中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

ガザ

ガザ情勢(風刺漫画)

167f494f-2c08-49c6-85b4-8ba5b80862c0_4x3_296x222[1]ガザ問題に関する風刺漫画を一つ。
穴倉(ガザの地下トンネルに擬したものでしょう)の上にはガザと書いてあり、上では空襲で人々が逃げ惑っているのに、地下では「イニシアティブ…停戦のそれでしょう・・受け入れろ」「受け入れられない」と言い争っています。
おそらく2人はハマスのメンバーなのでしょうが、ハマスに批判的なal arabia net だけあって、ハマス批判の利いた風刺漫画です。
http://www.alarabiya.net/

ガザ戦争(風刺漫画)

194[3]ガザ戦争に関する風刺漫画をひとつ。
真っ赤な色で塗られたのはガザ地域で、血の海を象徴しているのでしょう。
その中で助けを求める腕が出ているのに、何の行動も起こさずに涙を流しているだけなのはアラブ人、その頭の上に乗っかって、ガザめがけて発砲しているのは(絵が小さくて自信がないが)イスラエル兵でしょう。
ハマスやムスリム同胞団に同情的なal jazeera net の漫画ですが、口だけは達者なアラブ政府やアラブ人に対する痛烈な皮肉と思いませんか?
http://www.aljazeera.net/portal

ガザ情勢(若干の数字)

ガザではようやく72時間の停戦が実現したばかりで、今後被害の状況等はさらに詳しく判ってくると思いますが、イスラエル紙及びアラビア語メディアネットから、取り敢えず報じられている関連の数字、次のとおりご参考まで。
それにしても、今後仮に停戦が永続する方向に動いても、現在ガザでは電気も水も止まっていて、下水も殆ど処理できていない状況とかで、その再建には長い時間がかかるものと思われます。
賽ノ河原の話ではないが、昔レバノンが内戦等の大規模破壊からようやく再建されたと思ったら、イスラエルの攻撃でベイルートも含めて再度大きく破壊され、再建をやり直さ羽目になったことを思い出します。

・パレスチナ人の死者についてはパ保健省によれば1869名(AFPは1900を超えるとしている由)で、負傷者が9570名に達したとしている。
他方IDFによれば、パレスチナ人の死者は1768名(うち700〜1000名は『テロリスト」のよし。これでは一般住民の被害が少な過ぎると思われる、国連は死者の70%が一般住民としている)で、負傷者が9300名としている。
・他方イスラエルでは64名の兵士、3名の民間人が死亡。
・ガザの物質的損害については、取り敢えずは40〜60億ドルと推定されている。
・10690の家屋、141の学校が破壊され、5の病院が閉鎖された(これはイスラエル側の数字なので、実際にはさらに大きな数字となる可能性が強い)
・ガザから3356のロケットが発射された
  内578はiron domeにより捕捉された
  2572が野原に落下
   119が発射失敗、ガザ内に落下
  116がイスラエル人口集中地帯に落下
・IDFは32の地下トンネルを破壊した
・IDFは4760の目標を攻撃した
・82201名の予備役が召集された
http://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-4555441,00.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2014/8/5/شهداء-غزة-قرابة-1900-والكشف-عن-المزيد-من-الدمار
http://www.alquds.co.uk/?p=202432

北部シナイ半島での大きな爆発

25日づけのal arabiya net は、同日早朝ガザとの境界に近いエジプトのラファの情報機関近辺で大爆発があり、エジプト軍が周囲を閉鎖して捜査していると報じています。

情報部の建物に被害があったとのことですが、人員の被害の有無や犯人像については不明です。
なお、同ネットはエジプト軍が大規模な対イスラム過激派作戦を遂行中であるとして、イスラム原理主義者との関連を示唆しています。

取りあえず。

http://www.alarabiya.net/articles/2012/11/25/251605.html

ガザ情勢(ロシア艦隊の派遣)

ガザでは国境に近付いたパレスチナ人1名がイスラエル兵により射殺されましたが、おおむね停戦はまもられているようです。
しかるにal qods al arabi net とal arabiya net によれば、ロシア海軍本部はその艦船6隻に対して、ロシア人等の引き揚げの必要性が生じる可能性に備えて、ガザ近辺海域に向かうように指示したと報じています。
指示されたのは巡洋艦モスクワ、フリゲート1隻、揚陸支援艦2隻を含む6隻の黒海艦隊所属の艦船とのことです。
またこれらの艦船はシリアのタルトウス港に寄港し、その後ソマリア沖の海賊対策に向かうだろうとのことです。

ロシア艦隊のニュースは取りあえず以上ですが、一応停戦が保たれる今になって、しかもガザ地区にいるロシア人の数は知りませんが、6隻の艦隊とは、余りに大げさな数字です(尤もインド洋に向けて航行予定の艦隊に途中追加の任務を与えたと言うことかもしれませんが)
勘ぐれば、イスラエルとハマスの応酬を止めるために、エジプトの他、米国、トルコ、カタール等が現地に代表を送ったが、ロシアは特段何もしなかったので、この辺でロシアもいるよと言うことを見せつけるための示威行動ではないかと思われますが、勿論単なる推測です。

http://www.alarabiya.net/articles/2012/11/23/251326.html
http://www.alquds.co.uk/index.asp?fname=latest\data\2012-11-23-12-55-36.htm
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ