雲一つない青空が広がっています。

「やっと秋が来た」という感じの快晴です。

爽やかな秋風も吹いています。

遠方にはちくしの峰がくっきりと見えます。

梨も柿も放生会過ぎから本格的に出回り、味もいいと言って

放生会を待つのです。

ところが今年は暑さが残り、放生会から20日も経ったというのに

台風が来たりして、大変でした。

やっとすっきりと秋風が吹きじゃじめました。

いよいよ博多の町にも秋が来ました。

店頭には黄色く色づいた柿が、いろどりをそえています。

ゴマの一杯入った柿はふるさとの庭にあった、ゴマ柿を思い出させます。

なつかしい幼かった頃の郷愁が蘇ってきます。

兄弟で折れやすい柿の木に登って柿をもぎました。

遠い昔です。

あ、そうそう高校の同窓会案内が来てましたっけ。

私はまだまだ現役(?)ウィークデーの催し事は残念ながら

出られません。エヘン(?)

そんなこんなで秋は深まっていきます。