鳩山由紀夫首相は30日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題で、3月中にまとめる方針だった移設先の政府案について「1日、2日、数日ずれることが何も大きな話ではなく、大事なことは5月にしっかりとした案を理解いただくことだ」と述べた。首相公邸前で記者団の質問に答えた。

 首相はこれまで、3月中に移設先の政府案を一本化すると明言していた。しかし、29日に「今月中じゃなきゃならないと法的にきまっているわけじゃない」とし、発言を大きく後退させた。政府は対米交渉、地元・沖縄との調整を本格化させたばかり。首相の発言の迷走は、今後の交渉に大きく影響しそうだ。

【関連記事】
「県外移設」固執の甘さ 期限目前に“閣”分裂
「イロハのイもわきまえない」首相の普天間発言で自民・大島氏
首相またまた開き直り 普天間期限「法的に決まってない」
大丈夫? 鳩山首相「新たなスタート」直後のバカンス
首相のメンツ立てる奇策 普天間「2段階移設案」提示

<阿久根市>市職労が庁舎敷地から退去へ(毎日新聞)
普天間移設で首相「政府案は月内に一つに」(読売新聞)
[新製品]米Intel、6コアCPU「Core i7-980X Extreme Edition」を発売開始
EPA看護師 国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
中国毒ギョーザ 天洋食品元従業員を逮捕 待遇に不満か(毎日新聞)