中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

イエメン

ホデイダ奪還作戦の開始(イエメン)

朝方、イエメン西部の最重要都市のホデイダ港に対する、政府軍等の本格攻撃が今にも始まるだろうと、お伝えしましたが、サウディ系のal arabiya net はその戦闘が2日朝始まったと報じています。

記事によると。ホデイダの東部で激しい戦闘が生じていて、ホデイダと首都サナアを結ぶ道路沿いの16卉賄世任癲∪府軍が激しく攻撃している由。

また政府軍等の攻撃に呼応して、サウディ等の空軍機が、ホデイダ市各地を空爆している他、政府軍に対しても緊密な空中支援を行っている由。

https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/yemen/2018/11/02/الحديدة-بدء-العملية-العسكرية-واشتباكات-عنيفة-شرقاً.html

以上速報ベースのようですが、取りあえず。

イエメン情勢(サナアとホデイダに対する攻撃)

イエメン情勢に関しては、米国務、国防両長官が、停戦と和平会議を呼びかけたことにつき、当事者は停戦に応じる前に、戦線での自己の立場を、少しでも強化するために、当面激しい戦闘となる可能性が強いとコメントしたかと思いますが、どうやら1〜2日の情勢はそのような報告に動いているようで、特にホデイダでは、市の各地が空爆されているとかで民間人の被害が懸念されます。
  • アラビア語メディアは、いずれも1〜2日にかけて、サウディ等空軍は首都とホデイダ周辺を激しく空爆したと報じています。
  • 首都では空爆はサナア空港とその隣接する空軍基地に向けられているようで、大きな爆発と煙が目撃されているとのことです。サウディ等は、この空爆で、地対地ミサイル及びドローン発射基を破壊したとしている由。
  • 他方ホデイダでは、空軍基地と16キロ地点のサナア―ホデイダ道路が激しい空爆を受け(この地域はもう長いこと政府軍、サウディ空軍の攻撃を受けてきたが、この記事でも見る通り、未だにhothy軍の手から奪取していない)その他ホデイダ市内の複数個所も空爆を受けた由。
  • またal arabiya net (サウディ系)は、政府軍もhothy軍もともに、大量の増援部隊、兵器を送り込んでいて、サウディ空軍はhothy軍の増援部隊にも激しい攻撃をくわえているとしています。
さらに同ネットは、米国の呼びかけた停戦を踏まえ、ホデイダに対する本格的な攻撃はまさに始まろうとしていると報じています。

https://www.alquds.co.uk/%d8%a7%d9%84%d9%8a%d9%85%d9%86-%d8%a7%d9%86%d9%81%d8%ac%d8%a7%d8%b1%d8%a7%d8%aa-%d8%b9%d9%86%d9%8a%d9%81%d8%a9-%d8%ac%d8%b1%d8%a7%d8%a1-%d9%82%d8%b5%d9%81-%d8%ac%d9%88%d9%8a-%d9%81%d9%8a-%d8%b5/
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/yemen/2018/11/01/الحديدة-التحالف-يقصف-الميليشيات-والجيش-يعزز-قواته.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/11/2/غارات-سعودية-إماراتية-باليمن-رغم-دعوات-وقف-الحرب

米国務、国防両長官のイエメン停戦呼びかけ

al qods al arabi net とal jazeera net は、米国務、国防両長官(もっとも前者は国防長官の発言だけを紹介)が、イエメンでは人道的悲劇を招いている内戦を早急に終わらせる必要があるとして、停戦及び今月中の和平協議の開催を呼びかけたと報じています。

前者は国防長官が30日ワシントンの米国平和財団で、イエメンの停戦と30日以内の和平協議の開催を呼びかけたと速報ベースで報じています。

これに対して、後者は国務長官が30日夕、声明で、多数の人命を奪ったイエメン内戦の悲劇を終わらせるために、戦闘行為を終わらせるべき時期に来ていると語ったと報じています。

国務長官はその中で、サウディとUAEは居住地帯に対する空爆を中止し、hothyグループはサウディやUAEに対するミサイル攻撃を中止すべきであるとした由。
(尤も、最近ミサイルのニュースがないところ、もしかするとさしものhothyのミサイルのストックも底を突いたのかもしれない)

そして、国連のイエメン特使が呼びかけている、和平協議は来月(ということは11月)にも始まるべきであるとした由。
取りあえず、ニュースとしては以上ですが、特にal jazeera net は、この米両長官の発言は、これまでの米政府の対イエメン政策の重大な変更であるとコメントしています。

これまでもNGOとか一部の米議員等はイエメンにおけるサウディ等の空爆を強く非難し、米国のサウディ支援を非難してきましたが、トランプ政権は一貫して、サウディ支援の姿勢を変えませんでした。

ところが、イスタンブールにおけるkhasshoggi殺害事件を契機として、米国のサウディ支援政策に疑問を挟む有力者が増大し、与党の共和党でもその様な意見が出始め、トランプとしても何らかの新しい政策を示す必要に迫られていたと見られます。

kshasshoggi 事件とイエメン内戦とを比べると、前者では皇太子の関与の有無が直接問題になっているのに対し、イエメンでは(勿論内戦への介入を決めたのは皇太子と見られるが)その点は直接の問題とはなっておらず、さらに重大な人道危機問題となっていることに鑑みても、イエメン政策を転換して、人道問題に無関心、サウディの政策を無条件で支持しているとの批判を避けようとしたのではないかと思われます。

しかし、米国内政治で見れば、トランプはパイプ爆弾での発言、更にはユダヤ教会での殺人事件を巡る発言、さらにメキシコ国境への米軍6000名派遣問題で忙殺され、イエメン内戦問題などに頭を使う余裕はなかったのではないかと思われます。

その意味では、米政権内で、比較的まともと思われる、国防長官が「鬼のいない間」に新しい政策を打ち出した可能性もあり(因みに、CNNでもこの話は全く報じられていない)、今後果たして米政府が真面目にフォローアップをするのかがいささか疑問が持たれるところです。

因みに、al arabiya net もal sharq al awsat net も、この動きを(今のところ)全く報じていないことが、気になります。何らかのサウディの政治的意図が入っているのでしょうか?

来月と言えば、明日からですが、一日も早い停戦が待たれます。

ホデイダ攻防戦

サナアの外港で、多くのイエメン人にとって最重要かつ唯一の食糧、援助物資の搬入港であるホデイダの奪還を政府軍が意図し(もっとも攻撃が始まってから数ヵ月も経つのにホデイダ港に対する攻撃すら始まっていない)国連が、そのもたらす悲劇を警告したことは再三報告したところです。

このホデイダ戦線に対して、政府軍が先週だったか、大規模な増援部隊を送り込んだことも報告したかと思いますが、al arabiya net (サウディ系)は、25日更に大規模な増援部隊が送り込まれたと報じています。

記事によると、送り込まれたのは10個大隊と完全な付属装備とのことで、ホデイダの南と東部に配置されたとのことです。

前回の分も含めると、多数の増援部隊戦車、装甲車両等が配置された訳で、反政府軍のhothy部隊に比したら、迅速果敢な戦闘をしているとはいいがたい政府軍でも、極近い将来本格的なホデイダ市と港湾の攻略作戦を始める可能性が高そうです。

そうなればホデイダ住民(30万以上)にとって悲劇が待っており、イエメン民衆の一層の苦難が予測されますが、また同時に結果次第ではイエメン内戦の帰趨を制する可能性もありそうなので、取りあえず。

ホデイダ攻防戦

al arabiya net は、政府軍の現地情報センターによると、政府軍及びこれを支援するアラブ連合空軍は、ホデイダ周辺でhothy軍を攻撃し、多大の損害を与えたと報じています。

記事によると、いずれも具体的な事実は不明なるも、

 ・アラブ連合空軍は、ホデイダでのhothy軍の幹部の会合を空爆し、幹部15名を殺害し、多数を負傷させた。
 ・アラブ連合空軍の、hothy軍増援部隊に対する別の空爆では、約30名を殺害した。
 ・さらにその近辺で政府軍等はhothy軍の反撃を撃退して30名の損失を与えた。
 ・ホデイダの南部(モカへの道路か?)では政府軍が、hothy部隊の拠点を奪取し、付近を閉鎖した。
 ・さらに東部でも政府軍は重要な農場を占拠した。
等の戦果を挙げたことになっています。

しかし、これらを見ると、どうもホデイダ市や最重要な港に対する攻撃はまだ始まってもおらず、専らサウディ等の空軍機による空爆に頼っているように見えます。

サウディ機等の空爆が杜撰(な所為か、もっと悪質なのは意図的だが)な所為で、民間人に多大の被害が出ていることは、ずっと指摘されているにもかかわらず、あまり改善されてはいない模様です。

ホデイダ周辺でも、民間人の車両等に対する空爆が伝えられています。

ということで、どうも大本営発表的な、余り信頼できない情報かと思いますが、数字の上では大戦果ではあるので、取りあえず報告はしておきます。
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ