ピュアオーディオ・ホームシアター専門店『AC2 オーディオギャラリー』です。

OPPO

ULTRA-HD Blu-ray 対応 プレーヤー


udp205



OPPO 「UDP-205」

2017年 7月上旬発売予定。



オープン価格

販売価格: 199,800円(税別)



OPPO Digitalの

先進的な映像処理技術と

高忠実度音声再生のために培った

経験と技術を結集し開発された

4K ULTRA-HD Blu-rayプレーヤー


udp205_2







<主な特徴>


UDP-205は

ステレオ・アナログ音声出力

および

マルチチャンネル・アナログ音声出力に

それぞれ独立した

ESS Technology社の

最新鋭DACチップ

「ES9038PRO」を採用しています。


    
udp205_4




   
ES9038PROは

ESS SABRE PROシリーズの

フラッグシップ製品で、

32ビットHyperStream2

テクノロジーを採用した

最高級D/Aコンバーター製品用の

DACチップです。

  

140dB以上の

ダイナミックレンジを誇る

ES9038PROは、

最先端のオーディオ体験を実現する

新たなベンチマークとして誕生しました。





高安定性かつ高精度な

HDMI専用発振器を搭載するだけでなく、

独自に開発した

HDMIオーディオ・ジッター・リダクション・

サーキットを搭載しています。


udp205_1

    

このユニークな回路は

音声出力専用

HDMI出力部に配置されており、

HDMI経由で出力される

音声信号のジッターを

大幅に減少させるとともに、

タイミング・エラーを

除去することができます。



    
これにより、

音声出力専用

HDMI端子を経由する

ビットストリーム音声や

PCM・DSDデータなど

あらゆるオーディオ信号の音質が向上し、

映像作品だけでなく

音楽鑑賞時にAVレシーバーや

HDMI入力を持つ

音響機器と接続した場合の

再生品質をも

大きく改善することに成功しました。




32bit / 768kHz PCM、

22.6MHz DSDに対応する

USB入力端子を搭載。


udp205_5





     
UDP-205に搭載された

最新世代のXMOS搭載

USBインターフェース回路は

アシンクロナス(非同期)

伝送モードに対応しており、

最大32bit/768kHzの

ステレオPCMデータのほか、

   
ネイティブ方式で

最大22.6MHz(DSD512)の

ステレオDSDデータの

再生に対応するなど、

将来を見据えた最高スペックの

ハイレゾ音源の再生に対応しています。

    

また、Macとの接続でも、

DoP方式で

最大11.2MHz(DSD256)までの

DSD音源の再生に対応します。




ステレオ音声出力には、

XLRバランス出力端子および

RCAシングルエンド出力端子が

搭載されています。

udp205_6




   
ES9038PROを

専用に割り当てた

ステレオ音声出力回路部は、

チップのみならず

バッファ段およびドライブ段も

本製品のために開発されたものが

搭載されています。

    

   
また、バランス出力は

DAC回路部からの

差動出力をダイレクトに

伝送することが可能なうえ、

コモンモードノイズを低減させて

信号品質を改善することができるため、

特にバランス入力対応の

アンプをお使いのお客様に最適です。




UDP-205は

ヘッドホンアンプ部を内蔵しており、

ヘッドホンやイヤホンを

直接接続して

音楽を楽しむことができます。


    

ヘッドホンアンプ部は

ES9038PROの出力から

ダイレクトに接続されており、

一般的な

ヘッドホンアンプ製品と比べても

性能上の利点を有します。
 


また、

回路設計という点においても、

従来製品に内蔵されていた

ヘッドホンアンプ部から進化しており、

より多くの出力と高い性能を実現しました。




7.1chの

アナログ音声出力を搭載
しており、

HDMIをサポートしていない

従来のAVアンプやプリアンプ等を

お使いの方でも、

7.1chまたは5.1chの

サラウンドシステムに

接続することが可能です。

    

ES9038PROを

サラウンド専用に搭載することで、

これまでにない広大な音場と

没入感のある

サラウンド体験をもたらします。


   
また、

7.1chのアナログ音声出力は

設定により

ステレオダウンミックス・モードまたは

Zone2のオーディオソースとして

ご利用いただけます。





振動対策を徹底した

ダブルレイヤー・レインフォースド・

シャーシ・ストラクチャー

     
udp205_7





UDP-205の

フロントパネルは

ヘアライン仕上げの

アルミニウム合金を採用したほか、

OPPO Digitalの

ユニバーサル・プレーヤーの

開発で培われた

高剛性スチール・シャーシを

使用しています。    

   
BDP-105D Japan Limitedの

設計コンセプトである筐体の

高剛性化、

低重心化、耐振動対策という

開発思想を踏襲することで、

更なる高性能化を目指しました。


    

UDP-205で採用された

「ダブルレイヤー・レインフォースド・ストラクチャー」は、

筐体を二重構造化することで

振動しにくい構造とするだけでなく、

ドライブメカの取り付け位置を

低く抑えることで全体の

低重心化をすすめることで、

振動そのものが生じにくい

構造となっています。

    
また、フット部にも

OPPO Digital初となる

金属製インシュレーターを

採用するなど、

振動対策を徹底しています。




     
デジタル回路用と

アナログオーディオ回路用に

電源部を分割し、

ノイズの影響を低減する

設計となっています。

udp205_8





   
パフォーマンスを

最大限に引き出すため、

強力な

トロイダルコア・トランスを採用した

専用電源部から

アナログオーディオ回路部に

クリーンで安定した電源を供給します。


udp205_9







   
また、

日本仕様のUDP-205は

特に100V・50Hz/60Hzという

日本の環境向けに設計された

専用トランスを搭載しています。




      
安全に空気の流れを促進し

重要なコンポーネントを

自然冷却することができるよう、

慎重に内部のレイアウトと

シャーシ構造の設計がなされています。


   
入念に配置された

ヒートシンクと放熱口によって、

UDP-205は内部ファン

または外部ファンを必要とせず、

低い温度と静粛性を保ったまま

動作させることが可能です。

   
熱設計にあたっては

多くのストレステストが行​​われており、

長期間に渡っての

高い信頼性を実現しています。

    



udp203_4




従来のフルHD規格

Blu-rayディスクの

4倍の画素数となる

4K(3,840×2,160画素)解像度の

次世代ブルーレイディスク規格

「Ultra HD Blu-ray」に対応するほか、

4Kメディアファイルの再生に

対応します。


   
また、最新の圧縮技術

MPEG HEVC(H.265)に

対応するだけでなく、

VP9 4KおよびHi10Pといった

最新のビデオ・コーデックにも

対応するなど、

4K解像度のあらゆるデータが

再生可能です。



   
システム・コントロール基板の

SoCにはカスタム仕様の
   
MediaTek製

クアッド・コア・プロセッサ

「OP8591」を搭載。



udp203_5



   
極めて強力な性能を持つ

「OP8591」の

ビデオデコーダー/プロセッサーの

最も先進的な映像

デコーディング/プロセッシング技術は、

4K UHD Blu-rayディスクの他

あらゆるメディアで最適化され、

極めて高い再生品位を実現します。




ハイ・ダイナミックレンジ技術

「HDR10」と、

広色域規格「BT.2020」に対応。



udp203_6




     
4K UHD規格で重要な要素が

最大1,000~10,000nitの

高輝度による

ハイ・ダイナミックレンジ技術

「HDR10」および

従来比2倍の

広色域規格「BT.2020」です。

 
従来のBlu-rayディスク

プレーヤーと比べ、

高い解像度、

さらに改善されたコントラスト、

広いダイナミックレンジと

色域を実現し、

より自然で

まるで現実のような

圧倒的な映像品質をもたらします。




   
UDP-205は

米ドルビーラボラトリーズが開発した

新世代HDR技術

「Dolby Vision(ドルビービジョン)」に

対応します。



udp205_3



   
「Dolby Vision」は

従来のテレビ画面では

体験することのできなかった、

印象的なハイライト、

鮮やかな色彩、

沈み込む黒を再現し、

TVでの視聴体験を革新します。


   
Dolby Visionとは?
   
色域情報が12bitまで拡張され、

より高い輝度情報と

コントラスト情報を

再現することが可能なだけでなく、

「Dynamic Metadata」により

フレーム単位で輝度情報などを

シーンにあわせて制御することで、

さらに忠実度の高い

映像表現を可能とする技術です。

   
Dolby Visionは本製品と

Dolby Vision対応

ディスプレイ機器との

組み合わせで

お楽しみいただけます。





HDR10規格に準拠した

ディスクおよびファイルに

対応するだけでなく、

HDR to SDR変換機能により、

HDRに対応しない

ディスプレイ機器でも

最適な変換処理を

行うことも可能です。




udp203_7





あらゆる映像信号を

4K解像度・50Hz/60Hzまで

アップスケーリングして

出力することが可能です。





先進的な画質調整機能を

搭載しています。

   
輝度、コントラスト、色相、

彩度(色の濃さ)、

シャープネスの調整により、

接続するホームシアター機器の

制約を補完することも、

お好みに合わせて

調整することも可能です。




フレームレート

4K@60P、4K@50P、4K@30P、

4K@24Pを含む全てのSD、HD、

UHD解像度に対応しており、

PC RGB、 Video RGB、

YCbCr 4:4:4/4:2:2/4:2:0、の

各カラー・スペースに対応します。

   
(フレームレート変換機能は

搭載していませんので

24Pコンテンツを

60Pで出力することはできません)




2系統の

HDMI出力端子を搭載。


HDMI 2.0に対応する

映像・音声出力用メイン端子と、

HDMI 1.4に対応する

音声出力専用端子を

搭載しています。



udp203_17






   
HDMI 2.0対応端子は

最新のUHD規格対応ディスプレイや

プロジェクター、

AVアンプとの接続を想定し、

HDMI 1.4対応端子は

旧来のAVアンプと接続することを

想定しています。

   
4KおよびHDR対応の

AVアンプとの組み合わせで

HDMI 2.0対応端子のみを使うことも、

HDMI 2.0対応端子を映像機器に、

HDMI 1.4対応端子をAVアンプに、

という組み合わせで

A/V分離出力をすることも可能です。




ハイレゾ対応の

オーディオ再生機能


   
UDP-205の

優れた映像品質と高い互換性は、

ロスレス・フォーマットを含めた

ハイレゾ音源のサポートにより

さらに完成されたものとなっています。


   
USBメモリや

ネットワーク経由での

ファイル再生機能を使うことで、

ステレオおよび

マルチチャンネルの

24bit/192kHzまでの

AIFF、WAV、ALAC、APE、FLACといった

各種ロスレスPCMフォーマットの

再生に対応するほか、

ステレオおよびマルチチャンネルの

1bit/5.6MHz(DSD128)までの

DSDフォーマットの再生にも対応します。
   

(2.8MHz DSDについては

ネイティブ再生または

PCM変換再生の選択が可能です。

5.6MHz DSDについては

PCM変換再生のみとなります。)


Dolby TrueHD、

DTS-HD Master Audioの

フルデコードに対応するほか、

Dolby Atmosや

DTS:Xといった

オブジェクト・ベースの

イマーシブ・オーディオ・フォーマットの

パススルー出力にも対応します。

udp203_9




   
これらの新たなフォーマットは、

頭上のサウンド・エフェクトを

加えることで、

音場の3次元的な再生に

偉大な効果をもたらします。



高精度光学レーザーを用いた

カスタムメイドの

ハイプレシジョン・ディスクローダー・

メカニズムを採用。



udp203_13



   
このメカは、

あらゆる

光学ディスク・メディアの再生において

極めて高速かつ安定した

再生を実現するために、

特別なチューニングを

施したものです。


udp203_12






   
高速な読み取りだけでなく、

強力なエラー検知・訂正機能を持ち、

安定したメディア再生が可能です。




高品位な再生品質にとどまらず、

あらゆるディスク・メディアや

ファイル・フォーマットとの

高い互換性にも注力した製品です。

   
最新の

UHD Blu-rayディスクに加え、

従来のBlu-rayディスク、

Blu-ray 3Dディスク、

DVD-Videoといった

映像ディスクメディアのほか、

DVD-Audio、SACD、CDといった

音楽ディスクメディアも

フルサポートします。


※ユーザーがエンコードしたコンテンツや

ユーザーが作成したディスクとの互換性は、

使用されるメディア、ソフトウェア、

技術の多様性のため、

ベストエフォートでの対応となり

保証はされません。




前面に

USB 2.0ポートを1基、

背面にUSB 3.0ポートを

2基搭載
しており、

映像、音楽、画像などを

USBメモリまたは

ハードディスクから

読み込むことができます。

udp203_18








   
最大16TBまでの

容量のUSBメモリ/ハードディスクの

接続に対応します。




802.11acに対応する

Wi-Fi機能(TELEC認証済)を

搭載するほか

ギガビット・イーサネット端子を搭載。


udp203_15



   
ホーム・ネットワークに

接続することで、

DLNA方式またはSMB方式で、

コンピューターや

NASに保存された

メディアファイルを簡単に

再生することができます。



DTCP-IP&CPRM対応

[日本向け正規輸入品限定]


地デジ等を録画したデータを

ホームネットワーク経由で

視聴するには

DTCP-IP対応が必要です。



DTCP-IPに

対応するだけでなく、

DVDレコーダー等で

CPRMを用いて作成された

「コピー・ワンス」の

DVD-Rディスクの再生も可能です。
   

また、

日本のマーケット事情に合わせ、

AACのパススルー出力や

モノラル二カ国語音声に

対応しています。



HDMI 2.0入力端子は

UHD解像度をサポートし、

外部のストリーミング機器や

レコーダーとの接続を

想定しています。



RS-232コントロール端子や

背面のIRセンサー、サード・パーティの

IPコントロール、HDMI CECに

対応しています。

   
また、

トリガーイン/アウト端子も搭載し、

電源オン/オフの連動が可能なため、

あらゆるホームシアターへの

システム・インテグレーションが簡単です。
   
また、

同軸デジタル端子および

光デジタル端子を搭載し、

従来のオーディオ機器と接続して

お楽しみいただけます。




udp203_16



   
新規にデザインされた

高解像度の

ユーザー・インターフェースは

圧倒的に操作しやすく、

メディアやネットワーク、

ストレージへのアクセスが

簡単に行えます。





<主な仕様>


ディスクの種類   

UHDブルーレイ,

ブルーレイ,ブルーレイ 3D,

DVDビデオ,DVDオーディオ,AVCHD,

SACD,CD, KodakピクチャーCD,

CD-R/RW,DVD±R/RW,DVD±R DL,BD-R/RE

BDプロファイル   
BD-ROM Version 3.1 Profile 6
(およびBD-ROM Version 2.5 Profile 5 )


出力   
アナログ オーディオ : 7.1ch,5.1ch,ステレオ

同軸/光デジタルオーディオ :
2ch/192kHzまでのPCM,Dolby Digital,DTS.

HDMI オーディオ :
7.1ch/192kHzまでのPCM,
5.1chまでのDSD,ビットストリーム HDMIビデオ :

UHD/1080p24/1080p/1080i/720p/576p/576i/480p/480i,
3Dフレームパッキング720p/1080p24


入力   
HDMI オーディオ :
7.1ch/192kHz までのPCM,
5.1chまでのDSD,ビットストリーム

HDMIビデオ :
UHD/1080p24/1080p/1080i/720p/576p/576i/480p/480i,
3Dフレームパッキング720p/1080p24


USB Audio:
PCM 2ch/768kHzまで,
DSD:ASIO native時DSD512, DoP時DSD256まで

同軸/光デジタル:
PCM 2ch/192kHzまで,
DSD64(DoP), Dolby Digital, DTS, AAC.



オーディオ特性
(ステレオアナログオーディオ出力)   
周波数特性:20Hz – 160kHz (-3dB/+0.05dB)

SN比: > 120dBr

THD+N: < 0.00018%

出力レベル:
(RCA) 2.1±0.2Vrms.
(XLR) 4.2±0.4Vrms

ダイナミックレンジ: > 120dB

クロストーク: > 118dB



オーディオ特性
(マルチチャンネルアナログオーディオ出力)   
周波数特性:20Hz – 160kHz (-3dB/+0.05dB)

SN比 : > 120dBr

THD+N : < 0.00031%

出力レベル: 2.1±0.2Vrms

ダイナミックレンジ: > 120dB

クロストーク: > 118dB


ヘッドホン出力
オーディオ特性   
周波数特性:
20Hz – 80kHz (-2dB/+0.05dB) 32Ω負荷

SN比: > 105dBr 32Ω負荷

THD+N: < 0.01% 32Ω負荷and 50mW

最大出力: 590mW 32Ω負荷

ダイナミックレンジ: > 115dB 32Ω負荷

出力インピーダンス: < 0.1ohm

  
電源: AC ~100V/240V、50/60Hz

消費電力: 65W
(スタンバイ時: 0.5W、省エネモード)

寸法: W430mm x D311mm x H123mm

重量: 10kg


AC2のHPはこちらから


記事検索
livedoor プロフィール
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ