2014年12月

今年最後の作業<切り戻し>

21






今年伸延した主枝を切り戻した。新しく出来た12芽
を残して、延長した主枝を切るのが通常だが、そう
すると来年の作業が大変なので、思い切って7-8
芽のみ残して切り戻した。これでも来年の作業は
今年以上となるだろう。
仮剪定した枝と切り戻しした枝で小山となった。ちょ
っとずつ燃やしていくことにする。
平日は東京での仕事、休みの殆どは姫路に帰って
山での作業で一年があっという間に過ぎた。来年
もこの状態が続くが、あともうひと踏ん張りで楽に
なるので、事故、病気に気をつけて頑張ろう。

新園の草刈

21






新1号園(3号園)の草刈りを行った。案外土は柔らか
い。雑草を生やし放題にされていたからだろう。馬糞
投入で土壌は改良できるとみた。植わっている若木
は芽飛びが多くあり、あまり利用できない。古木と一
緒に切断するか、根付いているので思い切り切り戻し
する手もある。いろいろ作業が増えたが、なんとかなる
と思い、やってみよう。

耕うん(3)と仮植え

CIMG1284CIMG1285






耕うんは終了した。先日調達した苗木の仮植えを
行った。山側に向かって、右からシャインマスカット、
サンヴェルデ、秋鈴、ブラックビート、ピオーネ。
シャインマスカットは一本2等苗ということで、調達を
あきらめ一本のみもらってきた。やはり今年は異常
気象で苗木も上手く出来なかったとのこと。

耕うん(2)

CIMG1283CIMG1279











先輩園主から加西産ゴールデンベリーAより醸造した
ワインをもらった。ぶどうを長野県安曇野のワイナリー
に提供、醸造してもらい、加西で販売している。ロゼ
ワインでしゃれた瓶に詰められている。
今日は、硫安を散布して(48kg+32kg)、再度耕うん
を行った。雨が降ってきたので中断した。明日には
終える予定。

耕うん(1)

21






1号園の耕うんは終了。2号園の半分で作業を終えた。
猪の耕うんで2号園はぼこぼこになっており、耕うん機
がスムーズに進まず難儀した。それにしても2号園の
土は柔らかく、団粒化しており、理想的な土壌になって
いる。来年からは馬糞堆肥の投入は不要だろう。
今週末に硫安散布と残りの耕うんで土づくりは終了す
る。

新1号園

CIMG1268CIMG1267






農地放棄した隣の園。放っておけないので、手を
あげるしかなかった。ベリーAの古木と大粒系の
若木が植えられている。まずは草を刈り、樹の切
断作業から始めるが、今は1,2号園の土づくりで
手が回らず、来月からの作業となる。
今日は、昨日に続いて
・畑のカルシウム(36kg+24kg)
・FTE(4.8kg+3.2kg)
・ライ麦種子(8kg+5kg)
を散布し、1号園の途中まで耕うんした。寒かった。

雨中のヌカ撒き

CIMG1263CIMG1262






朝起きると昨日の雨もあがり、青空が広がっていた。
ヌカ撒きのチャンスと見て、山に行った。乳酸菌を散布
しているときは良かったのだが、アカヌカを撒き始めて
段々と雲行きがあやしくなり、途中から冷たい雨が降り
だした。止めれないので、最後までヌカ撒きを貫徹し
た。1号園180kg、2号園120kgを撒いた。乳酸菌は
ヌカ1kgに40gを混ぜ、1号園に18kg、2号園に12Kg
撒いた。雨水でヌカがクリーム状となり、服に着き、
ヌカ漬けとなった。明日は畑のカルシウム、ライ麦種子
を撒き、耕うんを行うことにする。

都会の海

21






横浜に行った。神戸とは違う雰囲気であった。
海沿いにみなとみらいまで歩いたが、進むにつれ
人工的な様相を帯びてきて、人であふれていた。
水は意外と澄んでおり、次回はもう少し先にある
水族館に行ってみたい。晴れて澄んだ日であった
が、寒かった。

都庁から見る世界

21






都庁の展望ロビーに登った。風が強く展望が良いと
思っていたが、少し煙っていた。恵比寿から家に向
かったが夜の電車の中は人で一杯であった。ぶどう
山のけものが跋扈する景色からは想像のできない
世界である。

増反の薦め

1CIMG1259






隣の園の半分が農地放棄された。会長さんから是非
お願いしますと言われた。美味しいシャインマスカット
やブラックビートがちらちら眼に浮かび増反すること
にした。今から植えても当面は枝を伸ばすだけであり
まあいいかと思った。この冬は増反場所に植わってい
る古い木の切断や土づくりが必要となる。草刈が更に
大変となる。乗用の草刈機が魅力的である。草刈機
まさおという機種がホームセンタームサシに展示され
ていた。これがあれば苦痛の真夏の草刈が楽になる
のだが・・・。今日は2号園に堆肥をピストン輸送し、
表面にばらまいた。大変きつい作業であった。

仮剪定

CIMG1257CIMG1254






東京に居る間に仮剪定を家人にしてもらった。
猪の活動が止まらず、主幹の根元まで掘り返されて
おり、少しでも阻止しようと剪定枝を根元に置いたと
のこと。
今日で1号園の条溝深耕を終えた。明日は2号園に
堆肥をばらまく予定。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

aburachan

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ