2013年03月

CATCH ALL TOURS 2013 〜WE ARE HERE!!!!〜 【CATCH ALL RECORDS 10th Anniversary】

ここんとこ、とんとご無沙汰の金澤です(> <)
先日のCATCH ALL TOURS 2013 のレポを。

ヘッドライナーにTNX,ONE BUCK TUNER OVER ACTIONに据えてのCATCH ALL TOURS 2013、
サブタイトルの”〜WE ARE HERE!!!!〜”が示すとおり、"俺達はココにいる!”という明確な強い意志がライヴに現れた一日だったと思います。

PAしながらのiPhoneで写真を撮るってやっぱムズカシイ・・・多少のボケはご勘弁を。

まずはトップのToo Close To See。

Too Close
CATCH ALL設立時から今までをずっと見ているBAND。とぼけたMCの中にもそこにあるのはやっぱり確かなレーベルに対する愛と信頼でした。
しかし、キャリア長いBANDですが今更ながら地味に上手くなってます。 最近どんどんPAしやすくなってる♪ 
余談ですが今度彼らの地元のEVEL GARAGEにも遊びに行こうかとw


次は長野のHEAVY CLAFT。

HeavyClaft知っている方も多いとは思いますが、残念ながらつい先日に解散を発表した彼ら。
彼らが決めたことなのですが、とにかく残念で仕方ありません。もうあと数本しかライヴもありません。
そんな中、まさに全力を出し切ったものを見せてくれました。PAできてよかったです。


さて、次は再始動した岐阜のkidd。

kidd新Bassを迎えて待望の復活。ACBには約1年10ヶ月ぶりくらいです。しかし、いい意味で変わってなくて相変わらずの名曲揃いで聴かせてくれました。またちょこちょこ来て欲しいものです。


この後、OVER ACTIONのはずだったのですが・・・

うんこ目潰し











うんこ前あて
















出てきたのはうんこ、もとい、社長www


その後,奈良のOVER ACTION。

OVERACTION














今回のメンツで最年少の彼ら。MCでも言ってたとおり、ツアー序盤は周りに相手にしてもらえなかったそう。それでもいいライヴをすれば褒めてくれ、ダメなライヴをすれば貶される。そうやって急成長したこの短期間のツアーで得たものを見せてくれた素晴らしいステージでした。


そしてONE BUCK TUNER。

ONE BUCK














メロディックが多いCATCH ALLの中にあっても、もはや完全に自分達のロックンロールを確立したONE BUCK。本当にVoのカワチはロックンロールが好きなんだなと。

TOM














TNXのTOMがサプライズで一曲ギターを。こんなのも一緒にツアーをまわったレーベルメイトならではかも。


そしてトリのTNX。

TNX














最近は貫禄すら漂わす堂々たるステージ。そしてTOMのパンクロックとレーベルにに対する熱き想い。
あまり僕が語ることではないような気がします。感じたければ彼らのライヴに足を運んでみてください。色々なとつまらないモノ、くだらないモノを捨てられるような気がします。

そしてちょっと見えにくいですがお約束の社長のダイヴw

社長















この日は最近のCATCH ALLのビッグネームは出演しなかったせいか、ぶっちゃけお客さんの入りはパンパンというわけにはなりませんでした。でも間違いなく素晴らしいライヴをどのBANDも見せてくれました。来たお客さんは皆満足して帰ったんじゃないでしょうか?
冒頭にも書いたように、それぞれの確固たる意思を感じ取れる一日でした。CATCH ALLの今までの10年の成果、そしてこれからの結束を見たような一日だったと思います。

CATCH ALL RECORDS、10周年おめでとう!!!

W×F×H!! vol.1

更新が遅すぎて日にちが前後しまくってますが、
3/20は私、高山とBOOKINGカツの初の共同企画
「W×F×H!! vol.1」が行われました。

「W×F×H」とは
WHISKEY FROM HELLの略で即ち(?)
酒飲みの、酒飲みによる、酒飲みの為の企画。
今回、茨城のSNORTがメンバーの怪我により
出演出来なくなってしまったのですが、
機材をウィスキーに持ち換えて参戦。
彼らのこういう所はマジで若いバンドにも
見習って欲しいな。
(イヤ、ウィスキー云々じゃなく、やむなくキャンセルを
せざるをえなかったライブに、距離とか関係なく
ちゃんと顔を出すところね)

勿論飲み会じゃないので(?)ライブの方も全バンド
きっちり観せてくれました。

1バンド目はBOOST TROPICAL
俺とカツいち押しのハードコアバンド。
若手とは思えない確かな演奏力と気迫に満ちた
ステージを観せてくれました。
今後が楽しみ!ハードコア好きな人は
チェックしてね。

2バンド目はNOISE CASPER
メロコアっていいながら、どこがコアなのか
分からないバンドが増えてる中、核にある
ハードコアの部分をしっかり保ちながら
メロディーラインのハッキリした楽曲を矢継ぎ早に
繰り出すライブは爽快ですらありました。

3バンド目はShiawaseno Aoi Tori
ゆる~いMCに惑わされますがww
曲が始まれば実は高い演奏力を持った実力派。
日本のNOFXと言っても過言じゃないくらいの
ライブを観せてくれました。
4月からはOWEAKと改名して活動していくそうなので
チェックしてください。

4バンド目はAll of Me
ベースにオリジナルメンバーのやまちゃんが
復帰したのは知っていたのですが今回のライブが
決定する直前にギターが再びメンバーチェンジ。
しかも加入したのが、ex.SORRY FOR A FROGのユウ。
この時点でもう楽しみでしかなかったのですが、
本人達からもライブが出来る喜びが伝わってくる
ハッピーなライブを観せてくれました。
 
そして、トリのLEXT
ACB初登場だったのですが、さすがキャリアのある
メンバーが揃ってるバンド。
音の説得力が半端じゃない、漢気ムンムンのロックで
イベントを締めてくれました。
個人的にはex.PYSCHO FOOD EATERSのミノリが
ステージに立ってる姿を見れたのが嬉しかったな。
WFH


























で、終演と同時に店内で打ち上げスタート。
皆、飲むわ飲むわww
短時間の打ち上げで無事(?)泥酔者も出し
企画意図通りに楽しくお酒が進む夜になりました。

この企画の第2弾を5/5に予定しています。
その時には更にお客さんも沢山巻き込めるような
楽しい一夜にしたいと思っています。
皆でGO TO HELLしましょう(?)

高山

BRAND NEW WAY vol.16~INFOG&airheads&frank like the hole"トリプルレコ発"Release Party!!

ど~も!ブッキングのAKiLLERです★

昨日は自分の店イベント【BRAND NEW WAY vol.16】で!INFOGとairheadsとfrank likes the holeのトリプルレコ発でお送りしました!

あ!後,GIZMOもレコ発でした!汗

3-21


























この日は、もともと繋がっているバンドや実は繋がってたバンドが居たりで始めから良い感じでグルーヴが出てました!笑

1番手はOne's second son!
定番の曲はもちろんの事、次の音源に入るのかな?と思われる新曲を披露!ん~良い感じだね!楽しみだ!

2番手はMcCloud!
最近、スプリットを出したばかりの彼等!お客さんの反応も以前より大分良くなってきた!この調子だ!

3番手はGIZMO!
以前ACBに出演した時は自分が居なかったので今回が初見!90’s再来って感じで良いね!今後が楽しみだ!

4番手はairheads!
以前より断然良くなっててビックリした!新曲も良い感じだし今後の活動に期待だね!

5番手はfrank likes the hole!
何やかんやで2年ぶりのACBだったみたい。。。でも!変わってて当たり前だけどスゲー良くなってた!お客さんの反応も良かったし!今後注目だね!

6番手はinnocent!
も~さすがだね!見事にお客さんの心を掴んだね!
早くまた近いうちに是非ACBに来て欲しい!

7番手はINFOG!
実は今回が初音源!それを聴いて正直ビックリ!でも!良いライブしてたね!
これから20本回るみたいだから!是非ともライブに足を運んでもらいたい!

infog2














そして!もちろん打上も良い感じで盛り上がりました!

infog3














気がつけば大阪2バンドが双子みたいになってました!笑
さ~どっちがGIZMOでどっちがairheadsかな~?笑
ま~そんなこんなで最終的に残った関東バンドで写真を撮って閉めました。。。

infog4














どのバンドも本当に楽しんでくれたので良かった!

あと!平日にも関わらず100人近いお客さんがきてくれました!
ありがとうございました!
また是非!どんどんACBに遊びに来てください!

宜しくっす!

◎花畑サミット ver.34◎

2013年3月17日(日)

ハナ林presentsの花畑も今回で34回目。

今回も独断と偏見で選ばせてもらった全6バンド

トップは現在目下REC中のThe Salivans
今週中に歌録りをやってMIXも今月中なんで
多分来月くらいから聴けるようになるんじゃないかな。
音源からの新曲もライブで披露してくれたし
サウンドもだいぶ固まってきたので
今後も目が離せないと思うな。

2番目はLoco Libre
まだ20代前半ながら黒人音楽の要素を巧みに取り込んで
ハイセンスな音楽を聴かせてくれるんだけど
昨日はBRADIOも出るという事で
以前から一緒にやらせてあげたいと思っていて
昨日それが実現できて良かったしメンバーも喜んでくれた。
まだまだ天井知らずなので期待したい。

次が久々のCRAZY HiTMAN
4人編成となって初めてのACBという事だったけど
Orgが入って音に厚みとメリハリが出てすごく良かったな。
とにかくメンバーが楽しんでやっているのが伝わってきて
見ているこっちも楽しくなるようなステージ。

4番目はExpelion
来月に自主企画をACBで開催してくれるけど
バンドサウンドはだいぶ固まってきて良い感じだ。
来月が楽しみになってきた。

次がACB初登場のBrandel
BRAIN D HEROZの企画の際に紹介してもらい
音源などを聴かせてもらって誘わせてもらった。
実際のライブは音源よりさらにスケールがでかく
でも演奏は極めてタイトですごく良かったな。
今のメンバーになってまだ日が浅いらしいんだけど
そんな事は微塵も感じさせないくらいまとまってた。
今後もヨロシクして頂きたい。

トリはBRADIO
それにしても昨日のライブは圧巻だった!
完全に自分達の世界観を築きあげてるし
一瞬にしてホールをBRADIO色に染められる。
演奏のクォリティはもちろんだけど
4人になってのサウンドも確立してきたし
なにより自然に体が動き出してしまうグルーヴ感が気持ち良すぎる!
結成して2年半、これからも要注目のバンドだな。

まぁ昨日は自分の力不足で
お客さんの入りは決して良いとは言えない感じだった。
こんなにもクォリティの高い日はなかなかないと思ってただけに
ちょっと残念だったな。。。

でも打上げはきちっとサムってやったぞ!
IMAG0288

















ハナ林

■FUNGUS企画【VIOLENCE LAND☆新宿BURNING】■

2013年3月16日(土)

先週末の様子を。

去年7月以来となるFUNGUSの久々の企画が開催された。
共演も久々の面々が名を連ねての激熱な1日となった。

その中でもex.GUSUSの下島君は5年ぶりのバンドでの登場。
弾き語りで磨きをかけた歌と久々のバンドサウンドで
ブランクを感じさせない圧倒的なパフォーマンスを見せてくれた。
若いリズム隊もものすごくタイト且つパワフルだった。
THE SCENEも久々の登場。
こちらも相変わらずの熱いステージでお馴染みのナンバーを披露してくれた。
他の面々もみんな久しぶりだったけど
昔から変わらないライブを見せてくれた。

にしてもFUNGUSはやはり圧巻だった。
去年自分の企画に出演してもらった時もブログに書いたけど
あんなクォリティ高いバンドはPUNKだけじゃなく
色んなシーン見てもなかなかいないと思う。
聴かせられるPUNK!
でもライブのテンションは半端じゃなく高いし
いや~やっぱり良いな~
今の若いバンドマンで見た事ない人には是非一度見て欲しいな。
スゴイぞ!
ぶっちゃけ年齢とか軽く倍以上かもしれないけど
とてもじゃないけどその辺のバンドには真似できない
クォリティとテンションの高さを兼ね備えてるから◎


IMAG0283














とにかくお客さんもメンバーもいっぱいお酒飲んでくれたな~

ビール何樽空いたんだろ?

みんな楽しそうだったし、懐かしいヤツにも何人か会えたし
とにかく良い1日だった。


ハナ林
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ