中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

イラン

アラブ連盟外相会議(イランとレバノンの反応)

先日イランとヒズボッラーを厳しく非難したアラブ連盟外相会議については報告した通りですが、これに対するイランとレバノンの反応次の通りです。

このうちイランの反応については、(気が付いた範囲では)イスラエルのy net newsだけが報じていますが、レバノンについては、アラビア語メディアもアウン大統領と連盟事務局長(彼は会議直後にレバノンを訪れ、大統領と会談している。ヒズボッラーに対する非難声明にも鑑み、大統領への直接の説明の必要を感じたものと思います)との会談での大統領の発言を報じています。
記事の要点のみ

・イラン外務省報道官は、連盟の声明は嘘に満ちていて、サウディの宣伝と圧力のたまものであるとして、これを拒否した。
また、サウディに対してイエメンに対する野蛮な介入及びカタールに対するボイコットを止めるように呼びかけた(イエメンはともかく、カタールを持ち出したところが面白い)
https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5045784,00.html

・アラブ外相会議のヒズボッラー批判を受けて、アウン大統領は、レバノンはアラブ諸国の対立抗争の場になってはならないとして、ヒズボッラーの参加しているレバノン政府がテロ支援に参加しているとの指摘を拒否した。
またヒズボッラーが武器を非合法に集めているとの批判については、イスラエルの脅威を受けているレバノンとしては、自衛の権利があるとして、これを擁護した由。

・これに対して、連盟事務局長は、誰もレバノンを傷つけてはならず、その属性を尊重すべきとしながらも、外相会議の状況を説明し、ヒズボッラーに関する表現は新しいものではないとし、連盟の批判はヒズボッラーの参加している政府に対するもので、レバノン国家に対するものではないと釈明した由。
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/11/20/عون-لبنان-يجب-ألا-يدفع-ثمن-الصراعات-العربية-والإقليمية
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2017/11/20/عون-يتحدّى-الجامعة-العربية-ويدافع-عن-سلاح-حزب-الله.html

以上、特に目新しいことはないが、これを伝えるal jazeera のレバノン特派員は、レバノンではアラブ対立で、レバノンがサウディとイランの闘争場になりつつあるとの、危惧の念が広がっていると伝えています。
今後、レバノン情勢も要注意ですね。

3国首脳会議とその準備外相会議

ロシア、イラン、トルコの3首脳(プーチン、ロウハニ、エルドアン)は22日ロシアのソチで、シリア問題の最終的な解決を目指した協議をすることになっていると報じられているところ、al qods al arabi net とal arabiya net は、その準備のために上記3ヵ国外相が19日トルコのアンタリアで会議を開いたと報じています。
但し、会議の内容等については、現時点(20:00)では何も報じられていません。

因みに、al qods al arabi net の別の記事は、3首脳はシリア問題の最終的解決を目指して協議することになっているが、アサド政権を支持するロシア、イランとこれに反対するトルコでは、依然相互の対立が大きいとして、首脳会議で議論される問題としては、
・イドリブの過激派(ヌスラ戦線のことと思われる)を如何に掃討するか
・如何にして、大きな問題を起こさずに、トルコ軍のafrin侵攻を許すか
・非戦闘地域に対する空爆の停止
・政治解決への移行問題
・トルコを怒らせずに如何にしてクルド勢力を政治解決のプロセスに入れるか
等の問題があるとしています。

http://www.alquds.co.uk/?p=8291
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/11/19/اجتماع-وزاري-روسي-إيراني-تركي-حول-سوريا-في-تركيا-.html
http://www.alquds.co.uk/?p=829217

シリア問題の最終的解決にはまだまだ時間がかかりそうな気もしますが、3ヵ国首脳会議の前に、わざわざ外相レベルでの会議を持ったことが、これら3ヵ国が真剣であることをうかがわせます。
それにしても、米国は完全な蚊帳の外ですね。
またシリア問題と言いながら、どうやらアサド政府も蚊帳の外(もっともイランがある程度は代弁するか?)らしいことが、シリア問題の現実を示していると思われます。
いずれにせよ、あと数日で、かなりの情報が流れてくるものと思います。

イランに対抗する必要性に関する米仏首脳の合意

al qods al arabi net とal arabiya net は、18日イランとヒズボッラーの策動に対抗する必要があることで、米仏首脳が一致したと報じています。

記事によると、マクロン大統領は、ハリリ首相と会談後、複数の外国首脳と電話で、レバノン問題等について協議をしたが、その中でトランプ大統領との間では、ヒズボッラーとイランの中東不安定化の活動に対して、対抗する必要があることで一致した由。
仏大統領府によると、マクロンが電話で話したのはトランプの他、レバノン大統領、エジプト大統領、サウディ皇太子及び国連事務総長の由で、今後さらにほかの首脳とも協議する予定の由。

http://www.alquds.co.uk/?p=829159
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2017/11/19/ترمب-وماكرون-متفقان-على-ضرورة-مواجهة-حزب-الله-وإيران-.html

取りあえずのところ以上で、両首脳が具体的にどのような話をしたのかは不明ですが(想像するにハリリの辞職の経緯や背景、レバノンでのヒズボッラーの行動、サウディにおけるハリリの行動等を踏まえたものかと思われる)、仏大統領府が、レバノン支援国会議を開こうとしていることとあわせて、ここにきて急にレバノンの情勢が正面に出でてきました。

サウディ国王の退位?

本当なのでしょうかね?

アラビア語メディアには該当記事は見当たりませんが、イスラエルのy net news は英dayly mailが16日、サウディ国王に非常に近い筋のものが同紙に話したところでは、サルマン国王は来週退位し、国王位を皇太子に譲ることにしたと報じていると伝えています。

同筋は、サルマン国王は退位後も、英国女王のような象徴的な存在としての役目を果たしていくつもりだが、国王としての実権は現皇太子に譲るとのことです。
同筋は何か重大事件でも起きない限り、皇太子が来週サウディの実権を握り、これで彼の権力独占の動きは完成するとしている由。

同筋は更に、皇太子は国王としてイランの勢力拡張対策に主力を注ぎ、またヒズボッラーに対抗するためにイスラエルの支持もあてにするだろうとしている由。
ただし、y net news は、この報道の事実関係は未確認としてます。

https://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5044091,00.html

まあ、来週になればわかることでしょうが、最近サウディでは前代未聞の動きが続いていますが、この記事の通りであれば、それこそ最大の驚きになるでしょう。
(もっとも、国王の退位如何に拘わらず、皇太子が既にサウディ政府の実権を握っていることは事実でしょう)

イラク・イランの大地震

先日お伝えしたイラン・イラク国境の大地震については、流石に内外のメディアも大きく報じているので、一言だけ

アラビア語メディアは、イランでの死者は400名強(430という数字もある)、負傷者は6000名とか7500名とかの数字を伝えています。
残念ながら、この数字は今後被害の様子がさらに分かれば、増大するものと思われます。
イラクの方はクルド地域の山岳地帯である所為か、今のところ詳しい被害の状況は伝えられていない模様です。

http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2017/11/13/زلزال-بقوة-7-2-درجات-يهز-العراق-.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/11/13/مئات-القتلى-وإيران-تعلن-الحداد-على-ضحايا-الزلزال
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ