中東の窓

長年、日本の外交官として中東に深く関与。中東から見た国際関係を日々発信するブログ。

ロシア

3国首脳会議とその準備外相会議

ロシア、イラン、トルコの3首脳(プーチン、ロウハニ、エルドアン)は22日ロシアのソチで、シリア問題の最終的な解決を目指した協議をすることになっていると報じられているところ、al qods al arabi net とal arabiya net は、その準備のために上記3ヵ国外相が19日トルコのアンタリアで会議を開いたと報じています。
但し、会議の内容等については、現時点(20:00)では何も報じられていません。

因みに、al qods al arabi net の別の記事は、3首脳はシリア問題の最終的解決を目指して協議することになっているが、アサド政権を支持するロシア、イランとこれに反対するトルコでは、依然相互の対立が大きいとして、首脳会議で議論される問題としては、
・イドリブの過激派(ヌスラ戦線のことと思われる)を如何に掃討するか
・如何にして、大きな問題を起こさずに、トルコ軍のafrin侵攻を許すか
・非戦闘地域に対する空爆の停止
・政治解決への移行問題
・トルコを怒らせずに如何にしてクルド勢力を政治解決のプロセスに入れるか
等の問題があるとしています。

http://www.alquds.co.uk/?p=8291
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/11/19/اجتماع-وزاري-روسي-إيراني-تركي-حول-سوريا-في-تركيا-.html
http://www.alquds.co.uk/?p=829217

シリア問題の最終的解決にはまだまだ時間がかかりそうな気もしますが、3ヵ国首脳会議の前に、わざわざ外相レベルでの会議を持ったことが、これら3ヵ国が真剣であることをうかがわせます。
それにしても、米国は完全な蚊帳の外ですね。
またシリア問題と言いながら、どうやらアサド政府も蚊帳の外(もっともイランがある程度は代弁するか?)らしいことが、シリア問題の現実を示していると思われます。
いずれにせよ、あと数日で、かなりの情報が流れてくるものと思います。

日本決議案に対するロシアの拒否権

シリアでの化学兵器使用に関する安保理決議案ついて、ロシアが拒否権を使ったことは先に報告しましたが、ロシアはまた同じ問題について17日再度拒否権を行使しました。

今度は日本の決議案ですが(アラビア語メディアは、それほど細部に拘らないので、自信はないが、どうやら共同提案国はなく、日本単独の決議案の模様)、その決議案は、先の米国の決議案が廃案となったことを受けて、安保理と化学兵器禁止条約機構の調査団の任期を30日延長して、その間、国連総長と同機構事務局長が、今後の作業の在り方について検討し、提案することを求めるというものの由。
今回も反対はロシアの他にボリビアだけで、中国は棄権した由。(ほかに棄権の有無…例えばエジプト…は不明)

http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/11/18/مجلس-الأمن-سيصوت-على-تمديد-قصير-لعمل-لجنة-كيمياوي-سوريا-.html
http://www.alquds.co.uk/?p=828688

通常は極めて大人しい日本が、ロシアの拒否権行使が予測される問題について、決議案を提出したことは、日本政府としては相当思い切った行動かと思います。
矢張り安倍総理の決断でしょうか?
北方領土問題への跳ね返りなど考慮はしたのでしょうね?

シリア情勢(ロシアの米国非難等)

シリア東部に関し、アラビア語メディアより若干の情報次の通り。

・(シリアに関して、トランプとプーチンの間で、政治的解決等に関する合意がされたと報じられていましたが、両国間の猜疑心は未だに深刻な模様で)
ロシア国防省は14日、al buk mal でISを攻撃しようとしていたロシア軍機を米軍機が妨害したと非難した。ロシア国防省は、米軍がISに対して空中援護を与えたと非難の文言を使った由。
同国防省は、これがテロと戦っているとの、米軍の主張が嘘であることを証明する証拠であるとしている由。
(2の記事とも短いもので、背景とか、実際現場で何があったのか等は全く不明なるもとりあえず)

http://www.alquds.co.uk/?p=826239
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/11/14/روسيا-واشنطن-تقدم-غطاء-لتنظيم-داعش-في-البوكمال.html
・(他方al arabiya netの別の記事は、完全にスパイ小説とか、大冒険小説に出てきそうな話を報じています)
13日デリゾルの軍事空港で爆発があったが、これはロシア語を話すIS戦闘員が、ロシア軍の制服を着て、装甲車で、同空港に侵入したために生じた事件である。
政府支持のメディアは、これらのISがロシア軍の技術者を偽装して、空港に侵入し、政府軍兵士等を殺傷し、複数の航空機を破壊してことに関して、空港の警備員たちが、簡単に彼らの侵入を許したことを非難している。
それによると。彼らは装甲車に乗り、警備の兵士に、自分たちはロシア軍の技術者で、空港へ入ることを特に司令官から許可されているとして、指令本部に向かおうとして、銃撃となり、自爆した由。
この事件に関する政府軍の調査は依然続いている
(この記事が事実であれば、ISに多数参加しているロシア人、またはコーカサスからの過激派…当然彼らはロシア語を流ちょうに話す!!・・・の仕業かと思われるが、こんな大胆な話が事実か否かはもちろん不明です)
http://www.alarabiya.net/ar/arab-and-world/syria/2017/11/14/دواعش-دخلوا-مطار-دير-الزور-بسيارة-مصفحة-للنظام-السوري-.html

サウディ・イラン関係の緊張激化

湾岸地方では、、カタールとアラブ4国の対立、サウディでの腐敗防止キャンペーンに加え、イランとサウディの対立が激化して、一部では戦争の危険性さえ出てきたとして、緊張が高まっている模様です。
この点に関し、al qods al arabi net は2の記事を載せていますので、その要点のみ次の通り。

なお、2つ目のイラン紙の記事の引用は、ロシアがウクライナ問題での米国の圧力軽減のために、イランとサウディの対立をあおっているというものですが、ここまでくると陰謀説の最たるものでしょうか?尤もプーチンは元KGBではありますが・・・・

・湾岸ではイランとサウディの相互非難がエスカレートし、戦争の危険さえ高まっている。
(hothyのリヤド空港ミサイル攻撃に関連して)、サウディ皇太子が、イランは戦争行為をしていると非難したのに対して、ロウハニ大統領は強い調子で反論し、米国の番犬であるサウディにはイラン攻撃などできないと攻撃した。
イランのtasnim紙(アラビア文字からの訳)は、大統領は米国がその番犬たちにイランを攻撃させようとしてきたがすべて失敗したとして、hothyグループには自衛の権利があると指摘した由。
大統領はまた米政権は武器を売るために湾岸の情勢に火をつけていると非難した。

・他方米大統領府は、リヤドに対するミサイル攻撃を非難し、このようなミサイルは内戦前のイエメンには存在しなかったとして、米は非合法のイランの武器供与に対して、サウディとともにあるとした由。

・仏大統領も、イランの湾岸地域における活動に対しては断固として対処すべきであると語ったが、イラン・サウディの緊張が高まっているときに新しい問題(核合意破棄問題のことか?)を付け加えるべきではないとした。

・イラン紙は、米国のロシアに対する圧力を弱めるために、イランとサウディの緊張を高めていると報じた。

・イランのjamia fardah紙(アラビア文字からの訳。どのような性格の新聞かは知らない)は、「戦闘の太鼓の音が聞こえる」として、ロシアがイランとサウディを戦争の方に追いやっているとの記事を掲げた。
記事はイランとサウディの対立は日に日に激しくなっているとして、サウディは同国とバハレンのシーア派を弾圧し、毎日イエメンで殺人を犯していると非難した。
記事はさらにロシアは、米国のウクライナに関する圧力軽減のため、ロシアがイランとサウディの対立をあおっていると非難した。
記事は更にモスクワタイムズが、ロシアの軍事専門家の意見として、イランとサウディの衝突に持っていければ、ウクライナ問題での米国の圧力を軽減するうえに、石油価格の上昇を通じて、ロシア経済の恵みになると主張していると報じている。
そして、記事は独の中東、安全保障問題専門家の、中東は米国のイラク戦争以来最も危険な時期に来たとの意見を紹介し、誰でも戦争の太鼓の音が聞こえるとしている。

http://www.alquds.co.uk/?p=823101
http://livedoor.blogcms.jp/blog/abu_mustafa/article/edit

シリアでの血なまぐさい9月

先日はシリア人権監視官が、この9月はシリアで本年最も民間人の被害が多かった月であったと報告していることを紹介しましたが、国連の人道問題調整官事務所と国際赤十字も、この9月が本年で最も血なまぐさい月であったと報告しているとのことです。

これは、al jazeera net の伝えるところですが、それによると、国連人道調整官は5日、9月19〜30日の間に、イドリブの住宅地に対しての空爆で、少なくとも149名が死亡し、その大部分は婦女子であるとした由。
また、これらの攻撃は病院、救急車、学校等に対して行われたものが多く、このため病院と学校は閉鎖を余儀なくされた由。
また国際赤十字も、この2週間の戦闘は2016年以来最悪で、多くの民間人の被害が出ていると、5日発表した由。
赤十字は、これらの攻撃がイドリブ、ダマス近郊、ハマ等の所謂非戦闘地域で行われていると指摘した由。
また赤十字は過去10日間で10の病院が攻撃され数千人が治療を受けられなくなったとしている由。
またデリゾル地域に対する政府軍を支援してのロシア軍の攻撃も激しくなっているが、ロシア国防省によれば地中海の2隻のロシア潜水艦より、デリゾルあてに10発のミサイルが発射された由(被害の程度は不明)。
他方、ロシア軍は5日、イドリブで、シャム解放機構(ヌスラ戦線)のこれまでで最大の武器庫を破壊したと発表した由、大量の弾薬のうち、最も多いのが砲弾の由。

http://www.aljazeera.net/news/arabic/2017/10/6/سبتمبر-الأكثر-دموية-بسوريا-وروسيا-تواصل-القصف
livedoor プロフィール
最新コメント
記事検索
  • ライブドアブログ