中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

カタール

日本人ジャーナリストの釈放 2

日本人ジャーナリストの釈放については、ざっと見たところトルコのhurryiet net とal arabiya net (トルコ・カタールと仲の悪いサウディ系の衛星放送)が報じているところ、興味のある部分次の通り。

断片的情報ですが、なかなかややこしいですね。
そもそもこのトルコに近いという非シリア人の部隊というのも、私にとっては初耳の名前ですが、なんぞ原理主義的な名前で、おまけに非シリア人とはどこの連中でしょうか?

【hurryiet net】
  • 安田氏は、トルコの情報機関と治安部隊の合同作戦で見つかったが、戦闘はなかった。
【al arabiya net】
  • 安田氏は2015年からイドリブ西部で拘束されたいたところ、ヌスラ戦線から、khorba al jauzでトルコ政府に近い非シリア人部隊「宗教の衛兵」に引き渡され、そこからトルコの手に渡った。
  • シリア人権網は、信頼すべき筋によると、この人質引き渡しはカタールが身代金を支払ったからだとしている。
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2018/10/24/بأول-فيديو-بعد-إطلاق-سراحه-الصحفي-الياباني-أنا-بخير-.html
http://www.hurriyetdailynews.com/japanese-journalist-kidnapped-in-syria-said-to-be-brought-to-turkeys-hatay-138213

al jazeeraに対する風刺

cartoon10-10-2018-[1]al ajzeera (カタールの衛星TV)に対する風刺画です。

火の手には危機(複数)と書いてあり、TVにはカタールの情報と書いてあります。

TVについた蛇口からは黒い(多分石油)が噴出していて、カタールのメディアが火に油を注いでいる、と言う風刺でしょう。

最近、少なくともaljazeera netの報道は精彩を欠くと思っていたら、今回のサウディジャーナリストの失踪の件では、相手がサウディと言う所為か、大奮闘?しているようです。

カタールのトルコ支援

カタールのトルコ支援については、先ほども触れましたが、al qods al arabi net は、カタールの首長が15日の自分のネットで、カタールはこれまでのトルコのカタール及び域内問題への貢献に鑑み、現在トルコが直面している困難を救うために、トルコに対して150億ドルの直接投資をすることとしたと表明したと報じています。

トルコ大統領府も、両首脳の会談で、カタールが150億ドルの投資を表明したと声明したとのことです。
記事はこのカタールの支援は、アラブの国として公式のトルコ支援としては最初のものであるとコメントしています。

http://www.alquds.co.uk/?p=995939

このカタールの支援もあって、1ドル17リラまで下落していたトルコ通貨は、16日15リヤル台まで回復したとのことですから、取り敢えずのカンフル剤的な効果はあった模様です。

確かに、トルコは、サウディ、エジプト、UAE、バーレン等が対カタール制裁(封鎖)を実施した時に(ちなみにこの封鎖は現在も続いているはず)にトルコ軍を派遣したり、新鮮青果物を供給したりして、カタールを支援した国で、その他リビア政策、ムスリム同胞団政策等で同じような政策をとってきた国ですから、不思議なことはないかもしれませんが、150億ドルとはなかなかの支援だと思います。

 それにしても、アメリカは一方でトルコに対して制裁を発動ていながら、そのトルコを金融的に支援しているカタールには大規模空軍基地を維持したり、トルコについてもインチェリック空軍基地を未だ使用したり、必ずしも首尾一貫した政策と言うことではなさそうです。
その辺がトランプのトランプたる所以でしょうか?

カタールのS400導入問題(ロシアの立場)

カタールのロシア製地対空ミサイルS400の導入に関し、サウディ国王が仏大統領に対して中止方ロシアに働きかけるように要望したとの話は先に報告しましたが、al qods al arabi net はロシアのスプートニク通信が、ロシア関係者の言として、サウディのこの問題に関する立場は、ロシアには何の影響も及ぼさないと語ったと報じています。

それによると、ロシア議会国防安全保障副委員長が、この問題に関するサウディの立場は米のそれと関連していて、米国はこの地域での兵器市場を失うことを恐れて、サウディに圧力をかけていると語った由。

彼はまた、サウディはこの地域で覇権的地位にあり、カタールのS400入手はそれに影響を与えるので、サウディが関心を有するのは当然であるとして、ロシアはこの地域の力のバランスを保ち、安定に資することを政策として、サウディの立場には影響されないとした由。

http://www.alquds.co.uk/?p=946972

中東などへの英米仏等の武器供与国(輸出国)が良く使う口実で、ロシアも同じような口実を武器輸出に使っていることは、死の商人はどこでも同じということを示しているのでしょうかね?
それにしてもロシアが、確かイランへは若干旧型のS300の輸出にとどめておいて、カタールやトルコへはより新型のS400を輸出するとは、単なる代金(コスト)の問題だけでしょうか?

カタールのS400導入問題

確かかなり前に、トルコがロシア製最新型の対空ミサイルS400を導入しようとして、米国が反対しているというはなしが流れていましたが、あの話はその後どうなったのでしょうか?
それはともかく、今度はカタールの導入問題です。

al qods al arabi net とal jazeera net は、仏誌le mondeを引用して、最近サウディ国王が仏大統領マクロンに対して、カタールが導入を検討しているロシア製S400の、導入を中止するようにカタールに圧力を加えることを要請したと報じています。

サウディ国王は、その要請の中で、カタールのS400導入はサウディの安全保障に甚大な影響を与えるとして、必要があれば、軍事力の行使も含めて、しかるべく対応する用意があると警告した由。
現在のところ仏外務省のコメントは得られていない由。

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/6/1/السعودية-تلوح-باستخدام-القوة-ضد-قطر-ما-السبب
http://www.alquds.co.uk/?p=946335

カタールのS400導入の話は、私には初耳ですが、仮に事実とすると、NATOメンバーのトルコと言い、米国の大規模基地を有するカタールと言い、米国の昔からの友好、同盟国がロシア製の近代兵器導入を進めようとしているのは何故か?気になるところです。

最大の要因は矢張り性能と価格(コスト・ベネフィット)問題かと思いますが、このような防空の根幹をなしうるシステムを米国の対抗国のロシアから購入しようとするのは、米国に対する信頼感の欠如があるのでしょうか?
特にトルコの場合には、米F35の導入に米議会内でも反対があるようで、米兵器導入に関する政治的な不安定さも影響しているのでしょうか?
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
Categories
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ