専門看護師の在り方などで議論-文科省検討会(医療介護CBニュース)

 文部科学省は5月20日、「大学における看護系人材養成の在り方に関する検討会」(座長=中山洋子・福島県立医科大看護学部教授)を開き、大学院での看護系人材養成について東京女子医科大看護学部長の田中美恵子氏ら4人からヒアリングを行った。

 この日は田中氏のほか、村嶋幸代委員(東大医学系研究科教授)、名大の山内豊明教授、神戸大の川嶋太津夫教授からヒアリングした。
 日本看護系大学協議会で専門看護師教育課程認定委員会の委員長も務める田中氏は、日本看護協会が認定する「専門看護師」(CNS)について説明。田中氏によると、今年3月現在、CNS教育課程を持つ大学は60大学、専門看護分野は154課程。登録されているCNSの数は451人だという。田中氏は教育課程認定制度の課題として、運用面での問題などから第三者の認定機関設立の必要性を指摘した。
 また、山内氏は米国の看護大学院教育の現状を説明。かつては非常に多かった米国のCNSの数が、現在は頭打ちの状況になる一方、ナースプラクティショナー(NP)が非常に増えていると指摘した。

 意見交換では、藤川謙二委員(日本医師会常任理事)が、「ある一定のところで品質価値を保つことが求められているのが、日本の看護制度のいいところだと思う」と述べた。その上で、「そろそろ看護界も誇りを持って、外国の制度の物まねをする時代は卒業し、もっと日本の素晴らしさを出してほしい」と期待感を示した。
 松尾清一委員(名大医学部附属病院長)は、大学院の教育を経た人だけがCNSとして認定されることについて、「これでは養成が少なくなる。このような条件の下で確保できるのか」と問題提起。これに関連して富野康日己委員(順天堂大医学部長)も、「社会人入学の門戸を広げておくことは必要だと思う」と述べた。
 これに対して田中氏は、多くの大学で社会人を受け入れているとした上で、「さらに工夫する余地があると思う」との認識を示した。

 次回会合は6月24日に開かれ、看護系大学へのモデル・コア・カリキュラムの導入について調査している研究班から進ちょく状況の報告を受ける。


【関連記事】
大学院の助産教育などでヒアリング―文科省検討会
6月までに2つのWG設置―チーム医療推進会議が初会合
「高度専門看護師」の創設を提案―看護大協議会が声明
23項目の看護系大コア・カリ案
会員病院の過半数がNP導入に賛成―日本病院会

<小沢氏>特捜再聴取 元秘書らの供述確認中心に50問(毎日新聞)
宮崎の養豚農家、総合対策受け入れ(読売新聞)
少年事件に地域ぐるみ対策=足立区、舞の海さんら訴え―警視庁(時事通信)
口蹄疫ワクチン接種 農水相発言、遅れの一因 「補償額」に地元不信感(産経新聞)
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業

万能川柳 強運者の集い 170人参加し大阪で開催(毎日新聞)

 毎日新聞朝刊の人気コーナー「仲畑流万能川柳」の09年年間大賞表彰式とファンの交流会を兼ねた「第15回万能川柳強運者の集い」が15日、大阪市北区の毎日新聞大阪本社オーバルホールであり、全国から約170人が参加した。

 表彰式では「何もない山頂にある達成感」の句で大賞に選ばれた埼玉県久喜市の医師、宮本佳則さん(58)、準大賞の茨城県笠間市の高橋済(わたる)さん(68)=柳名・寒風わたる=ら5人に、選者の仲畑貴志さんや斉藤善也・毎日新聞大阪本社編集局長から表彰状が贈られた。宮本さんは「大賞が決まって(仲間から)経験がないほどの祝福を受けました」と喜びを語った。史上2人目の殿堂入りを果たした相模原市のコピーライター、水野武史さん(44)=柳名・水野タケシ=も表彰された。

 他の受賞者(特別賞)は次の皆さん。兵庫県宝塚市の澤井隆さん(66)=柳名・澤井隆泣▽岡山市北区の洋菓子店経営、伏見健一郎さん(50)=柳名・巴里雀▽静岡県富士宮市の甲斐正博さん(69)=柳名・怪物王子

橋本元首相が草葉の陰で泣いている 鳩山首相の普天間対応(産経新聞)
<小沢幹事長>政倫審出席へ…会見で表明(毎日新聞)
【舞台はここに】五木寛之「親鸞」 京都・六角堂(産経新聞)
<津波ハザードマップ>沿岸自治体の半数、未策定(毎日新聞)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)

大阪女性遺体 被害者30歳? 腹部に妊娠線(毎日新聞)

 大阪府高槻市の淀川の堤防斜面でポリ袋に入った女性の遺体が見つかった事件で、女性の腹部に妊娠線があり年齢は30歳ぐらいとみられることが府警高槻署捜査本部への取材で分かった。司法解剖の結果、女性の死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死で、28日に絞殺されたと推定できるという。一方、28日深夜に現場付近でポリ袋を目撃していた人がいることが分かった。28日夕方までの目撃情報はなく、府警高槻署捜査本部は、遺体は28日夜に遺棄された可能性が高いとみている。

【関連記事】女性遺体:首絞められたような跡 大阪・高槻の堤防

 捜査本部によると、女性は死亡時には妊娠しておらず、過去に妊娠した経験があるとみられる。胃には消化途中の野菜片が残っていて、アルコール反応はなかった。死亡推定時期は28日だった。

 一方、捜査関係者によると付近の男性が府警に「28日午後11時ごろ、現場でポリ袋を見た」と証言。28日午後4時ごろ、付近を通った別の男性は「ポリ袋はなかった」としているという。袋には小さな傷が複数あり、捜査本部は遺体が28日夜、約10メートル上の堤防の道路から遺棄された可能性が高いとみている。

【関連ニュース】
大阪・高槻のポリ袋遺体:遺棄、発見前夜か 夕方「ポリ袋なし」
福岡切断遺体:換金の男「時計は拾った」
行方不明:小1男児、遺体発見 願いかなわず 校長「入学直後なのに」 /高知
水死:28日不明の小1遺体?誤って転落か 高知・国分川
変死:遺体で発見の女性、病死と判明 京都のホテル

箱根・彫刻の森美術館、来館者3千万人達成(産経新聞)
九州新幹線「さくら」新型車両試運転本格化(読売新聞)
愛知女子高生殺害 発生から2年 県警は不審者掘り起こし(毎日新聞)
「最低でも県外」党の考えではない…首相(読売新聞)
【集う】「日本神話の心」伝承の会(産経新聞)
記事検索
リンク
リンク
リンク
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ