国民生活センターは17日、ハンドル支柱をレバー操作で固定するタイプの折りたたみ自転車5製品について、走行中にハンドルが抜ける危険性があると公表した。千葉県の男性が昨年9月、ハンドルが外れて転倒し右肩を骨折した事故があり、同タイプの製品をテストして構造的欠陥と判断した。

 5製品はスポーツタイプの折りたたみ自転車(26インチ)で、▽タイセー▽国際貿易関西▽阪和▽ビーズ--の4社が販売。ハンドル支柱を最も下げた場合に差し込み先との接触面積が減り、繰り返し左右に回転すると、緩んで抜ける恐れがあった。レバーでなく工具で支柱を固定する方式の自転車であれば、外れる恐れはほとんどないという。

【関連ニュース】
国民生活センター:がん入院保険金不払いで約款改善求める
安心・安全ナビ:太陽光発電装置の訪問販売でトラブルが相次いでいます。
がん保険:手術前入院、保険金支払われず 約款あいまい

工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる-詐欺容疑で3人逮捕・警視庁(時事通信)
<鳩山首相>夫婦別姓制度「基本的には賛成」(毎日新聞)
陸自、ハイチで活動開始…宿営地外で整地作業(読売新聞)
<ドクターヘリ>医師の養成支援…NPOが4月に基金創設(毎日新聞)
日弁連、前橋刑務所に条約内容告知の徹底求める勧告(産経新聞)