鳩山首相は24日午前、沖縄県の米軍普天間飛行場の移設先を米軍キャンプ・シュワブのある同県名護市辺野古周辺とする方針を正式表明したことについて、「辺野古ということだが、現行案ではない。住民の安全はもちろん、環境面には徹底的に配慮する新しい形を何としても作り上げる」と述べた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。

 首相が「最低でも県外」としてきた自らの主張を覆したことについては、「批判は甘んじて受ける。ただ、朝鮮半島、アジアの情勢を考えた時に日米関係をしっかりとした信頼関係の上に乗せることが何よりも大事だと判断した」と述べ、理解を求めた。さらに「丁寧に説明して、国民、特に沖縄の皆さんのご理解を得たい」と語った。

証券業協会、暴力団データベースを構築 警察庁が情報提供 (産経新聞)
政府が韓国大統領談話を受け午後に安保会議(産経新聞)
裏付け不十分で謝罪=「農水相が海外出張でゴルフ」報道―TBS(時事通信)
真夏日 群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
「極刑に」 大阪・梅田のひきずりひき逃げ事件公判で遺族陳述(産経新聞)