だれだって間違うし僕たちは失敗ばかりだ
それでもどんなに未熟で人生の途中でも
確かに真実に触れたと思うことはあった