鳩山由紀夫首相は17日午後、神戸市中央区にある財団法人運営の先端医療センターを視察した。脳血管内治療の最新技術などを扱う研究所で医師の説明に熱心に耳を傾けた後、首相は記者団に「命を再生させる技術を展開していることに大きな希望を感じた。本当はこういう話、好きだから、ずっと(視察して)いたいなという思いがあった」とコメント。理系出身らしく、研究開発分野への関心の強さを示した。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
鳩山首相「きずなが最大の復興理由」=阪神大震災
名護市長選、普天間に影響も=鳩山首相
「闘って」発言、不適切ではない=検察批判は否定
日米安保クロニクル

政教分離訴訟 原告笑顔で会見 「地域の施設」困惑も(毎日新聞)
派遣村 閉所 利用者の自立への道本格化へ(毎日新聞)
「腹腔鏡下根治的膀胱全摘除術」を承認―先進医療専門家会議(医療介護CBニュース)
絵筆が癒やす伴侶の死 震災乗り越え、脳性まひの女性が個展(産経新聞)
5千万円授受の翌営業日、陸山会口座に同額入金(読売新聞)