中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

パレスチナ

ガザ情勢

ガザに関しては、イスラエル国防軍(IDF)が19日の金曜を前にして、戦車装甲車大砲を含む大規模増派部隊を境界線近くに配備したことは報告しましたが、同日境界線に向けて10,000名の抗議者が、行進し、一部がフェンスを破り、IDFの応戦で150名が負傷したと伝えられていますが、幸い死者はなかった模様です。

なお、19日の行進が比較的静穏で過ぎたことについて、アラビア語およびy net news は、ガザを支配しているハマスが、民衆に対してフェンスに近づかないように警告し、エジプトの停戦調停団に対しても、ハマスとして緊張を激化させるつもりはないと伝えたことも一因と伝えています。
取りあえずは、軍事力によるイスラエルの抑制政策が成功したということのようですが、今後はエジプトの仲介努力がどうなるかでしょう。

しかし、世界最大の牢獄とも言われるガザの閉塞状況が解決または大幅緩和しないことには、結局は河原の石積みが続くことになるのでしょう。

ガザ情勢(19日)

本日は金曜ですが、現地では未だ朝が始まったばかりで、特段の動きは報じられていませんが、y net news 等はイスラエル軍が大量の兵力を境界沿いに配備したと報じています。

それによると、イスラエルの安全保障閣議が、ガザの対応を強化することを決定したことを受けて、18日にかけて数十両の戦車、装甲車、大砲、工兵車両に加え、大規模な歩兵部隊も境界線に沿って配備されたとのことです。
現地住民によれば、このような大規模な配備は前回のガザ侵攻作戦以来とのことです。

この大規模増派は19日の金曜を前に抑止的効果を狙ったものとのことですが、他方エジプトの休戦調停4人ミッション(情報局)はガザとイスラエル間を行き来して、停戦の実現に最後の努力をしている由。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5374311,00.html
https://www.haaretz.com/israel-news/.premium-one-rocket-launched-from-gaza-hits-southern-israeli-town-of-be-er-sheva-1.6569091

勿論まだ衝突が起きたわけではない所為か、それよりもkhasshoggi事件に忙しくて、アラビア語メディアでは特別ガザ情勢を取り上げていませんが、このようなイスラエル国防軍(IDF)の増派は戦車や戦闘車両が多いことに鑑みれば、攻勢に転じることに決定すればそのまま境界線の防衛から、ガザ侵攻に切り替えうると思われるので、本日のガザ情勢は要注意かと思います。

ガザ情勢(風刺画)

الكارتون[1]ガザに関する風刺画です。
右上の表題は「爆発寸前のガザ情勢」です。
どうもこのところアラビア語メディアもkhasshoggi事件に関心を集中しすぎて、他の中東の問題に対するフォローが手薄になっていますが、考えたら明日が「定例の金曜」ですね。
重大な衝突や更には大規模な紛争が生じないことを願っています。
https://www.alquds.co.uk/%d8%ba%d8%b2%d8%a9-%d8%b9%d9%84%d9%89-%d8%ad%d8%a7%d9%81%d8%a9-%d8%a7%d9%84%d8%a7%d9%86%d9%81%d8%ac%d8%a7%d8%b1/









ガザの緊張激化

ガザを巡る状況は17日、一気に緊張を強めました。

これまでも毎週金曜の境界線への抗議のデモとIDFとの衝突、それに伴う死傷者、焼夷風船とそれがもたらすイスラエル領内の火災、イスラエルの報復、更にはチックあるイスラエルの選挙を意識した(イスラエル紙のコメント)ネタニアフとリーベルマン国防相の大規模攻撃の可能性の発言等、ガザ情勢は緊張の度を高めていましたが、17日ガザからのロケットが南部イスラエルのビイルシェバの民家に墜落し、住民が負傷した事件に加え、もう一発が同市の近くの海に落下したことから、イスラエル空軍はガザの20か所を空爆し、その後も空爆が続いているとのことです。
y net news 等によると、IDFが空爆したのは、ハマスの軍事基地、ロケット発射基地、地下施設、攻撃用トンネル、トンネル掘削基地等の由
空爆ではこれまで25歳の青年が死亡したと伝えられている。
このロケット発射についてハマスとイスラムジハードは共同声明にて、これを支持しないとして、これはエジプトの和平努力を妨害するものだとして非難した由
そのエジプトの代表団は16日ガザに到着し、エジプト情報局長は18日イスラエルに到着する予定の由

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2018/10/17/غارات-على-مواقع-متفرقة-من-غزة-بعد-سقوط-صاروخ-بإسرائيل.html
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5373020,00.html
https://www.haaretz.com/
https://aawsat.com/home/article/1429256/%D8%A5%D8%B3%D8%B1%D8%A7%D8%A6%D9%8A%D9%84-%D8%AA%D9%82%D8%B5%D9%81-%D8%A3%D9%87%D8%AF%D8%A7%D9%81%D8%A7%D9%8B-%D9%81%D9%8A-%D8%BA%D8%B2%D8%A9-%D8%A8%D8%B9%D8%AF-%D8%B3%D9%82%D9%88%D8%B7-%D8%B5%D8%A7%D8%B1%D9%88%D8%AE-%D9%81%D9%8A-%D8%A8%D8%A6%D8%B1-%D8%A7%D9%84%D8%B3%D8%A8%D8%B9

明後日は20日の金曜で、これまでの例からすれば、また境界線への更新が行われるかと思うが、今回双方の衝突が広がっていることに鑑み、20日はさらに緊張が高まる可能性もあるべきにつき、取りあえず

ガザ情勢の緊張

ガザ情勢が緊張していることは、累次報告の通りですが、アラビア語メディアが、イスタンブールにおけるサウディジャーナリストの失踪事件に専ら関心を注いでいるときに、ガザの情勢は更に緊迫しつつある模様です。

y netnews とhaaretz net は、14日イスラエルの閣議でネタニアフは、情勢がこのまま推移すればイスラエルは近い将来、非常に厳しい選択をせざるを得なくとして、ハマス指導者に対して厳重な警告をしたとのことです。
このネタニアフの警告は、明らかに武力行使の可能性を示唆していますが、閣議の前に、リーベルマン国防相がy net news に対して、イスラエルはハマスとの関係で緊張緩和のためにあらゆる努力を行ったが、何の成果もなかったとして、イスラエルがハマスを激しく叩く・・・harshest blow・・・という言葉を使用。要するに大規模武力行使ということか?)時期が来たと語っており、ネタニアフの発言はこの国防相発言を支持するものの由。

イスラエル政府にとって、ガザ問題は境界線上での継続的な衝突、地下トンネルの開削等と合わせて、ガザから飛ばされる焼夷凧と風船が、イスラエル領内に大規模な火災を生じていることが上げられるところ、y net news の別の記事は、焼夷風船と思われる残骸がエルサレムの近郊で発見され、IDF工兵隊が無害化し、住民に対して、それと思しく物体には手を触れないように警告したと報じています。
エルサレム周辺で焼夷風船らしきものが発見されたのは2度目の由。
y net news の別の記事はこの焼夷凧や風船問題が、ガザ周辺お住民を悩ませていて、イスラエルのハイテク企業が開発している全自動で、自動的に焼夷凧等を発見、撃墜できるドローンを購入したい希望が出されていると報じています
(今のところ、焼夷凧や風船で人命の被害は出ていないようですが、これがさらにエルサレムやほかの大都会にも飛来するようになると、イスラエルの軍事力行使の大きな誘因になる可能性もあるかと思います。
いずれにしても、エジプトの情報機関が、イスラエルとハマスの間で行っていた、調停がどうもうまくいってない模様で、このところニュースも出てこないところがさらに気になるところです)
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5369872,00.html
https://www.haaretz.com/israel-news/netanyahu-threatens-hamas-israel-is-close-to-a-very-painful-response-1.6553403
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5370589,00.html
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5370490,00.html








livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ