2016年04月23日

【海岸調査講習会報告】160423/浜小清水海岸

160423_378_1544


【海岸調査講習会】2016年04月23日/浜小清水海岸

先週16日に実施予定でしたが悪天候のため一週間延期にし、本日の開催となりました。
2名の参加者の方と管理人の3名で実施しました。
まず、この調査は海鳥の死体等の漂着物を発見することが第一目的であること、広い砂浜などではジグザグに歩きながら漂着物を捜索すること、疲労すると集中力が削がれて本末転倒のため十分に余力が残る程度の距離を調査ルートとして設定すること、などの注意事項をお話ししてからスタートしました。
お配りした指定の野帳や図面への記入方法をその都度ご説明しながら調査を進めていきました。
浜小清水海岸はゴミも含めた漂着物がとても少なく、海鳥の死体系のものとしてはウミガラス類の初列風切羽(数枚がまとまって抜けているもの)が1点見つかっただけで、ドラム缶などの油関係漂着物も確認されませんでした。
風が強くて難儀する場面もありましたが、参加者が少なかったことが幸となり、漂着している羽から種を推定するポイントなどをご説明したり、毛ガニやクリガニなどの漂着物も発見したりと、ビーチコーミングを楽しむことができました。
調査といっても堅苦しかったり身体・メンタルへの負担が大きいものは長続きしませんので、楽しみながら実施することが大切と思っています。今後調査をされる方は、あまり気負わず、気楽に実施なさって下さい。調査方法など不明な点がありましたら遠慮無くお問い合わせ頂ければと思います。
海岸調査は4-5月の2ヶ月間実施します。お時間があれば、どこか近くの海辺をぜひ歩いてみて下さい。そして観察の結果をご報告下さい。「何も無かった」という情報もとても重要です。よろしくお願い致します。


2016年04月15日

【海岸調査講習会】4月23日に延期します

明日(4月16日)に実施を予定していた海岸調査講習会については、強風と波浪が予想されるため1週間日程をずらし、4月23日(土)に延期することとしました。

以下、あらためてご検討のほど、よろしくお願い致します。

日時:2016年4月23日(土)8:00-12:00(若干早めに終了すると思います)
場所:浜小清水海岸
集合:8:00までに「道の駅はなやか小清水(JR浜小清水駅)」
申込み:不要
参加料:不要
備考:長靴、手袋、帽子、防寒着、筆記用具、A4のクリップボードをご持参下さい。海岸はとにかく風が冷たいので、できる限り暖かい服装でお越し下さい。
ご不明な点は以下アドレスまでお願いいたします。
webmaster@wbsj-okhotsk.org


abura060303 at 16:51|この記事のURLTrackBack(0)

2016年04月14日

【海岸調査講習会】ご注意下さい

4月16日(土)に浜小清水海岸にて実施を予定しております海岸調査講習会ですが、前日の15日深夜まで暴風雪の予報が発表されており、また16日当日も天候は回復するものの、朝のうちは風がかなり強く、波も相当に高いことが予想されます。
当日の状況次第では実施を見合わせる、あるいは実施時間を大幅に短縮する可能性もありますので、参加を予定されている方はご注意下さい。特に、遠方からお越しの場合はせっかく来られても中止、あるいは不十分な内容となってしまう可能性がありますので、今回は無理なさらずに次回以降の参加をお勧めします。
当日の6時に実施の可否を判断して当ブログと情報ブログを更新したいと考えておりますので、よろしくお願い致します。

2016年03月30日

【海岸調査講習会】調査地・集合場所を変更いたします

先にご案内していた、4/16に実施予定の海岸調査講習会について、都合により調査地と集合場所を以下の通り変更することとしました。お間違えの無いよう、よろしくお願い致します。


日時:2016年4月16日(土)8:00-12:00
場所:浜小清水海岸
集合:8:00までに「道の駅はなやか小清水(JR浜小清水駅)」
申込み:不要
参加料:不要
備考:長靴、手袋、帽子、防寒着、筆記用具、A4のクリップボードをご持参下さい。海岸はとにかく風が冷たいので、できる限り暖かい服装でお越し下さい。
ご不明な点は以下アドレスまでお願いいたします。
webmaster@wbsj-okhotsk.org

abura060303 at 11:28|この記事のURLTrackBack(0)

2016年03月06日

【海岸調査2015】報告書アップと2016調査のご案内

昨年も多くの方にご参加頂き、貴重なデータを収集することができました。
報告書も完成し、ホームページにアップ致しました。
以下のページ【海岸調査2016】下段の「各種資料/リンク」より、「北海道一斉海岸調査2015」を選んでダウンロードをお願いいたします。
http://www.wbsj-okhotsk.org/beachcensus/cbs.htm
調査にご参加頂きました皆さまにはこの場をお借りして、心よりお礼申し上げます。

今年も引き続き調査を実施いたします。
調査期間は4月1日〜5月31日の2ヶ月間です。
なるべく海岸の雪や氷が溶けてから調査を実施して下さいますよう、ご協力をお願いいたします。
調査方法等は基本的に従来と変更ありません。
詳しくは、上のリンクから【海岸調査2016】のページをご覧下さい。
調査要領、野帳などもダウンロード可能です。
ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

なお、以下の日程で海岸調査講習会を実施いたします。
ご都合がよろしければ、是非ご参加下さい。

※都合により調査地と集合場所を変更致します。お間違えの無いよう、よろしくお願い致します。

日時:2016年4月16日(土)8:00-12:00
場所:網走市二ツ岩海岸 浜小清水海岸
集合:8:00までに二ツ岩海岸駐車場(旧水族館前) 道の駅はなやか小清水(JR浜小清水駅)
申込み:不要
参加料:不要
備考:長靴、手袋、帽子、防寒着、筆記用具、A4のクリップボードをご持参下さい。海岸はとにかく風が冷たいので、できる限り暖かい服装でお越し下さい。
ご不明な点は以下アドレスまでお願いいたします。
webmaster@wbsj-okhotsk.org

2016年02月22日

【油曝個体情報】160215/根室市納沙布岬/オオセグロカモメ

160215_納沙布_オオセグロ


2016年2月15日、根室市納沙布岬において、オオセグロカモメの油曝個体が1羽確認された。

写真を見ると、体下面を中心に広い範囲が黒褐色の重油様のもので激しく汚染されており、嘴や脚、背にも汚染が見られる。
このほかには汚染個体の情報は今のところ寄せられておらず、原因は不明である。

カモメ類の場合は重度の汚染であっても飛んで移動することが多く、必ずしも個体の発見場所の近くに汚染源があるとは言えない。根室という土地柄、国後島などの北方領土域から渡来した可能性もあると思われる。

情報を寄せて下さった、東京農業大学の白木彩子准教授に御礼申し上げる。


2015年12月17日

【サハリン・ネベリスク油流出事故】第五報

12月9日時点で、座礁船からディーゼル燃料の抜き取りは完了していた模様。ただし、360トン積まれていたとされる重油の抜き取りは今後とのこと。

【ロシアNOW 2015年12月9日 タス通信】「サハリンの座礁船のディーゼル燃料抜き取りが完了」
http://jp.rbth.com/news/2015/12/09/549081

【サハリン・ネベリスク油流出事故】第三報補足

第三報で紹介した記事の前に写真付きのものがアップされていた模様。以下に紹介しておく。

【産経フォト(2015.12.2 21:50)】「油まみれの鳥、ヘリで輸送 ロ極東のタンカー事故」
http://www.sankei.com/photo/story/news/151202/sty1512020017-n1.html

写真からは保護されたヒメウ少なくとも3羽が確認できる。全身が重油と思われるもので汚染されており、深刻な状況であることがわかる。



2015年12月06日

【油曝個体情報】151128/網走市藻琴海岸および道の駅裏/オオセグロカモメ(2羽)

img001 - コピー_1411

img001_1410


2015年11月28日、網走市で油曝したオオセグロカモメ2羽が相次いで記録された。
1羽(上の写真)は同市藻琴の海岸(海鮮市場付近)で、もう1羽(下の写真)は道の駅「流氷街道網走」裏の網走川で記録され、ともに盛んに羽繕いをする行動が観察されたとのこと。

観察記録と写真をお寄せいただいた当支部会員Sさんに御礼申し上げる。




abura060303 at 20:03|この記事のURLTrackBack(0)

2015年12月04日

【サハリン・ネベリスク油流出事故】参考資料

北海道やサハリン周辺の海流については以下のページを参照して頂きたい。

地方独立行政法人 北海道立総合研究機構 水産研究本部
【マリンネット北海道】
「北海道を取り囲む海」