2013年07月

●FHOOTERS 1stレコ発初日!●

2013年7月28日(日)

FHOOTERS待望の1stフルアルバム
「HAT TRICK DUMPTY」がリリース。
それに伴うツアーの初日という事で
昨日イベントが開催された。

フーターズ2

共演バンドもFHOOTERSの企画らしい幅広い4バンドが集合。
濃い内容の一日だった。

それにしても驚いたのは
この日MCで言ってた、ツアーファイナルの場所

渋谷QUATTRO!!

いや~これまたいきなり凄いところに目標を設定したな~
ヒデタは前のSHACHIではQUATTROは常連だったし
他のメンバーだってそれに見合うだけのポテンシャルと経験値は
充分持ってると思う。そんでもな、

やっぱりQUATTROはデカイ!!

だからこれからのツアーでもっともっと知名度上げて
ファイナルに向けて頑張って欲しいって思う。
ライブとか演奏だとか、そういうのはもう全然OKなわけだし
昨日だって全国各地から沢山のお客さんが駆けつけてくれてたし
彼らなら全然やってくれると信じてるよ。

フーターズ1













































アレ?なんか前日も一緒にいた気がする、顔が赤くて丸い人^^


ハナ林でした。

◆Smile Sprinkler!!vol.9◆

2013年7月27日(土)

先週末に開催されたお馴染みケンスマpreのイベント
【Smile Sprinkler!!】の9回目
今回はヨンバルカンのリリースツアーも兼ねていての全7バンド
先日自主企画を開催したばかりのブレインを筆頭に
STUDS、エレミューとレギュラーバンドが続き
今月3回目!の仙台のGREEDと
そしてヨンバルカンに続き
少し久々のCEAZY HiTMANとトリがSPLASH。
かなり間違いないメンツが揃ったと思う。

ただ当日は正直、このメンツとしてはちょっと寂しい動員。。。
近くでイベントが被ってたり、あいにくの天気だったり
まぁ理由は色々あるんだと思う。
でもなぁ、ちと残念な結果だった。

この日はケンスマ氏主催の企画。
当然企画者として責任も感じていたと思う。
でも彼が何もやってなかったわけではなく
色んなイベントに顔を出してはフライヤーを手配りしたり
色々そういうところは何度も見てたので
やるべき事はやってたんだと思う。
それでも足らなかった所もまぁあるんだろう。
でも、オレはやっぱりバンドにもっと頑張って欲しいと思う。
特にこの日出演したバンドはみんな芸歴長いヤツらばかり
この辺の世代のバンドがもっと色々やっていって欲しいんだよな。
そうすれば若い世代もその背中を見てついてきてくれると思うんだけど。

30歳くらいになると自分を取り巻く環境も変わるし
将来設計を真剣に考える時期でもあったりして
この頃に脱退やら活休やら解散やらがとても多いし
それは仕方ないことなんだけど
それでもやっていこうと腹をくくったんだから
是非その経験値を生かして
色んなやり方を見せて欲しいって思う。
ライブそのものも当然ながら
宣伝の仕方、自分達の見せ方、企画、音源。。。
一周してきたからこそ見える部分は沢山あるんじゃないかと。
そういうのをまた再構築したりやり方手直ししたりして
提案や発信をどんどんやっていって欲しいんだよね。

「□※▲が出る日はなんか面白いよな」

って言われるようなバンドを目指していって欲しいってオッサンは思ってる。
ぜひこの世代のバンドがシーンをリードしていってくれ!
splash














↑はSPLASH さすがのライブ!

レコ発のヨンバルカンを含め全バンド、ライブには定評があるメンツばかり
もっともっと多くの人に見てもらいたかったね。

ケンスマ














最後はだいぶ人数減っちゃったが
この後プチ2次会まで開催。


この企画も次回はいよいよ10回目。

また是非頑張って欲しい!



ハナ林













★BREAK THE WALLS vol.28★

2013年7月26日(金)

アキラ主催のこの店企画も28回目。

Dizzy SunfistとTHA ALBATROSSを迎えての全4バンド。


昨日ブレインの日のブログでちょっと書いたけど
関東のシーンがもっと盛り上がって欲しいという気持ちがある。
でも昨日の2バンドを見てると
やっぱり西日本のシーンの熱さ、厚さをしみじみ感じてしまう。。。

THA ALBATROSSはどんどん良くなってる印象だ。
もっと図太さみたいな感じが出てくるともっと良いだろうな。
これからの九州のシーンを担っていく世代
今後も注目していきたいね。

9月にいよいよ全国リリースを控えるDizzyは
今が一番勢いに乗ってる時期なんだろうな。
相変わらずのライブ感はどんな状況でも変わることなく
一瞬にして自分たちの空間を創り上げるだけの力を持ってる。

一方の関東勢。

Farm It Overはちょっと不運というか
Baの突然の脱退で急きょサポートメンバーでやることに。
そのサポートは前のBaだったんでまぁなんというか。。。
急に頼めるのが優二しかいなかったんだろう。
頼む方も心苦しいだろうしやる方もちょっとやりづらかったかも。
でもそこはお互い気持ちよくライブやってたから良かったかな。
ただ来月はV/Aのツアーやレコ発など大事な動きあるから
早く正式メンバー見つけて欲しいね。

One'sは今自分達の音源のツアー中
その音源はimcでも取り上げられてて
昨日はそのCDを買ったお客さんが見に来てくれたりと
少しずつだけどその活動が実ってきてるようだ。
来月はACBでFinalもあるしもっともっと頑張ってくれ!


そしてこの日7月26日はDizzyのBa
井川リエちゃんの誕生日という事で
打上でお祝いを!
Dizzy1













































ウ~ン、オレの歳のちょうど半分かぁ。。。

これからオレの事パパと呼ぶとか言ってたけど
もし呼ばれてるところ目撃してもそういう意味じゃないからな!

とん














とんの向かいのガールズバーのお姉ちゃんが撮ってくれたんだけど
ブレてる。。。

っていうか顔完全に覚えられてるな、オレ。。。



ハナ林



■BRAIN D HEROZ企画!■

2013年7月26日【木】

昨日はブレインの企画
「関東バンドアワー~笑っていいかも!?」

まぁ何とも変わったイベント名というか
ブレインらしいというか・・・

そもそもこの日の企画をやってみないかと話を振ったのはこの私で
なぜ話をしたかというと
ブレインは去年3枚連続リリースに伴い
ツアーを敢行、そのファイナルをACBで計3回やってくれた。
それ自体は他のバンドがあまりやってない事だし
そのやる気とか気合いとかは大いに素晴らしいと思った。
でも、先日もZOMBIESTARZのところで書かせてもらったけど
レコ発だから企画をやるんじゃなくて
まずは定番の企画ありきで、そこにレコ発やら何やらが絡むという・・・
CD出した時だけ盛り上がるんじゃなくて
常にバンドが面白い事発信してて
その中でレコ発があったり○○記念みたいなのがあったり
そういう方が単純に楽しんじゃないかなという思いが自分にもあって
企画力ありそうなブレインに話をしてみた。

ド平日しかも特に冠もなく、本人達は色々考えたようだ。
その答えとしての上記のタイトル!
ナニそれ?とかそういうツッコミはやめよう。
特に「関東バンドアワー」というところには意味が込められていて
ゆういちが昨日MCで言ってたけど
最近ツアーバンドありきのイベント、ブッキングが増え
ツアーバンドがいないとお客さんも集まらなかったりと
関東のバンドは大丈夫なのか?と思われるようになってて
それに対して、地元のバンドだけでも
こういう事が出来るんだというアピールをしたかったとの事。

その考え方、すごくイイな◎

実際の中身は前説?あり、各バンドへのイジリあり
終始笑いの絶えない一日。
普通他のバンドがあれやってたら共演者怒るでしょ、って事も
ブレインだとなぜか許されてしまう。。。
憎まれないキャラなんだろうな。
IMAG0724















MCでは今回限りみたいなこと事言ってたけど
この企画はやり続けて欲しいな。

IMAG0725














マルって最初会った時はあんなキャラじゃなくて
おとなしくて気弱そうで、酒メチャクチャ弱くて
いつのまにか覚醒したよな^^
酒はいまだに弱いか。。。


次回にも期待したいね◎


ハナ林

●ZOMBIEYARD Vol.3●

2013年7月20日(土)

UPが遅くなって申し訳ない。。。

先週末のZOMBIESTARZ企画「ZOMBIEYARD vol.3」を!


今回で3回目となるこの企画は
毎回レコ発でもなくツアーファイナルでもなく
とにかくバンド発信の企画を盛り上げていこう趣旨の元
毎回多彩なメンツで開催されている。

今や企画といえば、〇〇レコ発ツアー・・・とか
必ず何かサブタイトル的なものが付いてるのが当たり前で
それ自体全然悪い事ではないんだけど
昔。。。10年くらい前は単純にそのバンド主催の
名物企画みたいなのが必ずあって
バンド同士ガチの真剣勝負というか
そのお互い高めあっていく様をまたお客さんが楽しむという
そういう感じのイベントが当たり前だった。
イベントをやる人も増え(それ自体は悪い事じゃないんだけど)
いつしかバンドもおんぶに抱っこみたいな
自分らの冠付いてるのにすごく受け身的な感じのする
そんなイベントも最近は少なくなく
だからそんな状況にNo!とハッキリ行動で示したいというのが
ZOMBIESTARZの企画に込めた思いなんだと思う。

各地で色んなイベントが重なって
正直このメンツとしては少々不本意な動員だったかもしれないが
もう内容の濃さは充分◎
ACBではおなじみのおいそこ、ちょっと久々のASSHOLE
すんごく久々のOVER LIMIT
そして富山のボス麻柄氏率いるDynamiteSoulSystemは10年ぶり
説明不要のSKIPPERS
そしてZOMBIESTARZ
もうメンツ見ただけで充実の内容だったのが分かって頂けると思う。

あ~もっと多くの人に見てもらいたかったな。。。
IMAG0711














麻柄氏はさすがにライブハウスという場所を熟知しているから
客席の温度の上げ方もうまい◎
もうこの写真ではもはやどこにいるか分からないが。。。(正解:左端の方)


とにかくこのイベントは続けていくという事なんで
まだ参加したことない人は是非一度足を運んで頂きたい。


さて打上は間違いなくMr.とん
あれ?人数入るかな・・・
なんと奥の席まで使っての超満席!
いつも面倒くさくてゴメンナサイ!とんの皆さん。
IMAG0714














おいしく頂きました◎


おまけは2次会での2ショット
IMAG0719














オヤジ達はもうちっと頑張るゼ!



ハナ林
livedoor プロフィール
タグクラウド
  • ライブドアブログ