身長を伸ばすには日常生活での食事も気にする必要があります。
まずは特に大事とされている4つの栄養素の名前を覚え、次に具体的には何を摂取すれば良いのかを確認しましょう。


【身長を伸ばす為に欠かせない4つ栄養素】
 
タンパク質

亜鉛

カルシウム

マグネシウム

 
上記4つが主に身長の伸びをサポートしてくれる栄養素とされています。
ではそれぞれどういった食材から摂取すれば良いかを見てみましょう。

【タンパク質について】
 niku 

タンパク質は骨や筋肉などの材料となり成長ホルモンの分泌を促します。

【タンパク質を豊富に含む食材】
・肉類(牛、豚、鶏、ハムなど) 
・魚介類(魚、小魚、貝、ねり製品など) 
・卵類(鶏卵、うずら卵など) 
・大豆(大豆、納豆、とうふなど) 
・牛乳(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
があります。 

身長を伸ばす為に非常に重要な栄養です。
牛乳をガブガブ飲むくらいなら牛肉をガツガツ食べると背の高い知人から聞いたこともあります(笑)

よくボディビルダーなどがプロティンを飲んでいますが実はタンパク質の塊のようなものでうまく活用すれば効率よくタンパク質の摂取が出来ます。
>プロティンに関して<


【亜鉛について】
次は亜鉛に関してです。
kaki-thumbnail2

亜鉛も身長アップに必要不可欠な栄養素の1つです。

亜鉛は骨の成長に直接関わっているミネラルです。

実は身長の高い人と低い人では体内の亜鉛の量に差があり、身長の高い人の方が体内の亜鉛の量が多いことがわかっています。

積極的に摂取するといいでしょう。(実は髪などにも良いんです)

苦手な方がいるかもしれませんが、牡蠣には豊富に亜鉛が含まれています。

【亜鉛を豊富に含む食材】

・牡蠣(かき)
・豚もも肉
・うなぎの蒲焼
・和牛もも肉
・木綿とうふ
・豚レバー・マカロニ・スパゲティ
・納豆
などがあります。 


【カルシウムとマグネシウムについて】
この2つを一括りにしているのには理由があり、実はカルシウムとマグネシウムは程よい相乗効果を持っており一緒に摂取することで効果を倍増できます。

カルシウム“2”に対して、マグネシウム“1”の割合での摂取が理想とされています。
ですので、牛乳(カルシウムだけ)を単独でガブガブ飲んでもあまり効果は得られません。


カルシウム
milk-thumbnail2
カルシウは丈夫な骨と歯をつくるために必要な栄養で体の成長には必要不可欠です。

【カルシウムを豊富に含む食材】
・乳製品(牛乳・ヨーグルト・チーズなど)
・海産物(ワカメ・しらす干し・うなぎなど)
・野菜(小松菜・大根の葉・野沢菜など)
・大豆製品(豆腐・納豆など)
・ゴマ
 

マグネシウム
banana-thumbnail2
マグネシウム不足ではカルシウムが十分に骨に行き届かず、身長も伸びづらいのです。

【マグネシウムを豊富に含む食材】
・魚肉類
・ほうれん草
・バナナ 


上記4つの栄養素がバランス良く摂取できることが理想です。
いずれも偏り過ぎもよくありませんし過剰摂取をしても効果はありません。
バランスの良い食事を心がけましょう。

市販の本やネット上の情報には絶対に載っていない身長UPマニュアルとは!?】>>>>> ■ 身長アップ↑モデル伸長法