中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

チュニジア

チュニジア政治危機(大統領の首相への呼びかけ)

確かかなり前にお伝えしたかと思いますが、チュニジアではシブシー大統領の作った「チュニジアの声」(シブシーは大統領になって以来離党している)で、シブシーの息子の党書記長とal shahid首相の対立が激化し、首相は党活動を凍結される事態が続いています。
このような状況に鑑み、シブシー大統領は首相に対して、辞任するか、改めて議会の信任投票を求め、チュニジア政治をおおう混乱を解決するように求めていました。

アラビア語メディアによると、大統領は24日TVで改めて、al shahid 首相に対して議会の信任を求めるように呼びかけたとのことです。
記事によると、大統領は更に、「チュニジアの声」とともに連立をなして、5年間政府を支えてきた最大の党al nahada (穏健イスラム主義政党とされ、ガンヌーシイが党首)の要請により、1週間前から同党とチュニジアの声の
協力関係に関する合意が終了したと表明した由。
その背景としては、「チュニジアの声」の内紛に伴い、10めいの議員が同党を離れ、祖国同盟グループ支持に回ったが、ナハダ党としては2019年の大統領、議会選挙までに同グループとの連携を模索するためだろう由

首相がどう対応するかは不明ですが、取りあえず
http://www.alquds.co.uk/?p=1021178
https://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2018/09/25/تونس-السبسي-يدعو-الشاهد-للجوء-إلى-البرلمان.html

政党内の離合集散、政党間の離合集散は、日本などでも格別珍しいことではなく、いわゆる民主政治ではごく当然のことかと思いますが、チュニジアのこのような動きを聞くと、かなり珍しと言うか新鮮な感じがするのは、中東の政治があまりに、非民主的で実力が物を言う世界になった所為でしょうか?

チュニジアの洪水

fa4f0751-d052-401a-8dce-13803d2a53dd[1]チュニジアを襲った大雨の被害は、その後の報道では、ナブールで死者5名を出し、建物、道路、橋梁等に甚大な損害を出し、農作物の被害も甚大であった由
これに対し、ナブール市等では住民が、政府の対応が迅速性や適切性を欠くとして、抗議行動に出て多くの地点で道路を閉鎖する等の行動に出ているとのことです。
写真はナブール市で道路の後片付けをするボランティアの青年たちです
https://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2018/09/24/تونس-احتجاجات-بين-متضرّري-الفيضانات.html

チュニジアの洪水

fd34a43b-1de2-42e5-820e-066cc558d377_16x9_1200x676[1]本年は世界中な異常気象が続いていて、北アフリカでもアルジェリアで大雨の被害があったことは報告したところですが、チュニジアでも洪水に見舞われました。
22日海岸のナブールが大雨に見舞われ、建物等に大きな被害があったとのことですが、人命の損失はなかった模様です。

チュニジアの政治危機

チュニジアは現在ナハダ党とチュニジアの声(世俗派で、現在の大統領シブシーが創設者)の連立が政府を形成しているところ、それらの中で「チュニジアの声」では、現在の首相のyusef al shahid とシブシー大統領の息子が勢力を争っていて、チュニジア政局の不安定化を招いていました。

然るところ、アラビア語メディアの報道によると、両者の確執がさらに強まり、「チュニジアの声」は14日夜、shahid 首相の党籍を凍結したとのことです。

それによると、「チュニジアの声」は、首相の改革政策が不十分であるとして、またナハダとの関係にも疑問を呈し首相の辞職を求めていたところ、首相がこれを拒否したので、資格停止の処分に出たとのことです。

それにしても、この内紛はシブシ大統領にとっては、いわば身内の内紛ですが、どう対応する積りなのでしょうか?
民主主義とは建前はともかく、実際は非常にややこしいものですね。

西部山地における過激派との戦い(チュニジア)

これまでもチュニジアのアルジェリアとの国境に近い山岳地帯は、ISやアルカイダの過激派グループの格好の隠れ家で、治安部隊と断続的に衝突が起きていましたが、al arabiya net は、この数日間sid buzid 県とqasrin 県の間のal mughila山地で、チュニジ陸空軍が警察と居力して、過激派の掃討作戦を行ってきたところ、31日空爆で、要塞化された拠点を破壊し、多数のテロロストを殺傷したと報じています。
殺傷された過激派の数や彼らの所属先は不明
掃討作戦は現在も継続中の由
https://www.alarabiya.net/ar/north-africa/2018/09/01/تونس-الجيش-يقتل-إرهابيين-ويصيب-آخرين.html
と言うことで詳細は不明だが
・この地域の過激派掃討作戦の継続にもかかわらず、山地で過激派が隠れやすいt系であることおよびアルジェリアにも近いことから、完全に掃討することは極めて難しいこと
・他方今回の作戦が陸空軍と警察の合同作戦と言うことからすれば、かなり大規模な作戦が進行中とみられる
と言うところでしょうか
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ