
衝突はその後も続いている由
 https://www.alquds.co.uk/%d8%a7%d8%b3%d8%aa%d8%b4%d9%87%d8%a7%d8%af-%d9%88%d8%a5%d8%b5%d8%a7%d8%a8%d8%a9-%d8%b9%d8%af%d8%af-%d9%85%d9%86-%d8%a7%d9%84%d9%81%d9%84%d8%b3%d8%b7%d9%8a%d9%86%d9%8a%d9%8a%d9%86-%d9%81%d9%8a-%d8%b8/
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/11/11/ستة-شهداء-وقتيل-إسرائيلي-بمواجهات-في-غزة
https://www.haaretz.com/israel-news/israeli-army-confirms-one-officer-killed-another-wounded-during-gaza-raid-1.6639735
現地はこれから昼間になるので、今後双方の攻撃(ロケット発射、空爆等)が激しくなる可能性もありますが、それにしてもなぜこの時点で、このような事態が起きたのか、疑問が残るところです。
何しろ前から報告している通り、エジプトの停戦合意案に対する同意間際で、特にハマスは停戦に熱心だったとされており、そのハマスの軍事部門の幹部の一人を何故暗殺する必要があったのか、どうもよくわかりません。
各種の派閥が併存するパレスチナ側ではなく(要するに仕掛けたのがパレスチナ側であれば、停戦に反対する過激派の仕業であることは十分あり得る話ですから)、イスラエルから態々特殊部隊が潜入しての作戦ですが、偵察目標等で潜入していたのを発見されて、銃撃となったということなのか、とにかくもう少し情報が必要でしょう。
取りあえず速報ということで









ガザ情勢(9日)

ガザの9日(金曜。これまで毎週金曜には、境界線でIDFとの衝突があり、パレスチナ人に多数の犠牲者が出ていた)は、エジプトの停戦調停努力(合意案というのは紹介されていたが、合意が正式に発足したという報道はない)等のために、比較的静かであったようですが、それでもパレスチナ青年1名が、IDFの銃撃で死亡しました。
その他、al arabiya net によれば、境界への抗議の行進者のうち、36名が銃撃で負傷したが、そのうち6名が児童、9名が女性であった由

なお、y net news は、ガザからパレスチナ人1名がイスラエルに侵入して、温室に放火したが、逮捕されたと報じています。
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5394865,00.html
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2018/11/10/مقتل-فلسطيني-برصاص-الجيش-الاسرائيلي-في-رفح-جنوب-غزة.html



livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ