京都市で2007年1月、京都精華大マンガ学部1年千葉大作さん=当時(20)=が路上で刺殺された事件は、15日で発生から3年となった。母淳子さん(50)と同大学生、京都府警下鴨署捜査本部の捜査員らが現場など2カ所で、事件に関するマンガ冊子や情報提供を呼び掛けるポケットティッシュを配布した。
 淳子さんは「皆さんの情報が頼りです。よろしくお願いします」と話した。
 捜査本部によると、犯人は20~30歳、身長170~180センチのやせ形の男。事件は警察庁の公的懸賞金の対象に指定されている。 

【関連ニュース】
荷役業者殺害で懲役17年=裁判員「裁判官だけなら15年かも」
長男刺殺、二審も懲役6年=裁判員裁判「判断正当」
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕
2人殺害、男を再度不起訴へ=心神喪失、地裁が強制入院決定
金川被告の死刑確定へ=控訴取り下げ、土浦連続殺傷

年間売上高4割を受注=収入減恐れ市長に工作か-贈賄申し込み、山梨県警・警視庁(時事通信)
【揺らぐ沖縄】与野党なぜ「傍観」 移設先困った民主/ねじれに悩む自民(産経新聞)
<寒気>九州・山口全域で雪 交通に乱れ(毎日新聞)
ワカサギ釣り 家族連れらでにぎわう 北海道しのつ湖(毎日新聞)
キティの振興券、浅草商店連合会が発売(読売新聞)