成長期を超えた成人は骨盤の歪みを改善することが最も効率よく身長アップへ繋がると言われています。

骨盤の歪みの改善は股関節のねじれを矯正を意味します。

これにより脚全体のラインを整い、その分身長が伸びるとされています。


歪んでしまうとは後天的な(日々の生活習慣)要因がほとんどでしょう。

長年付き添った体です。

今までクセのついてしまった足を組む行為や悪い姿勢や猫背など。

これらによって体全体に歪みが生じます。

本来持っている身長より低くなってしまうということになります。

個人差はありますが人によって数センチも影響するとされています。


そしておそろしいことにその悪い姿勢がクセになり固定されてしまうと体の構造にも悪い変化をもたらします。

腰が曲がってしまったまま元に戻らなかったり、不自然なスタイルになってしまうのです。



そこで今回は骨盤の歪みを改善し、その改善した分が身長アップに繋がるという可能性を最大限まで引き出すために骨盤を支えている
股関節の柔軟ストレッチを行ってみたいと思います。


~股関節の柔軟性向上の為のストレッチ法~

①床に座り足の裏を合わせる。(このとき、背筋はピンと伸ばすように、肩に余分な力が入らないようにする。)
②背筋をまっすぐに伸ばした状態で上体を前に倒していく。(両方の膝は床に押し付けるようにします。)
③股関節が伸びているのを感じながら、ゆっくりとストレッチ。痛みを感じる1歩手前くらいで止め、そこで20~30秒キープします。
これを数回繰り返します。


~骨盤回し運動~
これは非常に簡単ですが効果も高い優れたエクササイズです。

①肩幅程度で足を広げその場に立ち、腰に両手をあてます。(腰をなるべく曲げないように注意です)
②フラフープを回すように腰をゆっくり水平に回します。

右回りと左回り、各30回ずつ行います(各1分程度が目安)。これを1セットとします。
朝と晩に一日2セット行うといいそうです。



他にもまだありますがまた別の機会にご紹介できたらと思います。

股関節が硬いと血液やリンパの流れが悪くなり、足がむくみやすくなります。
そして足の歪みにもつながり、足が短く見えてしまうというデメリットまで。


これらの改善によりむくんだ足は細くなり足が細く見えます。

さらに歪みが矯正され身長アップに良い影響をもたらすとされています。



そしてやはりこの骨盤の歪み(体全体も含む)は、しっかりとした信頼ができ、さらに技術をもった整骨院やカイロプラクティク院などの
本格的なプロに診断・アドバイスを受けることがオススメです。

私の知人はこのカイロプラクティク院に通い数センチ身長が伸びそれを現在も維持しています。
(その知人は、歩き方や普段の姿勢から、体がおそろしく歪んでいて診断の際に驚いたようです。)

先生に言われたことは、

・普段の歩き方が片方に重心が偏っている
・さらに歩く時、外側に力を無意識に入れていておかしなクセがついている
・まっすぐ立てているように見えるが、実際は体の中の骨はひどく曲がっている
・日頃、運動不足
・椅子に座っている時に足を組むことに対する注意

などがあったそうです。中でも体の中の骨がひどく曲がっていることについてはかなりの驚きだったらしいです。

さらに先生から、本来の正しい姿勢での立ち方を教わったそうですが、

その立ち方をすると苦しいらしく上手く立てなかったようです。

現在では通院を重ね、見事な綺麗な姿勢をして見違えています。



さらに骨盤の歪みの改善は、>>大人が身長を伸ばす方法!!その中でも最も好評なランキング!!で記事にもした、

本格的なヨガを使って骨盤のゆがみにアプローチする 『上嶋式3ステッププログラム』 が有効的かもしれません。

ヨガの第一人者であり、日本綜合ヨガ協会 会長の“上嶋 修弘”先生が40年以上に渡り研究し考案されたプログラムで
人気ランキングは堂々の1位です。

【公式サイト】
 
20歳の成長期が過ぎた大人でも90日間で最低でも1cm以上身長が伸びる方法『上嶋式3ステッププログラム』


ヨガで簡単なストレッチと呼吸法を行うことで、体の歪みを徐々に取り、身長の伸びる部分の骨に刺激を与え成長を促進。
それにより、1年間の間(個人差あり)に2~3センチ、効果の高い人だと数カ月で10センチぐらい伸びることもあるそうです。