航空機の座席を製造している小糸工業が検査記録を偽造していた問題について、前原誠司国土交通相は9日の閣議後会見で「世界を相手にしている日本企業が安全や品質にかかわることでデータを改竄(かいざん)するのは恥ずべきこと。厳しい社会的制裁を受けるべきだ」と強く批判した。

 小糸工業は、組織ぐるみで航空機座席の製造過程で耐火性や強度などのデータの改竄や捏造(ねつぞう)を繰り返し、世界の航空会社32社に15万座席を供給した。

 国交省は小糸工業に業務改善勧告を出したが、前原国交相は、「意図的にデータを改竄するのは許されない。極めて悪質だ」と指摘。今後、国交省として厳しく対応する考えを示した。

【関連記事】
航空機座席で不正 小糸工業に業務改善勧告
世界一重い航空機「ムリーヤ」 日本初のお目見え!
デルタ航空機の主脚格納庫に黒人男性の遺体 成田空港
航空機内トイレで紙燃やし男女2人拘束 中国新疆
英で気温変動データ改ざん疑惑 世界中に波紋

民主小林氏の元選対幹部に有罪=公選法違反罪-札幌地裁(時事通信)
<中国>農地が急速に酸性化…温暖化加速を警告 米中チーム(毎日新聞)
石川議員、離党が望ましいと仙谷行政刷新相(読売新聞)
秘書の罪は議員の罪?加藤紘一氏の“逆襲”に首相しどろもどろ(産経新聞)
公明代表「民主党も自浄作用を」 石川議員の辞職勧告決議案の採決を求める(産経新聞)