これも同じく22日のeconomist誌によると、最近中国のネットで、トルコのクルド人に対する弾圧に反対する論説が急激に増えているとのことです。

勿論それは中国当局が裏でけしかけているという性格だと思われます。

それにしても、これまで中国がクルド問題に(と言うかほとんどの国の少数民族問題とか人権問題に、と言った方が正確と思うが)関心を示したことなど全く無かったのに、最近急に「気の毒なトルコ領内のクルド人に対する人権侵害問題」に関心が払われだしたのは、他でもなく世界の国々の中でトルコだけが「敢然と」中国のウルムチにおける騒擾で「ウイグル族に対するジェノサイド」を非難したことに対する、中国風の回答であるとのことです。

同誌に依れば、長いものには巻かれろ、というか経済は人権より重要と言うか、とにかくトルコ系住民の多い中央アジアの国も軒並み、新疆での騒擾に対しては沈黙を守っているのに対して、トルコだけが敢然と中国を非難したことに対する中国風の反発、嫌がらせと言うことだそうです。

そういえば、日本の役人も「江戸の敵を長崎で取る」ことが得意なだけに、中国のやり方はよく理解できるのではないでしょうか?

それにしても、トルコはロシアのチェチェン問題と言い、新疆自治区の問題と言い、トルコ系民族若しくは昔の因縁ある場所に関しては、敢然と発言しているところは極めて立派と言いうると思うが、願わくはそれがドンキホーテ式の独りよがりにならないことです。