環境省は20日、新潟県佐渡市で放鳥されたトキのつがい1組が新たに産卵している可能性が高いと発表した。これまでにこの1組を含め3組が巣作りをしている。別の1組は卵が確認されており、この週末にひなが誕生する可能性がある。

 新たに抱卵しているとみられるのは3歳の雄と1歳の雌。ただ、約250メートル離れた場所から観察しているため、卵は確認されていない。

 抱卵していた別のペアは4個の卵を産んでいるとみられ、早ければ24日にもひなが誕生するという。

【関連記事】
愛のキス トキ、さらに1組擬交尾
放鳥トキが初の産卵か 佐渡、ひな誕生へ期待
佐渡で産卵のトキ 抱卵を中断
順化ケージ内でテン1匹捕獲 トキ9羽襲撃か
鳥のミイラ、2千年前のトキと判明 京都大総合博物館

5613匹 春風に泳ぐ 「世界一こいのぼりの里まつり」(産経新聞)
触った相手は女性警察官=電車内、容疑で43歳男逮捕-警視庁(時事通信)
部下への指示、改めて否定=村木元局長、涙ぐむ場面も-郵便不正事件・大阪地裁(時事通信)
住宅トラブル 未然の防止策 「大丈夫」繰り返すメーカーは要注意(産経新聞)
<石原都知事>新党の発起人に 手詰まりの都政に嫌気?(毎日新聞)