ピュアオーディオ・ホームシアター専門店『AC2 オーディオギャラリー』です。


<DS AUDIO  Grand Master  DEMO>


完全新設計の第3世代型

光カートリッジ

dsgm_14








「Grand Master」

価格:1,200,000円(税別)

dsgm_15





Grand Masterカートリッジは、

第2世代の振動系(DS Master1、DS-W2、DS002、DS-E1)とは異なる、

完全新設計の第3世代の

光カートリッジとなっております。

dsgm_13








dsgm_6





音楽信号を検出するための

内部のLED及びフォトディテクターを

左右のチャンネル各々独立に設置することで

光学系の位置が最適化され

カートリッジの出力が

40mVから70mVと大きく増加しました。


ノイズ量が変わらないまま

出力が大きく増加したことで

カートリッジのS/N比が大きく向上し、

バックグラウンドがより一層静かになりました。


dsgm_7







また、左右独立設計の光学系になったことで、

逆チャンネルの影響を完全に排除できるようになり

左右のチャンネルセパレーションが

大きく向上しております。

(特に高域セパレーションは10dB上向上)
 
dsgm_11









 
左右独立のLEDになったことで

光学系の位置が最適化され

遮光板のサイズが大幅に減少しました。


dsgm_8





また、サイズの減少だけでなく

遮光板の素材が

第2世代で使用されているアルミニウムから

純度99.9%の無垢ベリリウムの遮光板に変更されたことで

遮光板の質量が 第2世代振動系と比較し、

1.56mgから0.74mgと

50%以上の軽量化に成功しました。


dsgm_9







これは、一般的なMCカートリッジの

鉄心とコイルの質量の1/10以下の質量となり

実効質量が低いという光カートリッジのメリットを

より最大限に高める設計となっております。
 

dsgm_12







Grand Masterカートリッジは、

DS AUDIO製品初となる

ダイヤモンドカンチレバーに

マイクロリッジ針の組み合わせとなっております。

dsgm_10







カートリッジベース部を

一体加工することで剛性を高め、

内部の配線は第2世代振動系の線材よりも

1.6倍太い線線で配線することで

インピーダンスを低減させております。



 <Grand Master カートリッジ 仕様>

 
発電方式:光電型

チャンネルセパレーション:27dB

出力電圧:70mV(カートリッジ出力)

カンチレバー:ダイヤモンド

ボディ材:超々ジュラルミン

針圧:2.0g~2.2g(推奨2.1g)

針先:マイクロリッジ針

質量:7.7g
 





DS AUDIO

光カートリッジ

エントリーモデル

dse1_3





 「DS-E1」

価格:100,000円(税別)

展示・体験試聴中!


 <DS-E1 カートリッジ 仕様>


発電方式:光電型

チャンネルセパレーション:24dB

出力電圧:500mV以上(イコライザー出力)

カンチレバー:アルミ

ボディ材:アルミ削り出し

針圧:1.6g~1.8g(適正1.7g)

針先:楕円

質量:8.1g



 dse1e_2




「DS-E1 イコライザー」

価格:100,000円(税別)

展示・体験試聴中!



 <DS-E1 イコライザー 仕様>


定格出力電圧:500mV(1kHz)

出力インピーダンス:120Ω

入力端子:RCA端子

出力端子:RCA端子(2出力をスイッチにて切り替え)

寸法:W200×H70×D160mm

質量:1.4kg




dsw2






 「DS-W2」

価格:400,000円(税別)

展示・体験試聴中!


 <DS-W2 カートリッジ 仕様>


発電方式:光電型

チャンネルセパレーション:25dB以上(1kHz)

出力電圧:500mV以上(イコライザー出力)

カンチレバー:ボロン

ボディ材:アルミ削り出し

針圧:1.6g~1.8g(適正1.7g)

針先:マイクロリッジ針

質量:8.1g





 dsw2_5





 

MM型、MC型カートリッジと、

光カートリッジの違いとは?

 


1:磁気からの解放による情報の高鮮度化

 
光カートリッジの発電方式

カンチレバー(針)の動きを

LED - スリット -

受光部(センサー、フォトダイオード、ソーラセル)

と光で検出し、

レコードの波の動きを

そのままダイレクトに発電致します。



従来のMC、MMカートリッジは、

針についたコイル(もしくはマグネット)が、

磁界の中を振動する事で発電しますが、

再生時、レコードの動きとは

逆方向の力(ブレーキ力/レンツの法則)が

コイル(もしくはマグネット)に発生していて

電磁誘導の原理を利用して

音を取り出す以上、

ダイレクトな反応が得られないという

大きな問題があります。


※光カートリッジは、

このような磁界の

影響を全く受けない為、

ラッカー盤を聴くような

高解像度な信号出力が得られます。




 

2:振幅比例型

発電機構による

信号処理プロセスの簡略化。

高S/N比の実現。





従来のMM/MC型

カートリッジの出力電圧は、

磁界の変化の速度に比例するため

速度比例型

発電機構といわれています。 



速度比例型発電機構は、

同じ振幅で情報が刻まれていた場合に

低い周波数では出力電圧が低く

高い周波数では

出力電圧が高くなってしまいます。

そのため正しい情報として

出力するためには

イコライザーで大きく修正を

しなければなりません。

(補正利得幅は、40dB:約100倍)



 

しかし振幅比例型

発電機構である

光カートリッジでは、

同じ振幅で刻まれた情報は

低い周波数でも

高い周波数でも

同じ出力で取り出されるため

イコライザーによる修正が

ほとんど必要とされません。

(補正利得幅は、12dB:約4倍程度)


 

そのため

光カートリッジは、

信号処理のプロセスが

大幅に省略され

シンプルな回路で鮮度の高い

スピード感のある

圧倒的な

ダイナミック・レンジが約束されます。



 

 

<完全なるアナログサウンド>

 

光カートリッジは

レコードに刻まれた信号を、

光で検出し、

全てアナログで処理される

革新的なもので、

一切デジタル処理をすることなく

そのまま出力します。

(D/A変換、A/D変換はありません。)


アナログ・レコードを

ハイレゾへの世界へと導く

革新的なものです。
AC2のHPはこちらから


記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

AC2

カテゴリ別アーカイブ
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ