中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

シリア

米・トルコ両大統領の電話会談(シリア)

どうもシリア東北部のシリア民主軍(YPGが中心)に支配地域を巡って、トルコと米は駆け引き、調整を行っているように見えます。

アラビア語メディア及びhurryiet net (トルコ紙)は、エルドアンとトランプ大統領が2日電話で、シリア問題につき協議し、特にmanbij での合同パトロールの実施、イドリブ問題について協議したが、両者は今後とも密接な連絡を取り、シリア問題で調整していくことに合意したとのことです。

確かに2日には、これまで両国の懸念事項であったmanbij での両国の合同パトロールが始まりました。

しかし、上記2問題のために、両首脳がわざわざ電話会談をしたとは考えにくい所で、特に現在直近に迫った中間選挙で米国各地を飛び歩き、種々の問題発言で、大忙しのトランプが、こんな問題で態々トルコの大統領と電話会談するとは常識的には考えらません。

manbijの合同パトロールの件は、精々国務省とか国防相の中堅レベル以下の話でしょうし、イドリブ問題に至っては、こう言っては何ですが、米国はそもそも蚊帳の外の話です(要するにあそこの停戦とか過激派の撤退とかはロシア・トルコが合意したもの)

ということは、お忙しいトランプを煩わすようなシリア関係問題が他にあったことになり(勿論トルコのエルドアンからすれば、当然ながらkhasshoggi事件は提起したと思われる)、おそらくそれはユーフラティス東岸のシリア民主軍支配地域に関してであろうと思われます。

この地域についてはエルドアンは、何度もテロリスト(要するにYPG)から解放すると発言していて、現実にトルコ軍が国境付近に展開している上に、最近トルコがこの地域を砲撃し、それにYPGも応戦する事件がありました。

この事件について、確か米国務省はそのような一方的な行為(トルコの砲撃)は地域の安定のみならず、現地に居る米兵の安全をも害するとしてトルコの攻撃に遺憾の意を表していました。
そのため米国が中心の有志連合はトルコとシリア民主軍の間を調停していると表明していました。
然るに、アラビア語メディアによれば、トルコ軍は準備の段階を終え、何時でも地上軍の侵攻のできる状態になっていると報じていました。

そこで、二つの同盟軍に挟まれた米国としては、トルコではエルドアンが独裁的権限を握っていることに鑑み、それでなくとも忙しいトランプのお出ましを願ったというところだろうと推測されます。
現在のところ両者がどういう話し合いをしたかは不明ですが、あのトランプが激しく非難していないところから見ると、完全な物別れということではなかったと思われます。

またエルドアンも、まさかkhasshoggi事件とシリア政策を結びつけてはいないと思いますが、いずれにしても今後の動きが注目されます。

https://www.alquds.co.uk/%d8%a7%d8%b1%d8%af%d9%88%d8%ba%d8%a7%d9%86-%d9%8a%d9%86%d8%a7%d9%82%d8%b4-%d9%85%d9%84%d9%81-%d8%b3%d9%88%d8%b1%d9%8a%d8%a7-%d9%85%d8%b9-%d8%aa%d8%b1%d8%a7%d9%85%d8%a8-%d9%88%d8%a7%d9%84%d9%82/
http://www.hurriyetdailynews.com/erdogan-trump-discuss-syrias-manbij-idlib-in-phone-call-138500
http://www.aljazeera.net/news/international/2018/11/1/ترامب-وأردوغان-يبحثان-الوضع-بمنبج-وإدلب
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/11/01/التحالف-يتوسط-لخفض-التوتر-بين-تركيا-وسوريا-الديمقراطية-.html

イランの民兵結成の動き(シリア南部)

al sharq al awsat net (サウディ系)は、イランは現在シリア南部で、現地シリア人からなる民兵結成に集中していると報じています。

ソ−スも不明確で、断片的な情報ではありますが、シリア南部等で最近はイランを巻きこむような戦闘もなさそうで、また確かトルコとロシアが外国兵の撤退で合意したはずで、そうなるとイランが連れてきたアフガニスタン人やパキスタン人等の民兵は撤退すると思われ、その穴埋めにイランが現地人民兵を結成しようとする動きは十分あり得ると思われるので、取りあえず。

信頼すべき筋によると、イランは現在シリア南部で現地人民兵の設立に集中している。
これはロシアの要求で、非シリア人戦闘員の撤退が始まったからである。

数日前にダラアの近郊で、60名の訓練基地からの卒業があった。彼らの訓練はイラン人とヒズボラーが行ったが、イラン人将校は避難民のキャンプを回っては、応募者を集めている。

また反政府派の一人は本紙に対して、米、英、仏、独、エジプト、ヨルダン、サウディの小委員会が29日、ロンドンであったときに、イランは他の国が憲法委員会問題、イドリブ情勢に目を奪われていることを利用して、シリア政府支配地域で、その軍事的、行政的影響力を強化しようとしていて、軍事拠点を基地化し、ヨルダン国境の検問所近くで民兵を設立しつつあると話したと語った。

https://aawsat.com/home/article/1444581/%D8%A5%D9%8A%D8%B1%D8%A7%D9%86-%D8%AA%D8%A4%D8%B3%D8%B3-%D9%85%D9%8A%D9%84%D9%8A%D8%B4%D9%8A%D8%A7%D8%AA-%D9%85%D8%AD%D9%84%D9%8A%D8%A9-%D8%AC%D9%86%D9%88%D8%A8-%D8%B3%D9%88%D8%B1%D9%8A%D8%A7

シリアの人道危機

シリアでは、ISの脅威が未だ払しょくされた訳ではないことは、累次報告の通りですが、住民の直面する人道危機も、未だに深刻なようです。

al sharq al awsat net は、29日、国連安保理で、人道問題、危機対処事務総長補が、シリアの人道危機に関し、国際社会に訴えたと報じています。

どうしてかは不明ですが、al arabiya net は、その中で特にal rakban (ヨルダンとシリアの間にある安全地帯で、約5万人の避難民が包囲されている由)では毎日子供が死亡しているという部分だけを詳しく報じています。
個々の人道危機が最悪ということでしょうか?

al sharq al awsat net の記事から、

国連の事務総長補は、安保理の会議で、シリアのユーフラティス東岸には、未だにISの抵抗スポットが残り、激し戦闘があって、住民は深刻な人道危機に直面していると指摘した。

彼はデリゾル南部のユーフラティス川東岸全部にわたり、激し戦闘が続き、住民は数十名が死亡し、多数の住民が負傷したとし、先週だけで7000名の住民が避難したが、未だに15,000名がIS支配地域で、包囲されていると報告した。

また住民が避難していたキャンプがISに攻撃され、死傷者が出たうえに、100名の住民が拉致され、そのうちの何名かは殺害したとした由。

その観点で、al rakbanの避難民キャンプに対する国連と赤十字の救援車列が、阻害されずに到着できることが絶対に必要とした由。

更に先にISから奪還されたラッカの状況も懸念を呼び、住民に対する支援が必要になっているとした由。

さらに彼は、現在何よりも重要なことはロシアとトルコが合意した停戦が守られ、イドリブ地域及びその周辺で戦闘が再開しないことであるとして、もし戦闘が起これば、重大な人道危機を招くことになると警告した。

そしてその住民300万人に対する人道支援が、阻害されずに境界線を越えられることが重要とした由。

イスタンブール4首脳会議

先に、シリア問題に関するロシア、トルコ、独、仏の4首脳会議がイスタンブールで開かれると報告しておきましたが、この会議は27日開催され、共同声明が出されたとのことです。

この会議は何しろ、4国の首脳が集まったということですから、日本でもかなり報じられている模様で、大新聞等は現地に特派員も居るはずなので、詳しくはそちらでご覧になっていただくことにして、取りあえず落穂ひろいをしておきます。

アラビア語メディアによれば、共同声明では、シリア問題の解決は政治的解決の必要性、新憲法策定のための委員会の本年末までの設置、全面的停戦と情勢の安定の必要性、難民の自発的帰還等について、4首脳が合意したとのことですが、この会議はそもそも、初めから不思議な会議のような気がします。

  • そもそもシリアの政治的解決の問題であるにかかわらず、アサド政権が参加しておらず、最大のプレイヤーの一人であるイランも参加していない。
  • さらに米国も参加していない。
  • 欧州からは独仏が参加したが、英は参加していない。EUの参加もない。
 ということですが、参加国の立場も大きく異なっていて、al sharq al awsat によれば、共同記者会見でも次のように各国の立場の相違が出てきた由。

  • プーチンはすべてのテロとの戦いの重要性を強調した。(ロシアはすべての反対派をテロリストとしている)
  • エルドアンは北部でのテロとの戦いを継続するとした。(トルコにとって、テロリストとはクルドのYPGである)
  • エルドアンはまた、シリア内外のシリア国民がアサドの運命を決めるべきであるとした。(アサド、イラン、ロシアは、シリア内での選挙で決めるとしていたはず)
また、記者会見では言及はなかったようだが、独仏等の欧州の最大の関心は、イドリブ地域で本格的な戦闘が始まり再び大量の難民が欧州に押し寄せることを防ぐことであるとされていて、その点ではトルコとも共通利害があるかもしれません。

いずれにしても、格別の情報もない所で、グタグタ言っても意味はないと思うが、取りあえず。

ガザ情勢(27日〜28日)

27日のガザ情勢については朝方報告しましたが、その後状況は更に緊迫化し、28日早朝にかけて、ロケットとイスラエル国防軍(IDF)機による空爆の激しい応酬があった模様です。

アラビア語メディアではal jazeera net が、特に数字なしで報道していますが、他では見過ごしてなければ、現在のところ、特段の報道はしていない模様です。背景は不明。

y net news とhaaretz netは、イスラムジハードが、27日のIDFによるパレスチナ人殺傷の報復として、イスラエル領内に34発のロケットを撃ち込み、うち13発がiron dome により捕捉されたと報じています。

これに対してIDF機が、28日の早朝、ハマスの情報本部を含む87ヵ所を空爆したとのことです。

現在のところ28日の日中もさらに攻撃が続いているのか、また双方の犠牲者数(これだけの暴力の応酬があれば、犠牲者は出ていると思われる)も不明です。

特に気になることは、IDF報道官が、これらガザからのロケット弾攻撃は、ダマスのイランの指示によるとして、シリア政府及びアル・コドス部隊(イラン革命防衛隊の特殊部隊)に責任があるとしたことです。

このようなIDFの発言が、いかなる根拠によるものかは不明ですが(通信傍受や内部通報者?)、これまでもイスラエルはシリア内のイラン施設や武器庫等を攻撃してきましたが、イランの指示により多数のロケットが撃ち込まれたとイスラエルが本気で考えているとすれば、シリア領内のイランのプレゼンス、特にコドス部隊に対する攻撃は、ほぼ不可避ではないかという気もします。

単なる危惧であればよいのですが。。。
livedoor プロフィール

abu_mustafa

最新コメント
記事検索
Archives
  • ライブドアブログ