P00_8809
アルター 西木野真姫のレビューです。
P00_8665P00_8670
全身。真姫は先に水着版が出てましたが今回はスクフェスからの立体化でゲーム内の怪談編の衣装とポーズに。
P00_8677P00_8680
フリルやリボンの精密さはいつも通りですが今回はベールやグローブ、ストッキングなど網が多いのが特徴。
P00_8686P00_8691
ポーズはこのシリーズに多い片足立ちで躍動感のある雰囲気に。
P00_8702
顔。アルターらしく出来に関しては完璧。今回は元イラスト以上に可愛く仕上がってる印象。
P00_8698P00_8693
アイプリや唇の塗装などはスケールフィギュアならではの精密さで髪造形も非常にシャープでした。
P00_8709
ベールは別パーツなので取り外し可能。帽子がマグネット形式なので落ちる心配も無し。
P00_8716P00_8713
ベールは外した状態でも髪型など違和感なく髪色もイメージ通りでした。
P00_8721
各部位など。腕や足の網は塗装ですが本物のようなリアルさ。他の部分もクリアパーツが使われるなど凝った作りに。
P00_8725
所々にあるバラの飾りなんかも非常に精密。各部の塗装も寸分の狂いもない正確さでした。
P00_8727
腰回り。スカートもフリルやしわ造形など元イラスト以上に細かく再現されてる印象。
P00_8735
後ろ。
P00_8737
質感も本物の布に見えるリアルさに。
P00_8731
お尻はかなり肉感的な造形に。今回は衣装が目玉な感はありますがこういう部分も手抜きなし。
P00_8739
脚部も網のストッキングやブーツなど非常に情報量が多め。
P00_8745
イラストでは隠れてる部分ですがブーツや銀の靴などこの辺もかなり凝った仕上がりに。
P00_8755
ベールはプラ素材で再現。
P00_8753
外した状態。背中はクリアパーツで肌が透ける作りに。
P00_8757
跳ねたベルトは軟質素材。
P00_8765
台座はシリーズ共通のデザイン。今回は少し小さめでした。
P00_8768
事前には情報なかった気がしますがランタンには点灯ギミックが仕込まれており、
P00_8769
底の部分に電池(SR521SW×2)を入れてLEDライトをはめることで点灯させることが。
P00_8771P00_8775
光らせた状態。ただスイッチはなくONOFFは電池の付け外しでしか出来ないのがちょっと残念でした。
P00_8846
照明を落とすとこんな感じに。顔を明るくするほどの光量は無し。
P00_8762
特に仲が良いイメージがあるにこと。スケールは同じですがスクフェスシリーズは衣装がバラバラなので統一感はそれなり。
P00_8781
適当に何枚か。
P00_8797

P00_8811

P00_8788

P00_8837

P00_8791

P00_8831

P00_8809

P00_8825
終わり。以上、アルター 西木野真姫のレビューでした。

このシリーズではいつものことですが衣装が物凄く手の込んだ作りになっておりフリルや装飾、網目の再現など非常にリアルで顔も元イラスト以上に可愛く仕上がっておりあらゆる面で完璧と言っていい出来でした。
小さすぎるからかスイッチがなかった点は惜しかったですが、ランタンの点灯ギミックなんかも細部までとことんこだわってる感じで面白かったです。
アルターのスクフェスシリーズもこれでようやく半分は超えここまでどれも特別出来が良かったので残りの4人にも期待です。




アルター ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 西木野真姫

アルター ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 小泉花陽

ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル 園田海未(あみあみ)