住宅リフォーム会社「ペイントハウス」(現ティエムシー、事業停止)の再生に絡み、見せ金増資で市場にうその情報を公表したとして、証券取引法違反(偽計取引)罪に問われた投資顧問会社「ソブリンアセットマネジメントジャパン」社長阪中彰夫被告(58)について、東京地裁は18日、懲役2年6月、執行猶予4年、罰金400万円、追徴金約3億円(求刑懲役2年6月、罰金500万円、追徴金約9億6000万円)の判決を言い渡した。
 藤井敏明裁判長は「会社情報の適時開示制度を悪用し、公正で自由な証券市場に脅威を与えたが、相応の社会的制裁を受けた」と述べた。追徴金については、新株の売却代金から取得費用などを減額した。 

【関連ニュース】
国内商品連動型投信を上場=初値下回り取引終了
ニイウスコー元会長ら逮捕=架空売り上げで虚偽報告
ニイウスコー元会長を逮捕へ=売上高計上で虚偽記載容疑
元会長ら近く強制捜査=ニイウスコー粉飾決算-200億過大計上か・横浜地検
SBI証券に処分勧告=システム管理不備で

福島県、プルサーマル計画受け入れへ(読売新聞)
「出る台」教え特別背任容疑…パチスロ店元幹部(読売新聞)
<窃盗>巨人選手が車上荒らし被害…容疑者逮捕 神奈川県警(毎日新聞)
JR宇都宮線で運転見合わせ、千人が車内に(読売新聞)
<NHK大河ドラマ>来年の主役に上野樹里さん (毎日新聞)