中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

カショギ

khasshoggi事件(エルドアンの米誌への寄稿)

al jazeera net は、エルドアン大統領が米washington post 紙への寄稿で、khasshouggiの殺害は、サウディの最高レベルの命令だが、国王ではないと書いていると報じています。

これは、命令したのは皇太子だと言っているのと同じことですが、不思議なことに、現在のところ気が付いた限りではほかの中東メディアでこの話を取り上げているものはないようです。

サウディ系のal arabiya net(衛星放送)を除くと、他は新聞系ということでニュースが遅いということでしょうか?ちょっと引っ掛かりますので、取りあえずこんな報道もあるということで、ご承知おきください。

記事の要点のみ、

エルドアンは2日発行のwashington post 紙への寄稿で、トルコはこの殺害はサウディの最高レベルからの命令ということを知っているが、国王は関係していないと確信していると書いた。

エルドアンは、サウディはまだ多くのことを隠しているが、最大の問題は誰がヒットチームを送り、殺害を命令したかで、これは治安関係者だけの行為ではないと書いている。

しかし、問題はサウディ政府の政策ということではないので、この問題は国家対国家の問題ではないと強調した由。

彼は更に1ヵ月間、トルコは真相をつかむべく最大の努力をしてきたが、関係者は時間が過ぎてこの事件が忘れ去られることを希望しているようだとし、トルコは国際社会の一員として、また人道的見地からも、今後とも真相追及の手を緩めないとした由。

また、この問題がうやむやにされることは危険な前例となると警告した由。

彼はまた、khasshoggiが総領事館に入り、殺害したことは、明らかになったが、問題は誰が殺害チームを送り、殺害を命令し、遺体がどこにあるのか、イスタンブールの現地協力者は誰か等の問題が残っているとした由。

更にヒットチーム等18名は逮捕されたが、事件直後に帰国した総領事が、その後どうなっているのか不明であるとした由。

更にサウディ検事総長は何の情報も提供せず、捜査に真面目に協力しなかったと非難した由。

何しろこの記事はトルコ大統領が米でも極めて権威のある新聞に寄稿し、しかも実質的に皇太子が張本人であると指摘しているものだけに、他のメディアが報じないというのは、どうも不思議です。

もう少し時間がたてば事情も解ってくるでしょうか?

khasshogi事件(イスラエルとエジプト首脳のサウディ皇太子擁護)

al qods al arabi net とal jazeera net は、washington postやイスラエル報道を引いて、ネタニアフとシーシ(エジプト大統領)が米政権高官に対して、サウディ皇太子擁護の働きかけをしていると報じています。

このwashington postはkhasshoggiが寄稿員をしていた新聞で、当然彼を支持していますが、イスラエルとエジプト首脳のサウディ皇太子擁護という話になると、これまでの両国のサウディとの関係や立場から見て、十分あり得る話で、むしろ報道されたのが遅かった位だと思います。

このような重大事件ともなると、中東政治から切り離して、単純に人権問題としては処理しきれない問題であることが改めて強調されたようなものでしょうか。

両者の記事の要点のみ、

・washington post紙は、1日エジプトのシーシ大統領とネタニアフが電話で、米政府高官に対して、サウディ皇太子擁護の働きかけをしていると報じている。
その働きかけの内容に通じているソースは、両首脳は米政府に対して、皇太子は中東における重要な戦略パートナーであるとして、彼を擁護した由。
また両者はkhasshoggi は、テロ集団であるムスリム同胞団のメンバーであったとのサウディの主張を繰り返した由。(khasshoggi がムスリム同胞団員だったというのは本当ですかね?他ではあまり聞きませんが…もちろん同胞団であろうがなかろうが、これを殺害していい理由にはならないが)

・この点に関し、イスラエルTV10チャネルは、ネタニアフがサウディは、対イランのイスラエル、UAE、エジプトとの重要な同盟者であると伝えたと報じている。
さらに、同TVは、イスラエル高官が米に対し、khasshoggi 事件は重大ではあるが、サウディとの間には中東の安定を保つという重大な利害があり、サウディでの(首脳の)変化は重大な影響をもたらすと伝えた由。

khasshoggi事件

事件が事件ですから、日本でもその後の進展ぶりにつき大きく報道されるかと思うので、極く手短に。

・イスタンブールを訪問していたサウディの検事総長は31日帰国しましたが、トルコ当局はサウディ側は何ら新しい情報を提供せずに、ビデオや録音等の実物を検分したいとしたとして、不満を表明した由。

・イスタンブール氏の検事局は、文書の形での声明で,khasshoggi は総領事館に入った直後に絞殺され、その遺体は分断されたと発表した。
また、サウディ検事総長は遺体を処分した「協力者」について情報を提供しなかった由。
これがトルコ当局の、本件に関する、最初の公式の発表の由。

・トルコ与党AKPの報道官は、khasshoggiの殺害は、サウディ政府の最高レベルの指示なしでは、実行されなかったと語った。

・トランプ大統領は、記者の質問に答え、サウディが自分(大統領)を騙したとは思っていないが、彼ら自身を騙しているのだろうと語った
(興味あることに、al arabiya net もこれを報じているところ、報じているところは大統領を騙したとは思っていない、というところだけで、サウディが自分自身・・・・というところは削除してある)

・米国務長官は、この事件は国際法違反であると語った。
(総領事館内で、派遣国自身による犯罪であることを指していると思われる)

取り敢えず以上ですが、サウディは検事総長の派遣で、事件の幕引きを図ろうとし、トルコは今後とも情報の公表で、サウディの責任を追及していこうとすると思われるが、矢張り遺体を見つけたとか、サウディ内の誰かが亡命して内情でも暴露しない限り、決定的なパンチにはかけるかと思われる。

ということは今後は米国等がどの程度サウディに対する圧力を強めるか、という点とサウディ内で、どの程度、皇太子に対する不満と反抗的状況が盛り上がるかに移ってきたように思われます。

トランプという個人(大統領ではあるが)を除けば、米国内では共和党も含め、サウディに対する信頼は大幅に低下したように見えますが、矢張り武器取引とか石油とか巨額の資金を有するサウディのことですから、時間がたてば「元通り」という可能性も強そうですね。

khasshoggi事件

(表現は悪いが)さしも連日マスコミをにぎわせていたkhasshoggi事件も、流石に新しいニュースは出てこないようです。

hurryiet net やアラビア語メディアは、サウディの検事総長がイスタンブールに到着し、トルコのカウンターパートと協力して総領事館などの立ち入りを行っていると報じていましたが、エルドアン大統領は、サウディ検事総長は何も新しいことをもって来なかったと不満をあからさまにしたとのことです。

エルドアンは、誰が15人のヒットチームを送ることを命令したのか、明らかにすべきで、事件に関し猿芝居は止めて、イスタンブールの協力者(遺体を引き取ったとかいう)が誰か明らかにすべきだと語ったとのことです。

また、エルドアンは誰か(複数)を守ろうとすることはやめるべきとも語った由。

彼は、演説等でもトルコ当局は多くの証拠をつかんでいることを何度もほのめかしながら、今になるも具体的な証拠は示していません。

またサウディ検事総長の訪問についても、彼が何らかの新しい情報を持ってくると、エルドアンが信じるほどナイーブではないことも明らかでしょう。

検事総長の派遣は、とにかくサウディとしてもできるだけの協力をしたとの姿勢を示すことが狙いで、敢えて言えば事件が最上層部に至ることを阻止することが目的だったとしか考えられません。

ということは、米国等から更に強い圧力がかからない限り、サウディは今回の検事総長の派遣をもって、幕引きを図ろうとしているように見え、今後の問題はトルコ当局(というかエルドアン)が、いつ、どのような形で、どこまで証拠とやらの盗聴記録その他を具体的に開示するかに絞られてきたように思います。

このような見方が間違っていればいいのですが・・・・。

khasshoggi事件とプーチンのサウディ訪問

プーチン大統領はkhasshoggi事件に関し、捜査の結論が出るまではサウディとの関係を害するような言動は慎むべきであるとの立場を表明したことが注目されていましたが、al qods alarabi net は、ロシアはこの事件はサウディとの関係に影響を与えないとの立場を表明したと報じています。

記事によるとロシア大統領府報道官は、khasshoggi事件はプーチンのサウディ訪問に関する準備に、何の影響も与えていないと語った、とタス通信がと報じているとのことです。

それによると最近プーチンはサウディ国王と電話で話をしたが、プーチンの訪問(サウディ国王は2017年モスクワを訪問しており、プーチンの訪問は答礼ということになる)は、適当な時期に発表されるであろうとした由。

西欧の首脳等の発言に比し、トランプの発言が際立ってサウディに融和的と見られているときに、プーチンがほぼ同様の立場を示していることは興味深い。

これぞ現実主義外交の神髄とでもいうのであろうか?
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ