マサイキリンの雄の赤ちゃんが先月、静岡市立日本平動物園で生まれた。体高190センチ超の「大きな赤ちゃん」は飼育員からミルクをもらって、元気に育っている。名前はこれから公募する予定。10日からキリン舎内の赤ちゃんの「寝室」も一般公開する。

【写真特集】動物の赤ちゃんがいっぱい 毎日動物園

 マサイキリンは東アフリカの草原地帯に生息し、雄は体高約5メートルに成長する。同動物園によると、生まれたのは母親リンの妊娠470日目にあたる1月20日午後8時ごろ。約30分後には自力で立ち上がった。生まれてすぐの体高は182センチで、体重は72キロ。リンがうまく母乳を与えられなかったため、人工保育している。【望月和美】

【関連ニュース】
【動物の赤ちゃん】パンダ:淡い茶色をした野生の赤ちゃん発見 中国で
【動物の赤ちゃん】白いトラ:五つ子の赤ちゃん…チリの動物園で誕生
【動物の赤ちゃん】オットセイの赤ちゃんを輸送 宮城県の水族館
赤ちゃんの名前:男の子1位は4年連続で大翔 女の子は凛

「普天間が今のまま…」岡田外相が可能性言及(産経新聞)
「政治主導確立法案」決定、国会に提出(読売新聞)
【中医協】DPC新係数の評価、原則4月開始(医療介護CBニュース)
呼吸器チューブ外れ、入院の70代女性死亡(読売新聞)
<NHK>「のど自慢」司会に松本和也アナ(毎日新聞)