中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

クルド

イラク大統領の選出

イラク議会は2日新しい大統領を選出しました。
その前の日には、議会は定足数不足で大統領選出を延ばしたので、下手をすると延々と定足数不足で、大統領選出に失敗したレバノンの二の舞になりはせんか?などど書いて失礼しました。矢張りイラクはレバノンとは違うのでしょう。

al qods al arabi net とal arabiya net から取りまとめたところ次の通りです(お気づきの向きもあるかと思いますが、最近アラビア語メディアでは上記2のネットだけを引用して、al jazeera net を引用しないことが増えてきましたが、一時はアラブ世界のマスコミを大きく変えた、などと喧伝されたal jazeera が最近どうもパッとしません。
本日も現在のところイラク大統領選出のニュースは報じていません。
カタール系の衛星放送は、エジプトその他の地域で、記者が逮捕されたり、種々の困難(弾圧)にあっていますが、そういう情勢と何らかの関連がありそうですが、背景等は不明です)
  • イラク大統領選挙は2日投票が行われ、2回目の投票で(憲法上1回目の投票で当選するには議員の3分の2、上位2位までの決選投票の2回目の投票では過半数の支持を要する)、クルデスタン祖国同盟(要するにタラバニ大統領系のクルド政党)のburham salehが大統領に選ばれた。
  • 議会には全議員329名中302名が出席し、第2回投票でburham salehが219票、彼の対抗馬のfuad husesein が22票を獲得した。
  • 第1回目の投票で、burham salehは165票を獲得し、彼の対抗馬は89票を獲得したが、その支持母体のクルデスタン民主党(例のクルド自治区元大統領バルザニ系の政党)は、投票後第2回投票からの撤退を表明した。(それに対して、議長は候補者自身の書面による通告を必要とするとした由)
  • 先日紹介した初の女性候補者sarwa abd al wahedは18票獲得した由。(なかなかの健闘と言えるでしょうか?)
  • 消息筋によると、burham salehの勝利(クルド民主党の敗戦)は、当初クルデスタン民主党を支持していた、シーア派のamri一派とスンニ派の勢力が、彼を見捨てたことが原因だとしている由。
  • イラク議会議長は新大統領に対して(彼は、あらかじめ出席を要請されていた最高裁長官に対して既に宣誓をした模様)組閣を要請した由。(今後の手続きとしては大統領から提出される新首相候補に対して議会が信任投票をすることになる模様。組閣の期限は不明)
http://www.alquds.co.uk/?p=1025905
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2018/10/02/العراق-البرلمان-ينتخب-رئيسا-للجمهورية.html

記事によるとバルザニ等クルデスタン民主党は、結果を不服として、憲法違反であるなどと主張している由なるも、大統領が組閣を始めるということで、イラク政治の危機もようやく出口に向かうのではないかという気がします。

矢張り先般のクルド自治区の独立宣言が、イラク政治内におけるバルザニの影響力を削いだのでしょうか?

イラク大統領選出の期限設定

al qods al arabi net は、イラク議会議長が25日、新大統領の選出の最終日は来月2日とすると決定したと報じています
(尤も記事によると、憲法では議会は最初の会合を開いた日から30日以内に大統領を選出することとなっていて、今次議会は今月3日に開会されたとのことですから、単に憲法上の規定を確認しただけですが要するに何らかの口実を設けての遅延は認めないという意思表示でしょうか?)

なお、立候補締め切りの22日までに、30名のクルド人(大統領はクルド人とされていて、首相はシーア派)が立候補を届けている由。
記事はさらにこれらクルド人の間で、有力候補は(クルド政治からして当然のことだが)、クルデスタン祖国統一党のburham saleh とクルデスタン民主党のfuad hussein の2名だが、候補者が30名と乱立しているので、第1回投票で、誰かが当選必要票数(出席議員の3分の2?)を獲得することは困難であろうとしています。
取りあえず。

最初の女性大統領候補(イラク)

b015434f-66dc-4d74-af26-232587da56a9_16x9_1200x676[1]未だ大統領になるかどうか、海のものとも山のものともわからないので(要するにクルド人から出る筈の大統領ポストを巡ってクルド政党等の間で協議、取引が続いている)、インパクトは小さいですが、al qods al arabi netの報じるイラクで最初の女性大統領候補者です。

元クルド人議員でsarwa abdel wahed という名前で、3番目の立候補者の由。

なかなインパクトの強い顔で性格も強そうな女性ですね。

イランのイラクのクルド地域に対するミサイル攻撃

サウディ系のal arabiya net は、イラン軍(革命防衛隊か?)が、イラク内の反イラン政府クルド勢力を砲撃したこと、また合わせてイランのクルド政治犯に対する死刑執行に抗議して、イランのクルド地域が店舗を閉める等の抗議活動をしていると報じています。


抗議活動の規模はともかく、上記の事実関係はおそらく間違いないところだと思いますが、記事の一つが、イランの攻撃が、バスラのイラン総領事館焼打ち事件の1日後に行われたとして、あたかもイラン総領事館焼打ちがクルド勢力により行われ、砲撃はそれに対する報復であるかのごとき報道をしていることが気になります。


気が付いた限りでは、現在の所、バスラの総領事館焼き討ちとクルドを直接結び付けるようなニュースは見当たりません。
それはともかく、取り敢えず、関連記事の要点取りまとめ次の通り。

・イランのクルディスタン県の県都sanandaj(アラビヤ文字からの訳)はじめ複数の都市で、クルド人政治犯の死刑執行及び、イラク内のイランの反政府クルド政党(複数)の拠点に対する攻撃に対する抗議として、ゼネストが行われ、多くの店舗が閉鎖されている。

・イラン政府は9人の政治犯を死刑執行したがそのうちの6名はクルドの政治犯であった(死刑執行の日時は不明)。

・イラン軍はバスラのイラン総領事館が焼打ちにあった次の日に、イラン国境から65卉賄世砲△襦▲ぅ薀鵑糧神府クルド組織「クルディスタン民主党」の施設を攻撃した。
攻撃は2日続けて激しく行われ、14名死亡し、42名が負傷した。
攻撃が砲撃によるのか無人機ドローンによるものかは不明の由。


https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2018/09/08/بعد-حرق-قنصليتها-بالبصرة-إيران-تقصف-شمال-العراق.html
https://www.alarabiya.net/ar/iran/2018/09/12/كردستان-إيران-اضراب-عام-احتجاجا-على-قصف-مقرات-الأحزاب.html
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/iraq/2018/09/12/مقتل-وإصابة-العشرات-بالهجوم-الإيراني-على-شمال-العراق.html


確か、現在までの所、イラン総領事館焼打ちが誰によるものかは不明だが、仮にクルド反政府組織によるものとすれば、一連の事件のつじつまは合うが、何しろ記事がイランと敵対するサウディ系のものですから、正直なところ真偽のほどは不明です。

イランのイラク内クルド勢力攻撃?

もしかしたら報告していないかもしれませんが、確か1週間くらい前に、イラン西部のイラク国境に近い所で、バシージ(革命防衛隊の補助民兵)や革命防衛隊と、イランのクルド勢力(確かトルコのPKKとも近いイラン・クルド民主党とかいったか?)が衝突し、バシージに11名だったかの死者が出た事件がありました(クルド側の損失は不明)。

この事件に関連して、イラン当局の複数のものが、これらクルドが拠点として使用しているイラクのクルド自治区について、イラク政府及び自治政府が適切な措置をとらない限り、イラン自らイラクに入り、テロリストを掃討せざるを得ないとの警告を発したとのことです。

これはal arabiya net が報じるところですが、イラン内務省の治安担当補佐官は、イラクに根拠地を置くクルド勢力にてついて、前から厳しい警告を行ってきた由。

記事は更に、このイランの警告は、トルコがイラク内のクルド拠点(PKKの拠点)であるsinjar に地上進攻すると警告している(空爆は前から行っている)のと時を同じくしているとコメントしています。
他方、これら反イラン・クルドに関しては、その本拠のあるアルビルで、何度も幹部を対象とした爆発事件、暗殺(未遂)事件が生じているともコメントしています…(イラン情報局やコドス部隊の仕業か?)。

https://www.alarabiya.net/ar/iran/2018/07/24/إيران-تهدد-بتنفيذ-عمليات-عسكرية-في-كردستان-العراق.html

記事中にもある通り、イランとトルコはPKK系のクルド勢力という共通の敵を有しているので、イラク内に置いての行動について、トルコとイランが何らかの調整、連絡をしている可能性は非常に強いと思います。
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ