龍谷大(京都市伏見区)は17日、他大学の女子大学院生にセクハラ行為をしたとして、文学部の60歳代の男性教授を16日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。

 発表によると、教授は2007年4月、他大学の研究会で大学院生と知り合い、同年7月から2008年11月までの間に複数回、性的関係を強要したという。大学院生が被害を申し立てて発覚。教授は大学側の調査に、「恋愛関係にあり、合意の上だった」と主張しているという。

 西垣泰幸・副学長は「セクハラ行為防止のための啓発や研修を強化したい」と話している。

<公務員制度>次官~部長「同格」に 政府方針(毎日新聞)
<五輪フィギュア>高橋、底力出し切る 万感、顔おおい(毎日新聞)
核軍縮で共同宣言へ=「非保有国には使用禁止」-日豪(時事通信)
府中・信金職員刺殺、発生から5年 遺族らが情報提供呼びかけ(産経新聞)
診療報酬、病院を重視=勤務医対策手厚く-10年度改定案・中医協(時事通信)