中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

シリア

トルコのafrin 攻撃の開始

トルコのafrin 地域への侵攻が間近とされていましたが、トルコの国防大臣は19日、同地域への攻撃が始まったと声明した由。

攻撃はトルコ領内からのafrinへの砲撃で始まった(現地YPGによると、既にトルコから70発の砲弾が発射された由)が、現在のところ地上部隊の侵攻は始まっていない模様。
なお、トルコ国防相は、、トルコ軍のafrin 侵攻に関連し、ロシア、イランとの作戦上の調整のために、トルコ軍参謀長がロシアを訪問していると語った由(この点は既報告)。
今後何時、地上戦に移行する(要するにトルコ軍の地上での侵攻)かは不明なるも、取りあえず。

http://www.alquds.co.uk/?p=863966
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/01/19/تركيا-يجب-تنفيذ-عملية-عفرين-دون-تأخير.html
http://www.hurriyetdailynews.com/turkey-will-carry-out-military-operation-in-syrias-afrin-defense-minister-125975

トルコのafrin侵攻

トルコのafrin 侵攻は迫っているようですが、国際的に複雑な状況を深めている模様です。

・トルコ軍参謀長とトルコ情報局長官は、afrin侵攻に関し、協議、調整するために、18日ロシアを訪問した。
ロシアでは国防大臣と会談の予定の由。
なお、会談の内容は不明なるも、一部のアラビア語メディアは、トルコがロシアに対してシリアのS400地対空ミサイルの運用を延期するように要請したと報じています。

・米国務省報道官は、トルコに対してafrin 侵攻を中止するように呼びかけた。

・他方シリア外務次官はトルコがafrin に進攻すれば、これはシリアに対する侵略であり、シリアとしては断固としてこれを阻止する考えであると語った。

・トルコはその後も、afrinに隣接する地域への装甲車、砲、兵員、特殊部隊の増派を続けていて、これらの部隊及び協同している自由シリア軍に対して、最大限の警戒態勢をとるように命じた。
兵員の数は20000とも16000とも報じられている

・トルコ政府は、トルコの作戦はafrin の他、場合により、manbij 等トルコに隣接する国境地帯でも行われる可能性があるとしている。
(仮にそうなると、米軍との衝突は考えにくいも、米国の政策とは正面からの対決ということになります)

http://www.hurriyetdailynews.com/turkish-combat-operations-into-afrin-to-be-considered-act-of-aggression-syrian-deputy-fm-125946
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/01/18/رئيسا-الأركان-والاستخبارات-التركيين-في-روسيا-لبحث-سوريا.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/1/19/تركيا-تحشد-لعفرين-وواشنطن-تدعو-لعدم-مهاجمتها
http://www.alquds.co.uk/?p=863627

ロシア空軍基地に対する攻撃(シリア)

アラビア語メディアは、シリアのhamimim空軍基地がロケット攻撃を受けて、ロシア機7機が破壊されたと報じています。
元のソースは、ロシアの日刊紙komrsalt(アラビアもjからの訳)が、外交、軍事の2の筋からの報道として伝えたもので、事件は昨年12月31日に起き、戦闘爆撃機SU24が4機、戦闘機SU35が2機、輸送機のアントノフが1機が最低破壊されたとのことです。
また攻撃で、10名以上の兵士が負傷した由。
ロシア国防省は、事件に関してコメントを出して居らす、ロイターの質問にも答えていない由。
この事件はロシア軍介入以来最大の損失の由。

他方、上の事件とは直接関係はないと思われるも、同じ12月31日ヘリのMI24が、技術的問題で墜落し乗員2名が死亡した由。

http://www.alquds.co.uk/?p=855106
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/01/04/تدمير-7-طائرات-روسية-في-قصف-على-قاعدة-حميميم-بسوريا.html

ロシア国防省が確認していないので、事実関係は何とも言えないが、仮に事実とすれば、ロシア軍基地のかなり近くでも反政府軍、または過激派の活動がいまだ活発であることを示すものでしょう。

シリア、イラクに残る仏戦闘員

確か数日前に、米軍等有志連合報道官が、現在シリア、イラクに残っているIS等の戦闘員は3500名程度であると語ったかと思いますが、仏外相は8日仏TVとのインタビューで、シリア及びイラクにはまだ500名の仏人戦闘員が残っていると語った由。

確か、ISの最盛期にはそのシリア、イラクにおける勢力は30000〜35000と推定されていたかと思いますので、その後帰国したり死亡したり、その他の地域に移ったりで、約10分の1が残っていることになります。

そのうちの500名が仏人とすると、仏人の比率が異常に高いようにも思われますが、、報道のまま。
それにしても英仏等にどのくらいの戦闘員が帰国しているのでしょうか?
もうすぐクリスマスで(確か昨年はベルリンでクリスマス市場が襲われた)ですが、今年はトランプのエルサレム発言もあり、欧州や中東は厳しい警戒が続くでしょうね。

http://www.alquds.co.uk/?p=841481

イスラエル機のイラン拠点空爆(シリア)

アラビア語メディアはいずれも、1〜2日にかけて、イスラエル機がダマスの南方の軍事拠点を空爆したと報じています。

そのうち、al qods al arabi net とal jazeera net は、狙われたのは政府軍、特に第90旅団と91旅団の拠点で、場所はミサイル1発がクネイトラの北部のtel al shaham の第90旅団に落ち、残り5発がダマスの南部のal kiswaにある第91旅団を狙ったとしています。
そして地元筋の話によると、激しい爆発が起こり、多数の救急車の動きが認められたとのことです(死傷者の数は不明)。
またhameemeem のロシア軍空軍基地報道官は、ネットで、シリア軍は最近供与された(ロシアからか?)新型のミサイルで、イスラエル機を迎撃したと報じた由。
(その結果については報じていない模様)。

他方、al arabiya net は、イスラエル機が狙ったのはal kiswaにイランが建設中の基地であると報じています。

この事件について、y net news は、アラブメディア等をひきながら、珍しいことに一番詳しく状況を報じています。
それによると、IDF(イスラエル国防軍)機はレバノン上空からダマス南西15劼al kiswa にあるイラン基地をミサイル攻撃したが、シリア軍は地空砲で、これらミサイルを迎撃し、5発のうち3発を撃墜したが、2発がal kiswa地域のイランン拠点に落下した由。
(記事では対空砲となっていて、最新お対空砲にはその位の能力があるものもあるのかとも思われるが、やはりABM(弾道弾迎撃ミサイル)が使われたことは、ロシア軍の報道からも裏付けられるのではないかと思われる)。
また、このイランの基地については、3週間前に、BBC放送が衛星写真を基に、イランが本年1〜10月の間に、このalkisawa に基地を建設していると報道していた由。
他方、反政府派の情報によれば、狙われたのはヒズボッラーの拠点の由。
またjerusalem post net も、同様にIDF機がダマスの近辺のイラン基地を空爆したと報じています。

ps://www.ynetnews.com/articles/0,7340,L-5050707,00.html
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/12/02/أنباء-عن-قصف-إسرائيل-قاعدة-إيرانية-قرب-دمشق.html
http://www.alquds.co.uk/?p=837183
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/12/2/غارات-إسرائيلية-على-مواقع-عسكرية-جنوب-دمشق
http://www.jpost.com/Arab-Israeli-Conflict/Reports-Israeli-aircraft-struck-an-Iranian-base-outside-Damascus-515789

以上の通り、IDF機がダマスの南を空爆したことは(写真等もあり)まず間違いないと思われるが、その対象がイランの建設した基地か否かは、今のところ確認はできません。
但し、確かにダマス周辺でもイランが拠点を建設しているという話は前にもあったし、またイスラエルがネタニアフ首相等を通じて、イスラエルに近い地域におけるイランの軍事的プレゼンスは、イスラエルの安全保障にとっての脅威であるとして、これを受け入れないと表明してきており、イスラエル機の狙ったのがイランの拠点であることは十分考えられると思われます。

特に、今回はイスラエルメディアのネットが、かなり詳しく報じているということは、イラン基地の攻撃である可能性が高そうです(何しろ彼らはIDFなどからの情報を得ていると思われる)。

問題は、今回の空爆の結果どのくらいイラン(特に命防衛隊)に損失が出たかということで、仮にかなりの多くの死傷者が出ている場合には、何らかの形での、イランの報復も考えられ、中東は更に緊張することになりそうです。
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ