中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

ファタハ

ハマスの人気上昇とアッバスの人気低下

al jazeera net は、最近のパレスチナ調査所の世論調査によると、現在選挙があれば、議長選挙でも議会選挙でもハマスが容易にアッバス及びファタハを破るとの結果が出たと報じています。
これはイスラエルのガザ攻撃を受けて、パレスチナ政治研究センターが8月26日から30日まで行った、西岸とガザでの世論調査の結果とのことです。

イスラエルのガザ攻撃とその結果の多数のパレスチナ民衆の死傷者を受けて、ハマスの人気が上昇したのか、逆に低下したのか、若干の議論もあったようですが、この結果からは明らかにハマスの人気上昇、ファタハとアッバスの人気低迷がでており、特に西岸におけるファタハとアッバスの人気に大きな陰りが出ており、パレスチナ指導部に大きな変化が出、中東紛争の平和的解決に関するこれまでの動きが更に阻害される可能性が出てきたようにおもわれます。

IS等の過激派の伸長と合わせて、、中東でもう一つ懸念すべき材料が生じた感があります。
記事の要点のみ次の通り

最近のパレスチナ人への世論調査によると、今選挙があればハマスが容易にファタハとアッバス議長を破る可能性が強い。
パレスチナ研究所によると、2006年以後、ハマスの人気に関して劇的な変化があり、特に先日のイスラエルの攻撃に対してのその軍事部門の抵抗以来、人気は急増している。

今選挙があれば、ハマスの政治副部長のイスマイリア・ハニア(前のガザ首相)が議長選挙で63%を得、アッバス議長は32%にとどまるとされる。
ハニアはガザで53%の得票率だが、西岸では63%を得るとされる。
これに対してアッバス議長はガザでは45%を得るが、西岸では25%にとどまる。
イスラエルの攻撃前にガザと西岸で、アッバス議長が53%、ハニアが41%であった。
仮にファタハで人気があるが現在服役中のバルグーティも加えた3者の競争でも、ハニアが48%、バルグーティが29%、アッバスが19%となる。

議会選挙でもハマスが46%、ファタハが31%、その他の諸派が7%、17%が未定としている。
また69%が6か月以内に選挙が行われるべきと考えるとしている。

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2014/9/3/استطلاع-حماس-ستفوز-بالرئاسية-والتشريعية-لو-أجريت-الآن

ファタハ第6次総会の混乱

第6回ファタハ総会はベツレヘムで開かれ、アブルアッバスが指導者に選ばれたと報じられていた所、10日付のal jazeerah 電子版は、次のような事件を報じて、総会が平穏無事であったのではなく、相当の混乱があったことを示唆しています。これがファタハ総会の通常の無秩序(アラブ流民主主義?)なのか、アブルアッバスの指導力の陰りを示すものか、必ずしも明確ではないが、今後の中東和平の難しさを示唆するものとして、次の通り紹介します。
その一は、かってのガザ地区のファタハ指導者で、治安警察の責任者で、アラファトの弟とその指導権を争ったムハンマド・ダハランが、公然とファタハがガザを失った責任はアブルアッバスにあると非難し、右をめぐり激しい議論があったとの事です。
その2は総会の進め方等を不満として多数のファタハ指導者が責任者ポストの選挙から身を引いたとの報道です。
第3は、今は懐かしいPDFLPのハエワトメ議長(なにしろPDFLPと言うかハワトメと言えば、PFLPのハバシュと並んで共産主義者として有名で、その組織は派手なテロ活動でこれまた有名だったものですが、ソ連の崩壊後ほとんどその名前を聞くこともなかった)が、アラブ諸国のパレスチナ問題への政治的介入を非難して、それらの国の資金がパレスチナ、アラブ陣営の分裂をもたらしていると攻撃したとかいう話です。
以上それぞれの話がどう関連しているのか(または関連していないのか)、またその攻撃の意味は、その支持の大きさは等々全く不明で、これだけの材料でファタハ総会を論評することは極めて危険と思いますが、少なくとも表向きの一枚岩とは全く異なるファタハがあるということだけは言えるかもしれません。

先にお断りした通り明日から8月末まで山籠りのためブログの更新はお休みです。済みません。

ファタハのcongress開催

現在ベツレヘムでファタハのcongress(日本語で言えば代議員大会か全人代表会議かその辺でしょう)が開かれていますが、ガザ在住の代議員200名(BBCによる、JPに依れば50名)がハマスに依り会議への出席を差し止められた由。
前に書いた通り、米国が中東和平交渉の再開に当たり、最大の障害と考えているのがイスラエル政府の強硬政策と、パレスチナ側のファタハとハマスの分裂で、その修復にはエジプト大統領の力が必要として、特使のミッチェル氏がムバラク大統領と会談したことは前に書いた通りですが、どうも両者の関係はしかく簡単なものではなさそうです。
この辺の事は本日の日本の朝刊が、ファタハの中で若い世代の台頭が目立つという点とともに詳しく報じていますが、また今朝の新聞はイランの体制側の分裂と言うか混迷ぶりもかなり詳しく報道していました。
なぜ、このような日本の新聞を読めばもっと詳しく書いてあることをわざわざ取り上げたかと言うと、その昔は中東に関して余りまともな報道もなかった日本の新聞も、流石に中東和平、イラン情勢、イラク情勢等については相当詳しくかつかなり立ち入って報道するようになってきたことについて大きな感慨を覚えたからです。
但し、次の2点に鑑みても、日本の報道はまだまだ問題があり、このようなささやかなブログも少しは皆様のお役にたてるかなと思っているところです。
第1点は中東の場合、上に挙げた3つの問題以外の事はほとんど報じられない、という点です。東はイラン、アフガニスタンから西はモロッコまで、北はトルコから南はスーダンまでと言うこの広い中東は、この3点だけの地域ではありません。他にも色々と知るべき事柄、面白いことが沢山あります。
第2点は、筆者の僻み目の所為か、例えば中東紛争については、はじめからイスラエル悪、パレスチナ善、イラクに関しては米国悪という図式があるようで(イランに関しては割かし中立公平な感じがします)、その辺若干の偏りを感ぜずにはいれないからです。
基本的にこの2〜30年大体和平を妨害して来たのがイスラエルと言う図式は、若干の例外を除けばそう間違いではないと思いますが、国際政治は道徳の競争ではなく、国益をかけた真剣勝負の世界です。報道する際に初めから、どちらが良いの悪いのと言う予断を持って報道することが、客観的で公正な報道に資するとは思えません。
そんな理由で、今しばらくは「中東の窓」と言うことで、細々と中東に関する話をお伝えしていきたいと思っています。
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ