鳩山首相は沖縄県宜野湾市で開いた4日の住民との対話集会で、沖縄の基地負担の軽減について、「オバマ大統領として、あるいは米国がどこまで理解しているか、まだ判断がつかない」と発言した。

 「『沖縄の負担を軽減させるために協力してもらいたい』と(米側に)言ってきた」と強調した後に飛び出した。米側の沖縄に対する取り組みに疑念を呈したとも受け取られかねず、今後波紋を呼ぶ可能性がある。

<連合>小沢氏との蜜月関係に変化 微妙な距離感 (毎日新聞)
<築地市場>マグロ競り場見学1日140人 5月10日再開(毎日新聞)
鳩山首相「世界で最も影響力ある100人」に(読売新聞)
私立高中退率は0.09%=学費貸し付けで改善-全国私教連(時事通信)
首相、国の責任認め謝罪…水俣病慰霊式(読売新聞)