新潟地方気象台は22日、北陸地方で午前に「春一番」を観測したと発表した。11日の九州南部・奄美地方に次ぐ観測で、昨年より9日遅い。気象庁によると、福井県小浜市で15.6度を記録するなど北陸各地で最高気温が10度を超え、3月下旬から4月上旬並みの陽気となった。

 気象庁によると、春一番は立春以降の気温が上がった日に吹く、風速10メートル程度以上の南寄りの風を指す。22日は日本海北部にある低気圧に向かって南から暖かい風が吹き込んだ。最大風速は金沢市で11.6メートルを観測するなど石川、富山県の各地で10メートルを超えた。

 北陸では23日以降も晴れて気温が上がる見込みで、同気象台は雪崩に注意を呼び掛けている。

【関連ニュース】
雪崩:ホテルのロビーに流れ込み2人けが 長野・志賀高原
大雪と強風:新潟で車立ち往生など市民生活に大きな影響
雪:関東甲信で降雪 都心でも2度目の積雪
無人観測所:気象学者が私財投じて周辺整備 岡山・津山
春の陽気:都心で21度 3地点で2月観測史上最高を更新

<介助犬>役割や現状訴えるパネル展始まる 東京・千代田区(毎日新聞)
<枝野担当相>独法「国移管あり得る」(毎日新聞)
移転せず再整備を=反対派グループが提案-築地市場問題(時事通信)
追悼のろうそく1762本 JR脱線事故から5年(産経新聞)
雑居ビル9割超が違反=調理室の清掃不十分も-東京消防庁(時事通信)