87年の国鉄分割・民営化の際、労働組合の組合員がJRに採用されなかった問題で、前原誠司・国土交通相は19日の記者会見で、与党3党が解決に向けて動き始めていることを明らかにした。

 前原国交相は「長年解決していない問題だ。闘ってこられた方も高齢となり、亡くなった方もいる。一日も早い解決が望ましいとは考えている」と述べたうえで、「何らかの要請、要望があれば対処したい」と話した。

 この問題は、国鉄労働組合(国労)所属などを理由に、北海道や九州の組合員ら1047人がJRに不採用となり、解雇無効を求める訴訟が続いている。

【関連ニュース】
八ッ場ダム:24日に会合 前原国交相と地元
日本航空:前原国交相「更生法」を提示 銀行側応じる意向
前原国交相:「国民新、社民に引っ張られている」と発言
羽田空港:新幹線乗り入れ 前原国交相がJR東海に打診
高速道路無料化:社会実験 曜日限定せず…前原国交相

6時間監禁し、テレビなど奪った男2人を逮捕 栃木・小山署(産経新聞)
平泉と小笠原諸島、世界遺産推薦を決定…政府(読売新聞)
「借りたカネは返すな!」著者ら脱税指南容疑(読売新聞)
北への制裁解除「認められない」 日韓外相一致(産経新聞)
上野の路上でタンク落下 液体浴び3人病院搬送 過酸化水素水か(産経新聞)