1208[1]カタールと4国との対立では相互に、ある意味でありとあらゆる問題を持ち出して、相互非難を繰り返している感じを受けますが(今のところ収まる気配は感じない)、
al qods al arabi net (一貫してカタールに同情的、カタールのガザやハマスに対する支援が大きいか?)は、写真入りで、UAEの外相がアルメニアを公式訪問し、第1次大戦の際にオスマントルコで大量虐殺にあったアルメニア人の記念碑に花を捧げたと報じています。
記事の題名は「UAE外相はジェノサイドの犠牲者に敬意を表することで、トルコを徴発している?」というものですが、トルコは大量虐殺が起きたことは認めても、その性格がジェノサイドであったとは絶対に認めず、仏や米議会等があの事件はジェノサイドであったと認定するたびに強硬な抗議をしてきています。
まあ、ここまでくると、カタール問題でのやりとりも、子供の喧嘩に似てくるか?

http://www.alquds.co.uk/?p=757412