2017年12月

馬糞との格闘

PC292495PC292497













PC292499PC292506













余ったぬかにヨーグルトを懸濁させた水をいれ、良く
混ぜて、馬糞に撒いた。乳酸菌により、馬糞の発酵
を促進させる。すぐにぶくぶく泡が出だした。スコップ
で混ぜた。
今年の作業は今日で終わり。新年から剪定を始める。

馬糞(1)

PC282490PC282488













PC282492PC282491













来年用の馬糞を届けてもらった。棚のポールや番線に
錆び防止剤をスプレイしていたらトラックが到着した。
新鮮(?)な馬糞であった。ヌカが余っているので、明日
はヌカを馬糞に混ぜ、ヨーグルト(乳酸菌)も一緒に入れ
ることにする。あと2回、今回は合計6トンの馬糞を調達
する。

作業も一段落

PC252486PC252485





作業も一段落したので、福崎で昼をとってから、ぶどう
仲間が今年から開園したイチゴ農園を訪問した。
立派な施設であった。
ぶどうとは違い、結実のサイクルが短いので、人手を
要すると思った。

耕運機の弱点

PC232484PC232483











施肥、耕うんを終えた。耕運機がヌカで白くなった。
この耕運機、爪が短く、土をかじけない。
そのため鍬で土を耕起したが、これが大きな労力
となった。
・村の耕運機をかりる
・爪の長い小型耕運機を導入する
の二択で来シーズンまで考えることにした。

3号園の肥料/土壌改良剤と施肥量/播種量を記してお
く(10a当たり)。
 赤ぬか      45㎏
 ニュー太陽   120㎏
 阿寒の恵     100㎏
 FTE          6㎏
 Lactobacillus  0.5kg
 ライ麦種子     4㎏
その他下半分の園にバーク堆肥350㎏を投入した


新しい肥料

PC222482PC222481











鹿児島から調達した肥料。ちょっと臭うな。レベル5
を我慢できない最強臭気とするとレベル4かな。おそ
らく鶏糞を発酵させたものだろう。辛抱はできるが、
撒くときの服装を考えないといけない。3号園に撒いた。
1号園の肥料/土壌改良剤と施肥量/播種量を期しておく
(10a当たり)
 赤ぬか      150㎏
 硫安         40㎏
 畑のCa                30㎏
 ケイ酸カリ      40㎏
 熔リン        33㎏
 FTE          6㎏
 アヅミン       40㎏
 Lactobacillus   0.5kg
 ライ麦種子      4㎏

耕起終了

PC212480PC212478






3号園の樹の周りの耕起を終えた。明日、肥料を撒く。
ここには基幹肥料として、「ニュー太陽」を初めて使う。
それに土壌改良とCa、微量元素、ケイ酸補給の目的
で「阿寒の恵み」というものを試用する。

人力耕起

PC202477PC202475











施肥最後の3号園の耕起を鍬で行っている。肩が痛く、
息もあがる。樹の周り直径5~7m程度を鍬で耕起する。
一つの樹で300回程度。今日は16本の樹の周囲を耕起
した。5000回程度鍬を振り上げたことになる。隣の園では
共同使用できる中型耕運機で耕うんされていた。パワー
があり、短時間で土を掘り起こしていた。
当面は人力で行うが、体力がなくなったら、この耕うん
機を拝借するのも一考である。
耕起は明日で終了、施肥も終わりが見えてきた。

牛ちゃんパワー

PC182471PC182472











馬糞堆肥投入できなかったところに、JAより調達した堆肥を
撒いた。JAの女性に「牛ちゃんパワー頂戴」と言うのに抵抗
があった。
1号園に全ての肥料を撒き終わったので、明日は耕運機を
走らせる。




久しぶりに福崎へ

PB282415PB282418





PB282417PB282416





福崎のもち麦の館周辺。以前とは様変わりした風景と
なっており、ちょっとした観光地となっている。40年ほ
ど前に新人で赴任した当時はグランドだけの殺風景
なところで、ソフトボール大会を行ったことを思い出す。
このグランドを見れば、40年前のことを思い出す。
様々なことがあり、ジプシーのように勤務地を巡ったが、
何とか無事に生き延びれ、再び播磨の地で、第一次産
業に勤しめたことは良かったと改めて思った。

今年も植えた

PC162450PC162454





PC162462PC162469













新苗を岡山まで調達しにいき、その足で直ぐに植え
に行った。サンヴェルデ、クインニーナ他2本の計4本
である。
既存の6品種に加え、来年は竜宝を結実できる。
シャインマスカットの増産は再来年からで、その他、
10品種が植わっている。合計17品種、これが全て
収穫できるようになれば嬉しいな。
































2号園の施肥

PC142444PC142443





2号園の施肥・耕うんを終えた。次は1号園。樹の周り
直径4mをまづは耕起することにした。全園耕起はや
めた。
2号園の施肥をここに記録しておく(10a当たり)
赤ぬか     150㎏
硫安       40㎏
畑のCa     30㎏
ケイ酸カリ    40㎏
ようリン      40㎏
FTE        6㎏
アヅミン     40㎏
Lactobacillus 0.5㎏
ライ麦種子    4㎏
 

耕うん

PC132442PC132441













池の全面が凍る寒い朝であった。鍬で耕起した2号園
に残る肥料を撒いた後、耕運機を走らせた。鍬での
耕起がとても重労働である。これ3反全部するの?
ちょっと躊躇する。

散々な一日

1






アヅミンを撒いた(2㎏/樹:40㎏/反)。風が強く
寒く、舞い上がった黒いアヅミンが眼に入り、涙を
流しながら、顔も黒くなり、最悪のコンディション
であった。その後、鍬で土を起こした。重労働で
手にも水ぶくれができて、2号園の半分でギブアッ
プとなった。身体が冷えたので、プールで泳ぎ身体
を温めた。明日は休んで、大阪行きである。

1年半

浜松町











先週末に上京した際の浜松町。
新しい貿易センタービルが出来つつ
あった。ここを去って1年半、農作業を
している間に、驚くほどのスピードで工
事が進行していた。地方都市では考え
られないことである。

施肥

PC082436PC082440





PC082439PC082438





肥料散布を開始した(2号園)。
①まづ硫安 2㎏/本を散布
②ヌカ15㎏にFTE630g、ライ麦種子430g、ラクトバチルス53g
  を入れ、良く混ぜて、これを2本の樹の周辺に散布
今日は途中で雨も降らず、糠漬けにはならなかったが、黒い
ジャンバーがヌカで白くなった。
3-4日おいて次は③ケイ酸カリ④ようリン⑤畑のカルシウム
を散布する。

運搬車活躍

PC072433PC072430





仮剪定した枝を焼却した。焼却場と葡萄園を往復して
剪定枝を運び燃やした。燃え始めると早いが、着火
するのに苦労をする。次に残っている堆肥を運搬車で
2号園に運び込み表面に撒いた。結構な運動量で、顔
は寒いが、身体が温もった。

仮剪定終了

21











仮剪定を終えた。明日は剪定枝を焼却する。
近くの長駅のグッズが益々強力になっていた。

仮剪定

PC052427PC052425





仮剪定を開始した。1号園を終え、明日は2号園を
行う。これが終わると、葡萄園の中を動きやすくな
るので、施肥を始める。
今週中に肥料を配合して、今週末から週明けに
かけ播種する予定。
北風が強く、大変寒い日であった。

バーク堆肥

21











43











生野の堆肥センターからバーク堆肥を調達してきた。
340㎏を3号園の下半分に撒いた。肥料とともにすき
こむことにした。
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

aburachan

タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ