受験生のみなさんこんにちは。辰已法律研究所出版グループです。

辰已法律研究所が刊行する書籍・雑誌について,受験生のみなさんに役立つ情報をどんどん発信していきます。
どうぞご期待ください!!


下記サイトもぜひご覧下さい。

■辰已法律研究所 ホームページ
http://www.tatsumi.co.jp/
■辰已法律研究所 電子書籍ストア「辰已のでじたる本」 ⇐NEW!!
http://contendo.jp/store/tatsumi/
■辰已法律研究所 ツイッター
http://twitter.com/boadtatm

辰已の電子書籍ストア「辰已のでじたる本」オープン!

2015年3月26日、辰已法律研究所の電子書籍ストア「辰已のでじたる本」がオープンしました。


答案再現集「上位者10人全科目全答案」のダイジェスト版、西口先生の「革命本」シリーズ、柏谷先生の「合格開眼本」シリーズ、ハイローヤーの特集抜粋版など、人気のコンテンツを取り揃えております。
今後も随時電子書籍を追加していく予定ですので、ご期待ください。

デスクトップPCでもタブレットPCでもスマホでも、いろんなところで手軽に辰已刊行物をご覧いただける電子書籍を、ぜひご利用ください。

辰已のでじたる本(電子書籍「コンテン堂」内)
201504_digiralbon_logo



 
新刊/近刊情報 お役立ち情報 フェア/セール 辰已商品ベストセラー 誤植情報
他社商品ベストセラー

司法試験 予備試験 司法書士 その他の資格

【好評発売中!】平成28年司法試験 論文合格答案再現集 上位者7人 全科目・全答案

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

【好評発売中!】平成28年司法試験 論文合格答案再現集 上位者7人 全科目・全答案


平成28年司法試験 論文合格答案再現集 上位者7人 全科目・全答案
201612_goukakutouannsaigenn













ISBN978-4-86466-315-1
定価 本体2,980円+税

論文総合順位4位、5位を含めた65位までの、平成28年論文本試験のトップクラスの合格者7人の論文試験再現答案を集めた書籍。
これが「できる答案」の実像です。
トップクラスの答案を複数読み込むことで、論文本試験という高い山の頂上を知ることができます。
本試験終了後に数多くの再現答案を精力的に収集した辰已だからこそ手に入れることのできた、貴重な答案の数々です。
これらの答案を読み込むことで、論文本試験という山の高さを知ることができますし、また、合格するためにはどのような答案を書けばよいかを掴むことができます。
今年からは科目別評価(A~F)が発表されるようになり、さらに詳細に分析ができるようになりました。
また、今年は選択科目(国際公法)を除くの優秀答案も掲載していますので、さらに使いやすくなりました。
本書はまさに、論文式試験合格のためのエッセンスが凝縮した「究極の1冊」と言うことができるでしょう。

好評発売中






【便利です!】辰已公式ツイッターのご案内

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

辰已公式ツイッターのご案内



辰已法律研究所では,「ツイッター」で随時情報を発信しています。
本「出版ブログ」が更新されると,すぐに辰已ツイッターでつぶやかれますので,ブログ更新の確認に非常に便利です。
辰已ツイッターでは,書籍の情報以外にも様々なお役立ち情報をお届けしています。
この便利な辰已法律研究所公式ツイッターを,ぜひフォローしてください!


QRcode


【好評発売中!】「司法書士試験 リアリスティック」シリーズ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

【好評発売中!】「司法書士試験 リアリスティック」シリーズ




2016_realistic_minpou_set










①民法Ⅰ[総則]
ISBN978-4-86466-269-7 定価 本体2,200円+税
②民法Ⅱ[物権]
ISBN978-4-86466-270-3 定価 本体2,200円+税
③民法Ⅲ[債権・親族・相続]
ISBN978-4-86466-271-0 定価 本体2,900円+税


辰已の人気講師,「5ヶ月合格法」の松本雅典による司法書士試験の新教科書「リアリスティック」シリーズが,満を持して登場です!!

多すぎず,少なすぎない情報量。
②体系だった学習ができるように,見出し・小見出しのつけ方にかなり気を配りました。
「不正確な表現とならないよう,わかりやすい表現をする」これに可能な限り挑戦しました。
④説明順序は,基本的に「結論」→「理由」の順としています。
⑤講師が毎年講義をする中で調べ,ストックした相当数の理由付けを記載。
⑥「共通する視点」「Realistic rule」「判断基準」など,“複数の知識を思い出すための思い出し方”を記載。
図表を適宜掲載。


合格に必要な民法の力とは?→これが「松本の答え」です!

好評発売中


キーワードを入力⇒検索ボタンをクリックで検索
RSSを配信しています

click!!
LINK




QRコード
QRコード
タグクラウド