2011年07月11日

「子規庵」 東京都台東区根岸2-5-11

正岡子規が明治27年に移り住み、故郷松山から母と妹を呼び寄せ、病室兼書斎、句会歌会の場として暮らしていた東京都台東区に、当時の建物は空襲によって焼失しましたが、昭和25年高弟、寒川鼠骨等の努力で再建された「子規庵」があります。復元された建物は、幸いにして残った貴重な遺品とともに一般公開されています。

ちょっと足を延ばしてみれば、自分より前の時代を生きた人々の軌跡を辿ることができる場が残されているのはとても嬉しいことです。是非、訪れてみたい場所です。


aced2 at 19:15 

2011年06月13日

本日、小社媒体『LIFEwork』をはじめ、対談や評論執筆などで多大なご協力を頂いております篠沢秀夫教授の闘病応援本『奇跡を願って』の贈呈式が行われました。

篠沢教授も礼子夫人とともにご出席下さり、とても和やかな式となりました。

詳しくはこちら→『奇跡を願って』贈呈式の様子

みなさまにも、お手にとっていただく機会が是非あればと思います。



aced2 at 18:53 

2011年05月10日

お知らせです!

LIFEwork10号』、「人はなぜ花に癒されるのか?」にてご登場頂いた華道家・前野博紀さんが、護国寺奉納奉華チャリティ個展を開催します!!

『Sanctuary  〜祈り〜 天空へ』2011年5月10日(火)〜5月15日(日)
場所:大本山 護国寺 文京区大塚5-40-1
開催時間:11時〜20時(最終日は19時まで)

前野さんの作品のほか、花教室の生徒さんのイベント、さらにはさまざまな分野のミュージシャンを招き、毎夜コンサートなども行われるようです。この個展における物販販売及びイベントの収益金は、日本赤十字を通して義援金として東日本大震災により被災を受けられている皆様に送られるそうです。

お時間がある方は、是非足を運んでみて下さい!!!

aced2 at 18:00 

2011年04月13日

4月23日、24日に迫る神戸チャリティーアートフェアに向けて
神戸の見所を一つ。

子どもの頃から今までに何度も訪れている神戸ですが
3年前に訪れた際驚いたのが、初めて見るような種類の紅茶を数多く揃えている「紅茶カフェ」の多さです!

東京や京都にはカフェと名のつくものがそれこそごまんとありますが
紅茶に特化した専門店・カフェというのはそこまで目立つほどではないかと思います。
やっぱりコーヒーが主流なのではないでしょうか。
ちなみに “紅茶”  “カフェ” “神戸” で検索すると相当な数がヒットします。

東京とは一味違う路線をいく神戸のカフェ文化・・・。
これからはますます関西を中心に文化が発展していくのかもしれません。
23日、24日は、ぜひチャリティーアートフェアとセットで神戸の紅茶の魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。


aced2 at 19:09 
『LIFEwork8号』にて、注目の短歌賞受賞校として取材させて頂いたことのある「神戸市立六甲アイランド高等学校」。
この学校は、阪神淡路大震災の被災状況を踏まえ、赤塚山高校と神戸商業高校を統合再編して1998年に開校した高等学校です。
個性を生かすをモットーにした学校ならでは、美術コースの生徒さんの作品が廊下一面に飾られていたり、すれ違う生徒さんが笑顔で話し掛けてきたり、とても素敵な雰囲気の学校でした。
今回、神戸でイベントを開催するということで、是非、また先生や生徒さんにお会いできたらなと思いました。
神戸チャリティーアートフェア


aced2 at 18:42