ジャケット探索の会 No.1

カテゴリ:
シリーズにしよう。


牛歩どころかハシビロコウみたいな動きのないブログを書いてます、accoですこんばんは。

そう、シリーズにすればテーマがあるからサッと書ける…ネタが無限にあるやつならなお良しだ…!

と、いうことで考えたのが、私の好きなジャケットやかっこいいジャケットを見つけてきて紹介するシリーズ。
ありきたり〜!ふわーお!
いいんです、継続にはそのくらいのPOPさが必要なんです。
音楽と写真に片足ずつ突っ込んだまま来てしまった私にとっても、撮る方撮られる方どちらの角度からもツッコみ甲斐があります。(それっぽい言い訳)
デザインについては詳しくないんですが、知ったような口をきいていこうと思ってます(言いたがり)

さーそれでは記念すべき第一回のジャケットは…
ダララララララララララララ!!これだッッ!!!!



image








バァァァァァァアン!!!
Deep Purple「BURN」1974年
です。
あまりにも有名な曲ですが、ジャケは衝撃のお誕生日感。人形?ろうそく?なぜ?疑問はつきませんが、なんだか1回目に相応しいかと。
これ、絵なのか写真なのか。炎の感じを見ると写真ぽいなぁと思うのですが実際どうなんだろう。

そして今回調べて初めて見たんですが、ジャケ裏も衝撃的な作品に仕上がってます。
image








?!!!??!
火は消えてるし、顔溶けてるし、もうどう見ても召されてる。ちびっこが見たらトラウマになる怖さ…なのになぜか説得力のある仕上がり。このセンスが怖い。

この時代のロックジャケはこういう感じで攻めてるのが多いんですが、その中でもやっぱりズバ抜けて存在感がある気がします。タイトルのデザインもこの重みのある画の中でぽんっと抜け感があって目を引くのがかっこいい。
バンド名はあえて控えめにしてあることで、情報量が整理されていてどこを見て欲しいかも分かりやすい。計算されたシンプルさなんだろなーと思います。

邦題が「紫の炎」なんですが、その名の通り画面下の紫スモークはDeep Purpleのバンド名からこの雰囲気にしたのかなぁと。
楽曲のインパクトも言うまでもなくバァァァァン!としてて、未来永劫残っていく曲の一つなんだろうなぁ。


あっ、これ書いてるの楽しいな…
では第一回はこのへんで。

牛タン、それは美味しい

カテゴリ:
image







先日のロケ弁
東京で仙台牛タン利久のお弁当が食べられるとは…いい時代になりました。

しかし、実際にお店で出てくる牛タンは、この何倍も分厚い。分厚いんですよー。
この利久、東京にも赤坂、池袋、渋谷と利久が出店してるので未体験の方はぜひ。

地元にいる時は、たまーに行くくらいでそんなに頻度は高くなかった。
お店自体もそんなに多くなかったし、学生にはちょっと手が出にくい価格帯だったし。
ここ10年くらいをかけて全国的な「地方創生!活性化!作っとけゆるキャラ!」的な地元に根付いた観光産業が活性化した流れもあり、リーズナブルながら美味しい牛タン屋さんが沢山出来て、嬉しい限りです。

ちなみに、東京に沢山あるねぎしっていう牛タン屋さん。
あのお店は仙台発でないのです。
よく見ると、看板に新宿って書いてある。歌舞伎町発祥なんだそうです。
美味しいよね、ねぎしも。
あぁー。明日は牛タンにしよう。
なぜだろうか、牛タンCMになってしまった。

好きなもの 1

カテゴリ:
image











BANANA FISH
吉田秋生さん。
やっぱり名作だなぁぁ

文庫版で買って久しぶりに読み返してみると、改めてその世界観に圧倒される。
スピード感や緩急のつけかた、台詞の中のちょっとした皮肉や言い回しが、いかにもな格好良さでよき時代を感じさせる。映画よりも映画らしい漫画。
ハードなのに繊細な人物描写も胸を掴まれる。

80年代の作品だけど、いまも吉田秋生さんは海街ダイアリーというこれまた名作を描いてます。ロングキャリア、すご!

大好きな作家さんです。

このページのトップヘ

見出し画像
×