中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

トルコ

トルコのafrin 攻撃の開始

トルコのafrin 地域への侵攻が間近とされていましたが、トルコの国防大臣は19日、同地域への攻撃が始まったと声明した由。

攻撃はトルコ領内からのafrinへの砲撃で始まった(現地YPGによると、既にトルコから70発の砲弾が発射された由)が、現在のところ地上部隊の侵攻は始まっていない模様。
なお、トルコ国防相は、、トルコ軍のafrin 侵攻に関連し、ロシア、イランとの作戦上の調整のために、トルコ軍参謀長がロシアを訪問していると語った由(この点は既報告)。
今後何時、地上戦に移行する(要するにトルコ軍の地上での侵攻)かは不明なるも、取りあえず。

http://www.alquds.co.uk/?p=863966
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/01/19/تركيا-يجب-تنفيذ-عملية-عفرين-دون-تأخير.html
http://www.hurriyetdailynews.com/turkey-will-carry-out-military-operation-in-syrias-afrin-defense-minister-125975

トルコのafrin侵攻

トルコのafrin 侵攻は迫っているようですが、国際的に複雑な状況を深めている模様です。

・トルコ軍参謀長とトルコ情報局長官は、afrin侵攻に関し、協議、調整するために、18日ロシアを訪問した。
ロシアでは国防大臣と会談の予定の由。
なお、会談の内容は不明なるも、一部のアラビア語メディアは、トルコがロシアに対してシリアのS400地対空ミサイルの運用を延期するように要請したと報じています。

・米国務省報道官は、トルコに対してafrin 侵攻を中止するように呼びかけた。

・他方シリア外務次官はトルコがafrin に進攻すれば、これはシリアに対する侵略であり、シリアとしては断固としてこれを阻止する考えであると語った。

・トルコはその後も、afrinに隣接する地域への装甲車、砲、兵員、特殊部隊の増派を続けていて、これらの部隊及び協同している自由シリア軍に対して、最大限の警戒態勢をとるように命じた。
兵員の数は20000とも16000とも報じられている

・トルコ政府は、トルコの作戦はafrin の他、場合により、manbij 等トルコに隣接する国境地帯でも行われる可能性があるとしている。
(仮にそうなると、米軍との衝突は考えにくいも、米国の政策とは正面からの対決ということになります)

http://www.hurriyetdailynews.com/turkish-combat-operations-into-afrin-to-be-considered-act-of-aggression-syrian-deputy-fm-125946
https://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2018/01/18/رئيسا-الأركان-والاستخبارات-التركيين-في-روسيا-لبحث-سوريا.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2018/1/19/تركيا-تحشد-لعفرين-وواشنطن-تدعو-لعدم-مهاجمتها
http://www.alquds.co.uk/?p=863627

イスラム首脳会議(PKKの爆弾計画未遂事件)

やはりトルコはテロの危険性が強いというべきか?警察力がしっかりしているというべきか?

先日のイスタンブールでのイスラム首脳会議に対する自爆テロの計画があったが、警察が未然に阻止して、PKKの容疑者11名を逮捕したとのことです。
これはhurryiet net が警察筋の話として伝えるところですが、トルコ警察は13日(首脳会議当日)60kgの爆薬を搭載したミニバスを押収し、11名の容疑者を逮捕した由。
記事の要点のみ

トルコの国家情報局MITは、その前からPKKの動きが活発になっていることを発見し、動きをモニターする中で、そのうちの1名が、イスタンブールでミニバスを購入した事を探知した由。
MITは、彼らがイスラム首脳会議を狙っていると判断し、イスタンブールの情報局と警察が、監視カメラその他の機材を使ってミニバスの動きを監視した由。
当局は張り込みで、容疑者の到着を20時間待ち、彼らが爆薬を積み込んだところで、動き出し、2名を逮捕し、そこから残り9名の逮捕につながった由。
爆薬はRDX,PTN,HMX等で、、釘や金属片と混ぜられていて、消火器の中に隠され、釣り道具の箱に隠されていた由。
容疑者の一人が自爆する予定であった由。

http://www.hurriyetdailynews.com/police-foil-planned-pkk-attack-on-organization-of-islamic-cooperation-summit-in-istanbul-124197

イスラム首脳会議(出席者の記念写真)

441[2]イスラム首脳会議の記念写真です。
小さくて見えにくいのですが、中心がエルドアン大統領、右隣がアッバス議長、ついで順番にアゼルバイジャン大統領、インドネシア大統領、その隣が良く分からないがブルネイか?そしてその横がスーダン大統領だと思います。
エルドアンの左横が、ヨルダン国王、ついでクウェイト首長、アフガニスタン大統領、イラン大統領、カタール首長(と思われる)です。
これで見るとサウディ、エジプト、UAE,バハレン等は首脳は出席せず、またモロッコや北アフリカの諸国もリビア以外は首脳は出席していない模様です。

アラブ諸国以外の親米諸国からは首脳が出席しているのに、アラブでは精々ヨルダン国王、クウェイト、カタールというところが、どうも意味深でしょうか?

(もっとも、al qods al arbi net の方には、全体を入れた写真が載っているが、ますます小さくて、他に誰がいるのか良く分からない。しかし、左端にゲストとされていたかと思うが、ベネズエラのマドウラ大統領(という名前でしたが?)が映っているのが、どうにもぎこちない)

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/12/13/القمة-الإسلامية-القدس-الشرقية-عاصمة-محتلة-لفلسطين
http://www.alquds.co.uk/?p=844049

イスラム首脳会議

13日イスタンブールで開かれたイスラム首脳会議は、最終声明で、トランプのエルサレムをイスラエルの首都として認める決定を一方的な非合法の決定であるとして、強く非難し、総ての国に対してエルサレムをパレスチナの首都として認めるように呼びかけました。

その意味では、イスラム首脳会議は重要なアラブ首脳の欠席にもかかわらず、最低の統一的立場は打ち出せたわけで、エルドアンのかけは成功したかと思います。
アッバス議長は、この声明はイスラム首脳会議にとっては、稀なる成功だと称賛した由。

http://www.alquds.co.uk/?p=843843
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/2017/12/13/اسطنبول-تحتضن-قمة-إسلامية-استثانئية-حول-القدس.html
http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/12/13/القمة-الإسلامية-القدس-الشرقية-عاصمة-محتلة-لفلسطين
http://www.hurriyetdailynews.com/oic-agrees-to-recognize-east-jerusalem-as-palestinian-capital-124064

昨日は会議は「茶番に終わるか」などと大変失礼な書き方をして、失礼しましたが、出席者の記念写真(別途掲載)を見ていても、やはりどこか違和感を拭いきれません。
確かにイスラム諸国の首脳が大勢集まっていますが、肝心のアラブからは、重要な国の首脳が抜けています。

それにこの声明は言葉の上での対抗措置、要するに単なる抗議の意図表明でしかないでしょう。
まさか、この声明に従ってエルサレムに大使館を移すイスラムの国もないと思いますが、もしそんなことになればネタニアフは大喜びするでしょうね。
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ