中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

ウィグル

ロシア軍米軍の撤収と中国軍の到着(シリア)

al qods al arabi net とal arabiya net は、ロシアの安全保障委員長が、ロシア軍は一部シリアから部隊を撤退することとなったがその準備が進んでいると語ったと報じています(ロシア部隊の撤退については、先にロシア国防省も同じことを発言していました)。
撤収部隊の規模及び種類(歩兵か空港の保守要員か空軍部隊も含むか等)は不明。

それに対して前者は更に、シリア民主軍のラッカ攻略を支援した米軍も400名が撤収すると有志連合が発表したと報じています。

上記2つの記事はシリア、イラクでISが敗北した結果ということですが、新しい動きとして前者は更に、シリア西部のタルトゥス港に中国の特殊部隊が到着したと報じています(規模は不明)。
これはロシアメディアが最近報じたものとのことで、それでは中国部隊の目的は、東部トルキスタンの過激派(要するにウズベキスタンのイスラム主義者のことかと思われる)と戦うためとなっている由。
このニュースについて、アラブの専門家は、事実であれば、一つの可能性はゴータに残存しているIS等と戦うためか(この点について、ロシア筋はゴータには東トルキスタンからのテロリストがいるとしていて、ロシアが中国に部隊の派遣を要請したとしている由)。
2つ目は宣伝目的で、ロシアが米国に対してその立場を強くしようとしている可能性、3つ目は彼らの目的がシリアに中国の基地を建設することの由。

http://www.alquds.co.uk/?p=836438
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/11/30/روسيا-تستعد-لسحب-وحدات-عسكرية-من-سوريا-.html

確かに、中国国内でもウィグルの分離的傾向を厳しく弾圧しており、またISにもウィグルからの参加者がいることから、中国軍の派遣もあり得ないことではないと思いますが、何しろ突然の話で、また事実関係等も必ずしも明確ではないようです。
もう少し様子を見る必要がありそうです。
しかし、仮に事実であるとすれば、これまで経済的なプレゼンスを除いて、中東には現実的に影響力を強化しよう(要するに部隊の派遣とか安保理でのイニシアティブとか)とはしなかった中国が、矢張り覇権国の地位を求めだしたということでしょうか?

トルコの中国非難

中国のウイグル自治区での騒擾は我が国を含めて世界の大きな関心を集めているが、BBC放送に依れば、トルコのeldogan首相が、ウイグルにおける中国当局のやり方はほとんど民族浄化であるとして非難したとのことです。
ウイグル族はトルコ系と言われるので、その状況にトルコ政府が激しく反応する理由は理解できますが(同じような理由から、アゼルバイジャンとアルメニアとの戦争、チェチェン紛争などでも強く反応している)、今回のウルムチでの騒擾に国際社会の反応がほとんど出ていない時に(先般のG8でウイグル問題について声明が出なかったのは米国の要求によるとの報道があるが、そうとすればオバマも金の力には弱かったのか?)日ごろ欧米から人権侵害国家として非難の対象になってきたトルコが敢然として?非難の声を上げたのは、立派と言うべきでしょうか?
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ